Expedición en Gifu

新チームは岐阜へ遠征に行っていました。
新チームスタートの第一歩です。

日頃の行いが今ひとつなのか(笑)
初日は大雨、翌日は大雪というビックチャンスに巡り会うことができました。(笑)

いつもは長靴持参なのに今回は忘れてしまい、おかげさまで足はふやけて、寒すぎて身体は硬直、唇はムラサキ・・・着替えは足りず・・・。
私の宿泊部屋だけは小さなコテージでトイレも洗面もなく、大雨の中、道路を渡らないと水もトイレへも行けない・・・。
きっと、少し遅れたクリスマスプレゼントなんだと思います。ホント感謝します。(笑)

本題です。
どれだけの思いでこの遠征に来たのか、バスから降りて着替えている選手達を見ながら、正直不満がありました。

アップしている選手達の背中がもっともっと輝いてこないと。
遠征に対する、
俺の意識と子供達の意識との差をどう埋めていくかの戦いだと感じました。

この心構えひとつで、3日間が全く別物になってしまう怖さを私はいままでも何度もあじわっているからです。

普通ではダメなんです。
「八ヶ岳から世界へ」を目指すには、普通ではダメなんです。
人間力を磨かなければ世界へは辿り着けません。

少なくとも、この遠征で自分のテーマ、課題を克服する予習がないと話になりません。
指導者や仲間から信頼を得られるビックチャンスを手に入れて損はありません。
ただ参加しているだけであれば、今回遠征に来ていない仲間にきっと逆転されると思います。

そしてその中で、滋賀セゾン、愛知セゾン、埼玉アスミ、岐阜レインボー、大阪パドゥセーロという、レベルの高いチームの仲間達から何を学び、盗み、何を相手に与えられたのかを常に意識できているかどうかなのです。

相手から学ぶこころが無くなったときは、君は戦力外です。(笑)
相手に何も(影響力)与えられなければ、君はベンチです。(笑)

20

なによりも荒天の中、晴天と変わらずにゲームができたことがなによりでした。

これだけ悪い状況でも、ボールを自由に扱えるだけの余力をどうしたら選手達に身につけられるか、あらためて実感することができました。

近年、このような状況でゲームをする機会がほとんど無くなってしまいました。
どんな状況でも上手い選手が本当に上手い選手であって、良いコンディションでないとパフォーマンスを出せない選手が増えてきているのは、日頃の環境の負の一面ではないでしょうか。

少しズレますが、
プレイヤーズファーストと言うフレーズのもとに、
人工芝のグランドがとにかく優先されてしまつて、日中の土のグランドが空いていても極寒の冬のナイター人工芝のグランドがプレイヤーズファーストなのでと夜のゲームが当たり前に沢山組まれています。
夏のナイターはプレイヤーズファーストだと思いますが、
冬場は特に、子供はやはり日中にゲームをやるのがプレイヤーズファーストなのではないでしょうか。
サッカーでなく、社会常識で考え、人間の生活習慣そのものを考えれば、理解できると思います。

話しは戻ります。
夜はギリギリでしたが、岐阜をお昼に出て、雪が降る中、どうにか八ヶ岳へ戻り、遠征に行かなかった子供達のトレーニングにも顔を出せました。
みんな集中して一生懸命ボールを追いかけていました。
岐阜が雪で、八ヶ岳は全く雪も雨も降っていませんでした。(笑)

どこの場所であろうとも、今与えられている場所でベストを尽くす。
今の場所から逃げてしまっては、いつまで経っても、次は訪れないと思います。
何故ならば、自分の意志で来たチームだからです。

26_3

明日も自分自身が成長できるように鍛錬してください。
自分が成長することで両親や周りの人達を元気にしたり助けたりすることができるようになる。
そしてその人達から自分もまた元気をいただける。
チームもおなじです。

グランデサッカーはコミュニケーションサッカーです。
心と心が通じ合うには何が大切なのかを自分達で見つけてください。
他のチームの選手達や監督さん達へのコミュニケーションができるチームになるように人間力を磨いてください。
明日は今日以上の意識でサッカーを楽しみましょう。

26_1

リラックスしながら一生懸命の毎日を過ごしなさい。
俺の信条。(笑)

Feliz Navidad!

今日で全体練習が終了でした。

と、言っても、今日はスケジュール上ではOFFになっていました。(^^)!

来たい選手だけが来ました。

日頃なかなか見てあげられない選手達とトレーニングできて楽しかったです。

明後日からは遠征組とトレーニング組に分かれて年内を全力でサッカー楽しみます。

毎度のことですが、「サッカーを楽しめない」のは環境のせいではありません。

コーチのせいでも、親のせいでも、ありません。

日本だろうが、ブラジルだろうが、アフリカ諸国であろうが、どこであろうが、自分次第です。

楽しむとは、努力であったり、苦労であったり、なかなか上手くいかない事をどう乗り越えていくか、それ自体を楽しむということだと思います。

毎日が自分の思う通りで、何も努力しないでなんでも与えられていたら、楽しさは感じられないでしょう。

サッカーが本当に大好きであれば、

ボールを蹴り続けてください。

サンタさんを信じる純粋な子供にはきっとサンタさんからのプレゼントが必ず届くことでしょう。

Feliz Navidad!

19
こころも技術もほんの少し・・・成長できたと思います。楽しい一日でした。
みんな!サッカー楽しもうぜ!

U13保護者説明会

先日、新1年生に向けた保護者説明会を開催致しました。

ここ数年は、クラブ員内定者に向けた説明会のみでしたが、今年はチーム名が変更になり今後について説明しておく必要があると判断し開催致しました。

私は、クラブ説明会は会社訪問や会社説明会と似ていると思います。

会社を選ぶとき、給料であったり、週休2日であったりと、条件面を考えると思います。
それは当然のことですが、それだけであれば会社に訪れる必要はありません。
P/L(損益計算書)や勤務条件等のデータは会社に出向かなくてもわかることです。
その説明に時間を割くのはモッタイナイですし、資料を1ページ目からチンタラと読み続けて行くのもモッタイナイです。

会社に訪れる、一番大切なことは会社の色、即ち、経営者の顔が見えるかどうかだと思います。
この会社から、この経営者から、学びたいと思えるかどうかだと思います。
会社の理念です。

この会社に行けば、自分は成長できる。
そう思えるかどうかが一番大切な気がします。
条件面はその次に考える気がします。

この理念と考えがかけ離れていると仕事が辛くなるのではないでしょうか。
働く事にやりがいが持てると、仕事が楽しくなってくると思います。

クラブチームを決めるのも似ているように思います。

であれば、保護者様がこの代表者、監督、関わるスタッフ達に子供を託したいと思うかどうかをジャッジする場であると思っています。

ですので、クラブ説明会では私の設立からのあゆみ、指導に対する考え方、子供達をどのように育てていきたいか等、古い画像もご披露しながら、拙い言葉でお話しさせていただきました。

そしてこれからどのようにクラブを発展させていきたいかはパートナーシップ契約を締結した株式会社アメージングスポーツラボジャパンの浜田氏より話しをしていただきました。

今いる子供たち、そしてこれから新しく出会う子供たちと本気で夢を追いかけていきます。(^^)!

15
※スクリーンは若かりし私です。劣化したなー(笑)
10

自反尽己

今日は3年生達がDENに来てくれた。

正確には庭の掃除をしてくれた。

選手達を私用で使うのは言語道断なんて、今のご時世は言われてしまうのだろうな。(笑)

一緒に2時間、この子達の事を色々と思い出しながら汗をかきながらも落ち葉を集めていた。

長い子は9年間、グランデに通ってくれた。

この子達の15年の人生の中で9年間、物心ついてからを考えると、ほぼ全てがグランデと関わりながら、運動会、家族旅行、楽しかったこと、悲しかったこと・・・様々な事とリンクしているわけだ。

かわいらしい無邪気な小学時代が我が子のように思い出してしまった。

どこまで、この子達に CORAZON GRANDE を染みこませられたかはわからないけど、10年後、20年後でも、ここで育まれた栄養が作用されてくれれば嬉しい。

80
俺はこの時から、いつも君達を遠くから見守っていたんだよ。気づいていないだろうけど(笑)

74
1期生からの伝統のキャプテンマークは、やはり全員揃っていない中では巻かせることはできなかった。

今回、ダイユウにキャプテンマークをプレゼントした。
9年間サッカーを純粋に楽しみ続けている俺からのクリスマスプレゼントだ。(笑)
もちろんキャプテンマークをプレゼントしたのは初めてのこと。

そのキャプテンマークには「自反尽己」と書いた。

自反尽己とは孟子に出てくる言葉。正確には数年前?の「致知」に書かれていた言葉。

誰かから無礼な態度を受けたとしたら、相手を批判するのではなく、有徳の人は必ず自分を反省する。
失敗や不運を自分が足りないと受け止めることができる人間と、他人のせいにして済ますことを繰り返してきた人間とでは、かなりの確率で運の良さが違ってくる。
ということだそうだ。

例えば、自分が上手くいかなかったときは他人のせいにしてしまう。
テストの成績が悪いのは先生のせいでもサッカーのせいでもない。
試合に出られない、自分の息子が他クラブに行った友達と比べて成長していない、それはクラブの指導が悪い。
その吐いた言葉というものは、毒をまき散らしているが如く、悪臭を放ち、周囲の人たちに伝染していく。
周りを悪くするということは自分の子供の環境を益々悪くしてしまっていることに気づけていない。

LINEで自チームのネガティブな発言を繰り返している親達のチームもあると聞く。
それがどれだけ自分の子供を苦しめているか気づけていない。

ありがたい、ありがたい、感謝の気持ちを親が持てば、自ずと子供も変わっていくものだ。

他人のせい、環境のせい、と嘆いた所で何も変わることはない。
そうではなくて、自分が足りないということを冷静に受け止め、自分と向き合い、ポジティブに今の置かれている立場に感謝し、日々素直なこころで努力して自分を変えていくしか方法はない。
うまくいかなかった時にこそ、自責で考えなさい。
そんな意味である。

試合の勝ち負けはどうであれ、「自反尽己」の精神を持ってこれからの人生を歩んで欲しい。

カワイイ子供達。(笑)

75

CORAZON GRANDE!

林檎2017

今年も契約しているリンゴ農家の太田さんご夫妻の所へ妻と行ってきました。

毎年同じ書き出しです。(笑)

最初の頃は家族5人で出かけていました。子供達が喜んでリンゴの木にハシゴをかけてもいだり、リヤカーで運んでいた姿が昨日の事のように浮かんできます。

そんな子供達もみんな大きくなりました。

思い出すだけで、顔がほころびます。(^^)!

毎年、この時期が来ると、ホッとします。
まだ今年は終わってはいませんが、夏の繁忙期を無事乗り越え、高円宮杯を終え(悔しさ一杯ですが・・・)、三年生達の進路もなんとなく見えてきて・・・。
そして、スタッドレスの履き替え、クリスマスツリーを倉庫から出して・・・今年に感謝してお世話になった方々への年賀状の準備を始める。

そしてなによりも、こうして妻と二人で、太田さんご夫妻の顔を見ることでホッとします。

太田さんご夫妻とのここ数年の話題はお互いの子供達の事や孫の事です。(笑)
おもいっきり盛り上がりました。

「田畑さん。いいてーぇこと、いったんて、そりゃーなー、ええことひとつもありゃーせんがゃなぁー」
「おれっちなんざぁー、それでどんだけしっぺーしてきたこかなー(笑)」
「むすこなんざぁーなー。嫁のこぶんだがゃー(笑)みーんなぺらぺらと言われちまうぞー(笑)」
「だまるが勝ちゃーぞな。政治家といっしょだぞしー。んだけんどなーソンタクなんぞーはしてくれねーえゾ!(笑)」

リンゴ畑の真ん中で大声で笑い声が響きました。
2時間は話していたかと思います。

一年中、サッカー関係者の仲間といて、サッカーの話題で24時間過ごしている私にとって、唯一、サッカーのさの字も出てこない。
単なる小さな宿屋のオヤジとして接してくる太田さんご夫妻との時間は本当に自分を素に戻してくれます。

年季の入った農協の帽子と長靴。
割れた爪と間接の太いシワだらけの日焼けしたゴツイ手。
笑うと見える銀歯(笑)。

何が大切か。

67

なにげない青空と冷たい空気の中で、たわいもない会話だからこそ、こころが豊かになれるのだと思う。

高いお金を出して聞く有名先生の講演会よりも・・・.

子供達と一緒にリンゴを採っていたとき・・・

そして太田さんご夫妻とのひととき・・・

約束もしない中での時間をきにしない時間。

こんな時間がもしかしたら・・・「人生で一番大切なんだろうな」と感じられました。

太田さん。また来年ですね。

感謝です。

72
69
66
今年のリンゴは当たり年です。