第69回全国高等学校駅伝競争大会

先日2018年12月23日に開催された第69回全国高等学校駅伝競争大会男子、北海道代表の北海道栄が2時間8分39秒のチームベストをマークして21位と健闘しました。 そのアンカーにて1年生ながら出場した選手はグランデのOB選手の宮武和矢でした。

父親の転勤にて北海道へ中学2年生の途中で行きました。
先日、1年生ながら全国大会に出場する連絡をいただきました。

私は3日間の遠征中ということもあり、録画にてカズヤの走りを応援させてもらいました。
トップばかりがテレビ画面に沢山映る中、時折みせるカズヤの勇姿とゴール前の真剣な成長した凛々しい顔を見ることができてとても嬉しく思いました。

実は今大会に出場している鹿児島城西高校駅伝部にも2年生のグランデOB矢吹波音がいます。
彼もメンバー入りはしませんでしたが、6月に開催された鹿児島県高校総体では男子5000m競歩 決勝第6位に入賞しています。

遡ると元旦テレビ放映のニューイヤー駅伝3区を走り、同志社大学歴代十傑ハーフマラソン1位、10000メートル1位、5.000メートル2位に名を残している石井健太も素晴らしい子でした。
今は大手企業を経て家業を継いでおります。

日川高校ラグビー部で花園へ行った木津智陽も含め、グランデOB達がジュニアユース時代に真剣にサッカーを通じて学んだ事が少しは活かされているように感じてなりません。

その時は、気がつかない事だらけだと思います。
親も同様だと思います。

月日と共に、その時は気がつかなかったこと、理不尽と思えたこと、私が伝えたかったこと、全てが自分の生きる糧になるのだろうと思います。

若い指導者の中には、サッカーは楽しめば良い、道徳とかうるさいこと言っているなんてナンセンスという方もおります。
そんな方も人生を歩んでいくうちおそらく変化してくると思っています。

サッカーの技術だけを学んでいたら、人生にも、他の競技の糧にはなかなか活かす事はできません。

日常生活の延長線上にサッカーがあると私は確信しています。
その方が、二度とない人生の思春期の一番大切な時期に後悔が少ないと思います。

サッカーは一人でできない、タイムという数字で争えない、怪我もする、運もある。
それでも日々、明日を信じて、今に最善を尽くす。

人生も同様に思います。

カズヤ、またいつか再会しましょう!

Corazon Grande!

201812302

Fiesta de navidad!

2週続けて週末はグランデAAのジュニア、レディース、メセタと3回も楽しいクリスマス会に招待していただきました。

家族でやったクリスマス会を思い出します。
そんな自分の子ども達3人も、成人し、東京、大阪とそれぞれの場所で生活しています。
それなのに、未だに、毎年、毎年、沢山の子ども達に囲まれて、3回も楽しく笑顔で年の瀬を楽しく過ごせる事に感謝しかないです。
こんな大人なんてなかなかいないですよね。
クリスマス会って楽しいですね。
みんなの楽しそうな無邪気な笑顔を見ているだけでよいです。
その場に一緒にいれるだけで安らぎます。
小さな小さなサッカークラブですが、出会えなかったであろうカワイイ子ども達と出会えて、その親御さん達とも出会えて、こんなにも素敵な時間を一緒に楽しめた事だけでクラブを設立してよかったと思います。
日々の超苦労(笑)??が全てリセットされます。(笑)
毎年、この子供達の笑顔が沢山みられるようにすることが私の使命でもあり、かつ私自身の楽しみです。!!!

週末はジュニアユースのクリスマス会??(笑)です。
そして来年のジュニアユースのクリスマス会は常駐シェフ手作りのクリスマスケーキや料理、来られる保護者さん達も呼んでみんなでメチャ楽しむ企画をしたいと思います。

メリークリスマス!

79
ゲーム「面白い話しをして」→「ウサギの尻尾」がウケた(笑)
81
この後、クラブ連盟の忘年会で甲府まで・・・私は23:30、スタッフ帰宅は深夜2:00でした。
85
8486
89
メセタはなかなか顔出せなかったので行けてホント良かった。
親もみんな良い人!
88
ビンゴゲーム。DENCUP同様・・・いつも通り真剣に・・・大人げなく1番最初、2番目2列、5番目3列と当ててしまいしまた。
妻が喜ぶ野菜詰め合わせプレゼントありがとうございました。(笑)

 

KOKOROZASHI

ここ連日、3名のOBのお母様がDENに顔を出していただけました。
おひとりのお母様とはお会いできず、おこころざしとお手紙が置いてありました。
翌日お電話でお話ができました。
高校3年生、大学生、社会人とそれぞれ成長したOB達のお母様方とお話しをする中で、色々と感じる事がありました。
そして嬉しくなりました。
また、OBのお父様がジュニアユースの大会クラブカップの写真をわざわざ撮影に来てくださりましました。
ジュニアユース時代は保護さま方とほとんど話しもしませんでしたがこうして数年後に話しができること、こうやってわざわざDENやグランドに足を運んでいただけることに感謝しかないです。
それと同時に毎年、毎年、上手くいかない事だらけで、葛藤の日々ですが、投げ出さずに、愚直にやってきてよかったと思える瞬間でもあります。
正面から子供達に接してきたことが少しは報われます。
励みになります。
田舎の誰も知らない、単なるサッカーのクラブチームですが、
プライドを持てる瞬間でもあります。
自分の子供1人育てるだけでも大変なのに、人様のお子さんを育てる事に関わる事は本当に難しいことであることは分かっています。
少しでも、大人になったときに、関わった子ども達が、幸せな人生を歩んでいて欲しい思いが強くあります。
この子達と一生付き合っていきたい思いで接することが私のプライドでありこころざしです。
古くさい考えなのかもしれません。
若い親御さんからは、サッカーの戦術、技術を教えてくれ、あとは余計なお世話だとお思いの方もいると思います。
それでよいのです。
高いこころざしを持った少年と出会い、向きあい、次なるステップへ羽ばたかせる手伝いをして、
愛情たっぷりでお子さんを育ててきた親御さんと数年後も、こうしてたまに和やかにお話しできる瞬間があれば。
それでよいのです。

心が豊かになれる一瞬に!
感謝!

80
卒業する前に焼き肉食わせてやりたいなー。

82
毎年美味しいキウイフルーツが心の栄養になつています。

24thDENCUP~Oyaji

12月2日に4月以来となるDENCUPを開催することができました。
今年は新たな夢に挑戦していることもあり時間を思うように確保できずにいました。
それでもどうにか年内に開催できたこと、そしてなによりも自分自身が一日フルにボールを蹴れて子ども達やオヤジ達と汗を流せた事に嬉しさを感じています。
今回はいつものビギナー大会ではなく24回目のオヤジ大会でしたが歳のシメはやはりオヤジカップですね。
全く4月からボールも蹴れず、身体も作れず、どちかというと事務的仕事が大量となりコンディションはイマイチでしたが、始まってしまうといつも通りフル出場でやってしまいました。勿論球際は遠慮しましたが・・・。
それだけに怪我無く終われてホッとしています。
優勝と得点王のご褒美まで頂けて、主催者ながらも一番楽しんでしまいました。
参加チームの皆様・・・最年長者ということで・・・お許しください。
今回DENチームのメンバーはこれから深い付き合いが始まる選手達と楽しみました。
彼らと初めて一緒にプレーしましたがとても楽しかったです。
日頃は指導者としてグランドに立っている私ですが、やはりプレーをすることは楽しいですね。
この楽しい原点をDENCUPを通じて初心を確認し続けられる事も私が子ども達とチームを作って出場し続けている理由でもあるのです。
来年に向けて、心を整えることが今年もできました。
また、参加頂いたチームの皆様はそれぞれにチームカラーがあり、オヤジ同志のチーム、温かい家族チーム、男仲間たちチーム、ママさんおとうさんのチーム、女子チーム、グランデのカワイイ子ども達のみんな・・・。
様々な方々がDENCUPを盛り上げていただけて大会も成り立っています。
心から感謝しております。
この場を借りて感謝申し上げます。
皆さんの御健勝と幸運を祈念しています。
良いお年をお迎えください!
buena suerte!

DENCUP 田畑雅宏

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

77

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

73

24_denjarus500

筋膜勉強会

今日は八ヶ岳コンディショニングサポート石井整骨院の石井院長にお越しいただき、選手と保護者さんと一緒にイップス、筋膜についての勉強会でした。

石井先生は陸上選手として大学時代は箱根駅伝を3回走り、実業団でも活躍したアスリートです。
それゆえに、アスリートの気持ちも理解でき、かつ、筋膜治療、イップスについて地道に長年研究なされており知識と経験を併せ持つ素晴らしい方です。

イップス (yips) とは、精神的な原因などによりスポーツの動作に支障をきたし、突然自分の思い通りのプレー(動き)や意識が出来なくなる症状のことである。 本来はゴルフの分野で用いられ始めた言葉だが、現在ではスポーツ全般で使われるようになっている。
筋膜(きんまく)は全身の組織を包み込んでいるだけでなく、組織間の結合も担う結合組織である。筋肉を包む筋膜にシワができたり固まったりすると、凝り(肩こりなど)の症状を引き起こすことがある。古くから行われている鍼や按摩、指圧、マッサージは、それらの筋膜を正常な状態にしていた可能性がある。筋膜の医学的研究は発展途上ではあるが、近年研究が進み、医学的に原因不明とされている疼痛の治療の研究が進む可能性がある。(ともにWikipediaより)

オスグッドや足底腱膜炎等多くの成長期の選手が苦労する治療においても沢山の知識を得ることが出来ました。
捻挫した場合のアイシングの場所もしかり、大腿四頭筋のストレス解放、フォースタンス理論の4つのタイプの理解。

特に指導者や親が単純に沢山転がっている成功情報をそのまま、その情報が選手(わが子)によってはマイナスに働く可能性があるにも関わらず当てはめてしまう怖さ、
善かれと思って選手のフォームやクセを矯正したこでトップアスリートになれなかった選手が沢山いることを学びました。

改めて、指導者は常に勉強する。選手を観察する。
親はにわか知識で出しゃばらず、信頼する指導者、トレーナー、専門医に託して欲しい。
そう感じた時間となりました。

石井先生ありがとうございました。
これからもサポート、そして学ばさせてください。

感謝!
69
68
70
72