2018DEN合宿

DEN合宿が今年も無事終了しました。

毎年ですが、ホッとしています。
なによりも怪我なく、気持ち良く子供たち全員を親御さん達にお返しできた事にホッとしています。

私もコーチたちも睡眠は2,3時間もないです。(笑)
日中も気が張ったままですから、バイトでしたら絶対やりません。(笑)
お金払ってでも誰かにやってもらいたいです。(笑)

終了とともに子供達同様に爆睡です。(笑)

今年も沢山の方々がDEN合宿に関わっていただけました。
みなさん本当に真摯に熱心に子供達を指導して頂けた事に感謝しかないです。
私自身毎年ですが本当に勉強になります。
そして基本の確認にもなります。

子供達が真剣に取り組みつづけている姿は本当に美しいです。
また、一緒に3日間、多い子は6日間過ごす中で、見えてくることが沢山あります。
良いことばかりが見えてきます。
トレーニングだけでは見えない、その子の人としての良さが見えてきます。
もしかしたら、私の別の一面も感じたかもしれません。

そして、改めて、親のありがたさも感じたと思います。

DEN合宿ではサッカーはほとんどやりませんが、人間としての資質を上げなければサッカーも上手くならないと思っています。

もう一歩、踏み込んで言うならば、サッカー以外の事からサッカーを学ぶことが沢山あるということを子供達に感じ取って欲しい、伝えたいのがDEN合宿なのです。

このDEN合宿で感じた事をこれから継続していけるかどうかが一番のポイントです。

ですので、MVPになったならない、失敗の連続で悔し涙の選手達、誰もが今は同一線上なのです。
ここから、DEN合宿で学んだ事を継続していけるかどうか。
継続して行く選手は間違いなく将来に大輪の花を咲かせる糧になるでしょう。
5_65
28_38

29_47

5_32

29_34

4_113

6_109

5_97

5_100

28_88

4_115

6_67

30_43

5_93

5_121

5_90

5_66

5_106

6_86CORAZON GRANDE!

2018クラブ恒例バーベキュー

今年もクラブ恒例のバーベキュー&親子サッカーを楽しみました。

2001年クラブ設立から毎年この時期に開催し続けています。

私は食べるだけです。(^^)!

今年は天気予報では大雨でしたが、午後から快晴となり爽やかなバーベキューと親子サッカーでみなさん笑顔で汗を流せた楽しい一日となりました。

私は残念ながら・・・DENCUPで痛めた内側側副靭帯損傷で笛吹くのがギリギリでした。自宅に戻ったらやっぱり腫れ倍増してしまいました。時間かかりそうです。(笑)

何日も前から、徳井さん、金子さんを中心にジュニアユース保護者の皆さんが準備をしていただきました。

いつも思いますが、保護者の皆様のご協力がなければクラブは成り立たないとしみじみ感じます。

日中から大量の肉や焼きそばを焼いているお父さんたちや、おにぎりを握っているお母さん方を見て、心の中で感謝しておりました。

わたしもはもちろん幸せですが、うちのクラブの子供達は本当に幸せだなといつも感じます。

この日常の感謝は忘れてはならない。

そのことだけは心に持って、さらにこの地域が発展し、沢山の子供たちが笑顔でボールを蹴れる環境にしていけるように努力し続けて行きたいと思っています。

感謝!

3_1
3_36
3_29
3_7
3_16
3_22

枠に自ら入りなさい

老師とのお付き合いも、早いもので30年となりました。
公私共にたいへんお世話になっております曹洞宗高福寺住職23世水原康道老師に今年も座禅と説法を学ばさせていただきました。

坐禅は
目を閉じない
話しはしない
首を動かさない
身体を揺すらない
1メートル先を見つめる
窮屈だとどうしても動きたくなる。

ここを踏ん張らないといけない。
逃げてはいけない。

坐禅とは型に自ら入るということである。
その中で、窮屈感を感じないようなレベルを目指す。
自らの気持ちをコントロールしながら成長していく。

社会にはルールがあります。決め事があります。
その枠の中でどう努力できるかなのです。

枠を暴力的に壊してはなりません。
希望、夢、理想を求めて優しく、静かに枠を広げていくのです。
型破りの人間となるには、先ずは型に入ることなのです。
その型を破るということなのです。
だから型破りと言うのです。
型がない人間が型破りな人間にはならないのですよ。

自分の心が慌てている。自由の中でフラフラしている。
それは、
あなたが「今」から逃げているのですよ。

型から、枠と一体化しなければならないのですよ。
自分の心から逃げてはいけない。
それは暴力的と同じなのですよ。

あなたに社会から任された枠があるのであれば、その枠を壊さないように頑張る事が人として大切なのです。

警察官という枠、教師という枠、キャプテンという枠、置かれた立場の枠に自ら入り、その置かれた状況の中で頑張ることが人としての道徳なのです。

社会が成り立っているのです。

枠の中でどう努力できるか。
それを頑張れると、頑張る事が楽になります。

坐禅をしていて、頑張れるようになってくる。
そして、それが頑張っているレベルを超すと心が落ち着いてきます。
雑音が聞こえなくなってきます。
日常に例えるならば、噂話、批判が気にならなくなります。

ただ、ただ、
小鳥のさえずりが心地よく聞く事ができるようになります。

人生もまた同じです。

曹洞宗高福寺住職23世水原康道

29_66

DEN30th Anniversary

本日、ステンドハウスDENは30歳の誕生日を迎えました。
1988年5月1日。
資金も地縁も全くなかった25歳の世間知らずの若造が東京から夢と希望を抱いてこの八ヶ岳の地でDENを開業しました。
気がつけばDENで生まれた三人の子供達はみな成人し、孫も生まれ、白髪の54歳になっちゃいました(笑)
出会った全ての皆様のおかけでどうにかここまで歩んで来ることができました。
これも私が出会った全ての皆さんのおかけです。
まだまだ私は前へ進みます。
妻共々、
これからもお付き合いの程よろしくお願いいたします。
感謝。
田畑雅宏

24
80ページのDEN_BOOK作成しました。
22
友人の前田さんからです。ありがとうございました。
25
友人のヤスさんからもいただきました。
他にも友人の皆様沢山のメッセージありがとうございました。
23
いつもと変わらない日常ですが、ささやかながらケーキでお祝いです。(笑)

107thDENCUP~beginner

先日の日曜日第107回目のDENCUPでした。

今回はかなり無謀のオヤジ・チャレンジャーでしたがどうにか楽しめました。

というのも、ここ一年、毎日、やることだらけで、身体を作る時間を捻出できないでおります。

そんな中、先週、古傷の内側側副靭帯損傷跡をまた痛めてしまっていました。
なのに・・・出場してしまいました。(^^)!

ほぼほぼ、5割以下でプレーしていましたが、準決勝進出してしまい・・・GKやったのですが、前半は無理しないこともあり普通に痛恨の失点をしてしまい・・・。
自分の情けなさに火がついてしまいました。(笑)
後半、身体が反応してしまい・・・伸ばしてしまいました。

アイシングしましたが、翌日立てず・・・病院行きましたが既にもちろんアウトでした。(笑)

それでも今回も6得点取れて得点王次点となり、20年連続107大会連続得点記録を更新してしまったのでまぁー楽しんだと思います。
タカやトシにも会えたし。

なによりも、自分の息子達よりも年下の若者達とこうして一緒にボールを蹴って、握手したり、会話したり、抱き合ったりできることで、若者達からエネルギーもらえることに感謝しかありません。
前回、若者にそう言ったら、「田畑さん!何言ってんスカ!おれ等がエネルギーもらってますよ!!!」って言われました。(笑)

本当に毎年DENCUPを開催し続けている事に感謝しかありません。

皆さんありがとうございました。
次回も一緒に楽しみましょう!

感謝!
7
4

8
5