本当にサッカーが上手いとはどういうことか

本当にサッカーが上手いとは、風雪に耐え抜いた古木の年輪の如く、
それは、縄文杉のように深い年輪を刻む佇まいみたいな風格なんだと思う。

僕の知っている本当にサッカーが上手い人はKAZUさんだけ。

ドリブルが上手い、パスセンスがある。

タイミングが素晴らしい。

簡単にゴールを決める。

チームに貢献できるプレーをする。

才能に満ちあふれたプレーをする。

誰もが予想しないプレーをする。

試合を決定づけるプレーをする。

本当にサッカーが上手いとは、

僕はそんなことではないと思っている。

サッカーをリスペクトすればするほど、雅楽、能楽、文楽、陶芸、彫刻等の第一人者、伝道師や達人達と同様な選手しか想像できない。

だから、KAZUさんしか見当たらない。
もっとも世界にはKAZUさん同様な人はいるのだろうけど。

本当にという言葉が付くからには「上手い」という言葉にはもっと重みがあるべきだと僕は思う。

ハイテクな新建材の効率的なキレイな家と100年、200年と続く風格漂う日本伝統の木造建造物の綺麗さと比較することに意味を持たないのと同じように、本当にサッカーが上手いもまた、人間の魂の位と比例するものなんだと思う。

僕はそんな小さなプライドを持ってサッカー界の片隅で監督として子供達とボールを蹴っている。
気がつけば30年の歳月が過ぎた。

だから子ども達には、サッカーが上手くなりたいと思う純粋な気持ちを持ち続けて欲しい。
プロサッカー選手になっても永遠に持ち続けて欲しい。

「サッカーが上手くなりたい」と追求し続けられたらなんて素敵なことだろう。

そんなサッカー大好き少年との出会いが僕の人生。

34_1昨日、ヤスさんから電話があった。ヤスさんと話しているといつもエネルギーが沸いてくる。やる気になる。鹿児島と八ヶ岳で思いは同じ。その時もカズさんの話しをした。
ヤスさんは弟のカズさんをサッカー人としてリスペクトしている。なんて素敵な兄弟なんだといつも感じる。
昨年ヤスさんから送られてきた写真。
「上手くなりたい!」って小さいときから50歳超しても今も続けているヤスさんとカズさん。

楽しく汗をかいたのでビール。

今日は暑かった。

汗はかいたけど、少し違うよね。
DENCUPで毎年選手達と出場しているけど今年はまだゼロなんだよな。
早くボール蹴りたいな!
そんな汗を沢山かきたい。
汗を流せないストレスは一番よくない。(笑)

昨日、今日と何度も来て頂いてる某最高学府大学サッカー部OBのみなさんとお会いでき嬉しかったし、夕食を出した後も、サッカーのお話しを聞いてくださり、アカデミーの将来に向けての貴重な沢山のヒントになったアドバイスをいただけて本当に感謝しています。
それなのに朝は高円宮杯に出かけてしまいお見送りせず失礼してしまい申し訳ない気持ちで一杯です。
この場を借りてゴメンナサイ。(^^)!

そんな高円宮杯の初戦もあったりと相変わらずのどこでもいつでも真剣全力な一日でした。

そんな日常の中で、今日はなによりも一人の選手と一緒に日没まで一緒に汗をかけた時間が一番楽しかった。

とても気持ち良く汗がかけた。2回もシャツを取り替えた。

こうしてブログに書いちゃうと深読みする大人もいるのかもしれないけれど、そんなことはどうでもよくて、自分の気持ちを書いただけ。

なんだかんだ、必要はなくて、サッカーもそうだけど、シンプルに考えて、楽しめばよいだけ。

人生もそのほうがスッキリ。

返信溜まっているメールはこれから書きます。(^^)!

97
まだまだ終わらないけど、DENコートもどうにか綺麗になってきた。
4時間もありがとう!

53
今日の高円宮杯には甲府南に進学したOBも応援に来てくれた。
背伸びたな。

日常

先日の日曜日のお客様で夏がようやく終わった。

本当にありがたい。
毎年数ある施設の中からDENを選んでいただいていることに感謝をしなくてはいけない。

来年もまた来ていただけるようにベストを尽くしたが、きっと行き届かなかった点だけらけだったと思う。

お客様が来ていただけているから、私は大好きなサッカーに淀みなく挑戦できる。

こんな普通のオヤジがその権利をいただけている事の根底を忘れてはならない。

そんなわけで月曜日から夏の感謝を思い出しながら、掃除モードに突入している。

それでも一日掃除しているわけではなくて来客や電話、、、時間刻みでこれでも多忙なんです。(笑)

週末までに外の掃除が終わらない気がしている。(笑)

結局は汗を流すのが好きらしいことに気づく。

そんなこんなをしているうちに週末がやってくるんだろうな。

感謝しかない。

91
今日は来客の合間をぬってのワックス掛けでした。
台風情報も気になりました。
明日は2階です。(^^)!

92
掃除してたら・本整理して・・読み出したら・・途中からの休憩時間が長くなってしまった。(笑)
もう40年か・4年に一度買い続けていました。(笑)
それでも40年間優勝国はサッカー大国独占の一握りなんだな。

93
昨日は下駄箱の掃除でした。
ここでも寄り道が長くなってしまいました.(^^)!
1983年学生時代バイト代貯めて買ったレッドウイングのアイリッシュセッターブーツ 。
35年前なのにまだ履いています。(^^)!
一年ぶりにオイル塗りました。手入れするのも楽しい時間です。

第5回U12八ヶ岳フェステイバル

85

今年も小学生高学年チームを対象とした八ヶ岳フェステイバルを無事開催することができました。
今年で5回目となりました。

と、言っても実は13年続いています。
この大会は今から13年前にヤスカップとしてスタートしました。
ヤスカップとは三浦泰年さんがトッカーノを立ち上げた年の初合宿が八ヶ岳で、なんなら数チーム声かけて沢山ゲームをやろうよということから毎年続き現在は八ヶ岳フェスティバルと名称を変えて開催をし続けています。

中日に少し天候も悪くなりましたが、昨年の豪雨を考えれば、今年の3日間はとてもゲームがやりやすい最高のフェスティバル日和となりました。

地元山梨はもちろんのこと、東京、埼玉、千葉、神奈川、長野、新潟そして京都や大阪からも毎年参加していただき、夜は懇親会で遅くまで情報交換もできてとても有意義な3日間でした。

ジュニア指導者の皆さんからも色々と質問されました。
今年はスペインの質問が多かったです。(笑)

そんな中でも一番言いたかった事は、サッカーを上手くすることよりもサッカーを大好きにさせることがジュニア世代では一番大切であると伝えました。
哲学的に突っ込めば、サッカーを上手くするとは何なのか?
誰がどう上手いと評価するのか?
トレセンに入ればサッカーが上手くなったと言えるのか?
親が見て、うちの息子は上手くなったと感じてくれればOKなのか?
親が見て、上手い選手がプロになるわけではない。
親の満足ではない.子供本人がサッカーを楽しんでいるか。

子供本人が上手くなりたい。何故ならばサッカーが好きだから。
それがサッカーの本質であると伝えました。

日頃はジュニアユースの指導者の皆様との交流が多いだけに、ジュニアの指導者の方々のサッカーに向き合う情熱や皆様の縁の下のご苦労を改めて感じた時間にもなりました。

大切なジュニアの指導者のみなさんが育ててくれた子供達を次なるステージでお預かりする立場として、私もクラブスタッフ達も、もっともっと子ども達が楽しくボールを蹴れる環境にするためにも、学んでいかなければいけないと改めて感じました。

改めて、この場を借りて、参加頂いたチームの皆様、今年は参加出来なかったチームの皆様、毎日、大会本部で世話をしてくれた我がクラブのジュニア保護者の皆様、各関係者の皆様、心から御礼申し上げます。

いつのまにか、八ヶ岳は涼しくなりましたが、心は猛暑でこれからも突き進みます。

感謝!

2018年8月17日
クラブ代表 田畑雅宏

 

エコノメゾット・トレーニング

来春からうちのクラブに導入されるエコノメゾットトレーニングをうちの選手達、そしてスタッフ達が学びました。
エコノメゾットは昨日Yahoo!ニュースでも記事になっていました

私が4年前に取得したフットサルB級コーチの前フットサル日本代表監督ミゲル・ロドリコさんやマエさんアリさんのトレーニングを思い出しました。

それは認知・決断・実行です。

トレーニングには常にボールと味方と敵があり、攻撃と守備の両方がある。
プラスフィジカルとメンタルを欲求されていた記憶がある。

それらのトレーニングをミゲルさんからインテグラルトレーニングと教わった。

今回、スペイン人のウリコーチのトレーニングは、戦術的要素も加わり、ポジショニングの判断と決断を子ども達に意識させていたのが印象的であった。
今日は1回目であったのでポゼッションだけであったが、今後これらのトレーニングにゴールを意識しさせ、いつ、どのタイミングで仕掛けるのか、ボールを失わないのは何の為なのか・・・等が選手達が理解してくることを想像するととても楽しみであったことだけは確かであった。

ウリコーチの声も大きく、高橋さんと石川さんとの両通訳とのコンビネーションもバッグンで、選手達はとても集中していて質の高い素晴らしいトレーニングでした。

夜も色々と意見交換もできてとても有意義な3日間となりました。
高橋さんや石川さんみたいにスペイン語喋れたらカッコイイなーと思いました。(笑)

また次回もよろしくお願いいたします。

Nos vemos
63
37867897_1844543772308855_8725366893801635840_n
ウリさんは俺の息子と同じ歳でした。高橋さんも石川さんも同じかな(笑)