自反尽己

昨日、スタッフとOB数名でボールを蹴った。
その中の1人が数年前のグランデ・キャプテン。

彼にアスレタのキャプテンマークをプレゼントしたことを懐かしく思い出した。
キャプテンマークをプレゼントしたのは初めてであり、おそらく唯一の教え子となるであろう。

何故ならば私のクラブ(グランデFC)はキャプテンマークは日頃は付けさせなかった。
選手達には3年生全員が練習時も学校でも左腕に見えないキャプテンマークを巻いているんだと伝えてきた。

彼にはキャプテンマークを巻いていなくてもキャプテンはお前だと分かるだけのキャプテンシーを努力して身につけなさいと伝えてきた。

何故それでもキャプテンマークをプレゼントしたかには大きな理由があるのだがここでは公にはしない。

そのキャプテンマークだが、内側にマジックで「自反尽己」と書いてプレゼントした。

自反尽己とは孟子に出てくる言葉。

他者から無礼な態度や騙されたとしても、相手を批判するのではなく、有徳の人は必ず自分を反省する。

失敗や不運を自分が足りないと受け止めることができる人間と他人のせいにして済ますことを繰り返してきた人間とでは、天と地の差で幸運が違ってくる。

自分が上手くいかなかったとき、試合に負けたとき、仲間のせいにしてしまう。
そうではなくて、
自分が足りないということを冷静に受け止め、自分と向き合い、ポジティブに今の置かれている立場に感謝し、日々素直なこころで努力して自分を変えていくしか方法はない。

親も然り、
試合に出られない、自分の息子が友達と比べて成長していない、それはチームや指導者が悪い。
うちの息子はこんなに頑張っているのにあの子ばかり試合に出ている。

その吐いた言葉というものは、毒をまき散らしているが如く、悪臭を放ち、周囲の人たちに伝染していく。

周りを悪くするということは自分の子供の環境を益々悪くしてしまっていることに気づけていない。

グループLINE等でネガティブな発言を繰り返している親達のチームもあると聞く。
それがどれだけ自分の子供を苦しめているか気づけていない。

ありがたい、ありがたい、感謝の気持ちを親が持てば、自ずと子供も変わっていくものだ。

他人のせい、環境のせい、と嘆いた所で何も変わることはない。

先ずは自分が良い影響を発せられる人に変わること。

うまくいかなかった時にこそ、自責で考えなさい。
そんな意味なんだろうと解釈している。

彼には今の勝ち負けはどうであれ、「自反尽己」の精神を持ってこれからの人生を謙虚に歩んで行って欲しい。

そんな思いで、キャプテンマークをプレゼントしたことを思い出した。

そんな彼も高校三年間親元を離れ強豪サッカー部でやり抜いた。
「自反尽己」の精神は彼にピッタリであったと思う。

これから関東一部の大学に行っても挑戦するようだ。

立派に成長し、こうして一緒に楽しくボールを蹴れる事が嬉しかったよ。

コラソングランデ!
努力は必ず報われる!
IMG_5287 2

笑顔と返事

惜しまれずして会社を辞めた人で、その後の人生、成功した人はまずいません。

~中略~

昔、家康が天下をとるまえは今川家の属国でした。今川家は敵に攻められても兵隊は出さず、徳川家から兵隊出させて戦争していました。徳川家は家康が人質にとられているから今川家に逆らえずいつも戦うけど戦いに勝っても恩賞がなかった。

普通の人は徳川家が損をしていると思うんですよね。

ところが秀吉が足軽のときにそれを聞いて「そんなことを続けていたら徳川家だけが強くなって、たいへんなことになるぞ」と言ったそうです。

恩賞ももらわなくて戦うクセをつけたら、エライつわもの集団になってしまうと。

~中略~

いつも笑顔で働いて、上司に呼ばれたら「はい!」って良い返事をするのです。

返事が良くて、笑顔で働いていたら、仕事頼みやすいから、倍頼まれるんですよね。

ところが人生失敗する人というのは「同じ給料なら、働かない方が徳だ」と思うのです。

だから、職場で頼まれごとされると嫌な顔するんです。イヤイヤ返事するんですよ。

そうすると、上司は仕事頼みづらくなっちゃう。

頼みやすい人と頼みづらい人。笑顔と返事。たったこれだけで雲泥の差になっちゃう。

仕事を倍頼まれると、人の倍仕事覚えるんですよ。どんどん仕事できるようになる。

だから仕事を倍たのまれるような人は、どこの会社へ行こうが独立しようが仕事が上手く行くようになっているんです。

辞めたは後に成功するかしないかは、仕事を倍頼まれる事は徳だとわかっているかどうかなんです。

こういう人は惜しまれて辞める人なのです。

斉藤一人さん著書「微差力」より抜粋

思い返すと、高校で活躍したり、大学生活や社会人となって人生を楽しんでいるOBは、いつもダメ出し食らったり色々頼まれていた選手が多かった気がする。

不思議なものでそんなOB達とは未だに縁が繋がっている。

人生なんてそんなものなのだろう。
アドバイスしやすい選手もまた楽しい人生への近道かもしれない。
それも人間力。

「笑顔と返事」。
幼稚園で最初に教わることだな。
基本が大切なことは人生もまた同じ。

人生はシンプルに。

親も選手も指導者も。

損得の人間関係から離れましょう。
尊徳の人間関係を作りましょう。
210mm_3

教え子から遺書を送られた先生

「教え子から遺書を送られた先生」

徳永先生は、熊本県の歴史始まって以来、
30代の若さで小学校の校長になられたほど優秀でしたが、

「教員の仕事は、教壇に立って教えることだ」

と5年で校長を降り、自ら志願して一教員に戻った人でした。

だから、どの学校に行っても校長に嫌われるんですね。

自分より実力が上なものだから。

それで2年ごとに学校を出されてしまうんだけど
行く先々で教師たちが一番敬遠している難しいクラスを受け持って
みんなを勉強好きに変えてしまうんです。

徳永先生は、昼飯を食べない人でした。

なぜ食べないかというと、終戦直後、
昼の時間になると、弁当を持ってこられない子供たちが
さーっと教室からいなくなる。

それでひょっと校庭を見たら、
その子たちが遊んでいたんです。

その時から、自分もピタッと昼飯を食べるのを止めて、
その子たちと楽しい遊びをして過ごすようになりました。

以来、昼飯はずっと食べない人生を送るんですよ。

晩年になっても。

これは戦前の話ですが、

「明日は工作で切り出しナイフを使うから、持っておいで」

と言って、児童たちを帰したら、次の日の朝、

「先生、昨日買ったばかりのナイフが無くなりました」

という子が現れました。

先生は、どの子が盗ったか分かるんですね。

この生徒は、兄さんがすばらしく頭がよく、
いつも家で比較されて、偏愛の中で冷たく育っておりました。

学用品を買うのにも

「馬鹿タレ、勉強もできんものが、何を金が必要か」

と叱られるのです。

「あの子ではなかろうか」と暗然とした徳永先生は考えて、
一つの方法をとりました。

昼休みの時間、中には運動場に出ない生徒もいますが、
この日は、全員を運動場に出して遊ばせました。

それで、全員外に出して遊ばせているうちに、
盗ったと思われる子供の机を見たら、

やっぱり、持ち主の名前を削り取って、
布に包んで入っていました。

先生は、すぐに学校の裏の文房具屋に走って、同じナイフを買い、
盗られた子の机の中に入れておきました。

子供たちが教室に帰ってきた時、

「おい、もう一度ナイフをよく探してごらん」

と言うと、

「先生、ありました」

と。

そして、

「むやみに人を疑うものじゃないぞ」

と言うんです。

その子は教室の一隅から、うるんだ眼で先生を見たといいます。

それから時代が流れ、戦時中です。

特攻隊が出陣する時、みんなお父さん、お母さんに書くのに、
たった一通、徳永先生への遺書があったのです。

それは、あの日、ナイフを盗った子からのものでした。

「先生、ありがとうございました。

あのナイフ事件以来、徳永先生のような人生を送りたいと
思うようになりました。

明日は、ポーランジャの空で僕は見事に戦死できると思います。

その前にたった一言、先生にお礼を申し上げたい。

あの時に、先生はなんにも言わないで僕を許してくださいました。

死の寸前になってそのことを思い出し
『先生ありがとうございました』とお礼を申し上げます。

どうぞ先生、体を元気にして、
僕のような子どもをよろしくお願いします」

というのが絶筆でした。

彼は昭和19年5月12日、
ニューギニアのポーランジャの空中戦で戦死しました。

若冠十九歳でした。

教え子から遺書を残された徳永先生、

愛しい教え子を死地に送り出さねばならなかったこの時代、
徳永先生は、深い悲しみに沈みこみました。

徳永先生はあの時、自分が彼と同じ境遇におかれたら、
これ以上の荒れ方をするだろうと考えたそうです。

「どうしてあの子を怒ることができただろうか・・・」

と。

今、その教え子の墓前には、
先生が植えた八重クチナシが大きく育っています。

それから、こんな話もあります。

先生が熊本の山間の過疎地の教員をやられていた頃、
両親が分からない子がおったんです。

暴れ者でね、とうとう大変な悪さをやらかした時、
徳永先生は宿直の夜、

「君の精神を叩き直してやる」

と言って、その子をぎゅっと抱いて寝てやるんですよ。

後に彼は会社経営で成功して
身寄りのない者を引き取って
立派に成長させては世の中に出していました。

「自分のいまがあるのは、小学校4年生の時に
徳永康起先生に抱いて寝ていただいたのが始まりです。
先生、いずこにおられましょうか」

という新聞広告を出して、40年ぶりに再会した
なんていう物語もありました。

———————————————————————————–
※『致知』2008年3月号「楽天知命」・超凡破格の教育者徳永康起先生~抜粋・引用しました。

どんなに時代が違っても、変わっても、
人として一番大切なことの本質は不偏です。

人間として心が豊かに育って欲しいと願うばかりです。

グランデのそして私の指導者としての原点として大切にしたいことでもあります。

感謝!
52
51

2021謹賀信念

あっという間に2021年となり10日間が早くも過ぎました。
例年はご挨拶回り、武田神社へ初詣やら熱田神宮へ商売繁盛祈願の初えびすさま、そしてその合間に高校サッカー選手権観戦の日々ですが、今年は何処へも行きませんでした。

それでも今年も健康で楽しく家族で新年を迎えることが出来た。
逆に沢山の方々が顔を出してくれて、それはそれであっという間の10日間でした。
本当に幸せなことです。

年末には16,7年のお付き合いとなる世界を制し海外で活躍している現役トップアスリートYさんが時間を作って感染対策万全の体制でファミリーでDENに来てくれた。
貴重なユニフォームまでいただき感無量です。(^^)!
一緒に密とは無縁な広大な八ヶ岳を歩いたりと楽しい時間を過ごせました。

年始はかれこれ25年以上も毎年来ていただいてるご家族が今年も来ていただけました。こちらも勿論ですが貸し切りです。
他にも沢山の友人達が感染対策万全の体制でDENに顔を出してくれています。
全てに感謝しなければいけません。

そんな中、世間は新型コロナウィルスが再び増え政府より緊急事態宣言が1都3県に発令された。
昨年1月ダイヤモンド・プリンセス号のニュースから1年にもうじきなる。
しかもまだ続きそうだ。

思う事は、世の中の子ども達のこと。
まさかここまでこの状況が続くとは。

人と人との触れ合う機会が人為的に極端に減ってしまったこと。
マスク着用自体も可哀想で仕方ない。
授業中もずっとだ。息苦しいだろうな。
子ども達の笑顔がマスクで隠れちゃう。
早くこの環境を戻したい。

子供の1 年間は大人の1 年間とは全く違う。
大人が我慢する1 年間とは意味も辛さも時間軸が全く違う。

この1 年間で人と人との出会いであったり、仲間と寝泊まりする合宿であったり、フェスティバルであったりと違う地域の友だちと試合を通じての友情であったりと大きく成長するための「触れ合い」が制限されてしまったことは悔しい。

しかし残念がっていても子ども達は毎日成長している。
違う方法で子ども達の心の成長を育むアプローチをしていかなければと思っている。
これについては昨年から構築していることがあって進めています。

そして、ひとつ言える事は、それぞれの立場でそれぞれの大変なことや苦労があることをお互いが尊重しあえることが今まで以上に大切な社会になっていること。

その上で、私がやれることは、
友人家族や仲間のサッカーチームの子ども達を安心・安全に笑顔で受け入れること。

その為にこの半年間取り組んだことは。
山梨グリーンゾーン施設として申請し認可され、全館・全客室空気浄化設備・必要換気量が確保されている国が基準とした安全な施設にしたこと。
1組みでも貸し切りにして他の人との接触をシャットアウトしたこと。
チームにおいては全選手の1週間検温を実施していただいていること。
GoToキャンペーン(現在停止中)に参加し、毎日の事務手続き等かなり面倒だけど少しでもお客様が安く宿泊できるように取り組んだこと。

手作りの美味しい安心安全な食事を提供して、自然豊かな八ヶ岳で思う存分にボールを蹴って、このご時世において少しでも心が豊かになってくれたら。
ストレスを抜いてあげる。
それが私のやれることです。

人間にとって、そして子ども達にとって旅することや、非日常を経験することをやめてしまったら感性や創造力は絶対に育たない。

そんな同じ考えの仲間やチームを受け入れ、サッカーを通じてお互いに影響を与え合いながら成長していける関係が持てる場所が「DEN」であり続けていきたい。

そして一生の友人として喜びも悲しみも分かち合える関係でいたい。

DENも私も、新しい時代に寄り添って進化続けて行きたいと思います。

そんな新年(信念)となりました。

全てに感謝!
ネバーギブアップ・フットボール・コラソングランデ!
24
今年も息子と元旦にボールを蹴って汗を流せました。
年々息が上がります(笑)

年頭所感2021

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

時代が大きく変わっていこうとしている事を多くの方々が肌で感じているかと思います。

265年続いた徳川江戸時代。
150年続いた明治から大正、昭和、平成の時代。
幕末を経て明治維新・争いから競争と成長の時代であったと思います。

戦後生まれの私の少年時代を回想しても、お受験戦争、24時間働けますかのCM、根性ドラマの数々・・。
高度経済成長を支えた大きな要因であったことは間違いありません。

そんな江戸から明治へのシフトの節目と似たように感じます。
私達は歴史的な時代の節目を体感しているように思います。
江戸から明治に変わった時に服装や交通手段や政治や産業構造が変わったように、間違いなく新しいライフスタイルが始まりつつあります。
タテ社会からヨコ社会の風を感じています。

今までは高校選手権で優勝することであったり、Jリーガーになることが目標であったり、J下部へ合格することや、特待で有名なサッカー部に入ったり、有名な会社に就職することがどこかスティータスになっていた気がします。
世間がそうであったとおもいます。

肩書きや、組織、お金持ちになることや、他人からどう評価されるよりも、楽しい事をみつけたり、仲間と共感したり、自然豊かな安心できる場所でゆっくりと子育てを優先する。
やりがいの伴わない仕事をするなら転職する。
少しずつ価値観が変わってきていると思います。

ここ半年でも3人の友人が八ヶ岳へ本気で家を探しています。
自然に触れて新鮮な空気を吸ってゆとりを持って生活をしたい。
八ヶ岳に住んでいる私としては嬉しく思います。

サッカークラブに例えれば、強豪チームに入ってサッカーだけをするのではなく、信頼できるコーチと友だちたちとサッカーを通じて人間力も仲間と一緒に高めていきたい。
そんなお子さんや親御さんも増えてきているように思います。

私は2年前、全国から才能ある子ども達にサッカーを通じて人間力を高める挑戦をしましたが私がやりたかった事を実現することができませんでした。

そんな経験を経て、初心に戻ることが出来ました。
2001年「八ヶ岳から世界へ」を合い言葉に、サッカーを通じて世界で通用する「ヒト」を育てたい思いで八ヶ岳グランデフットボールクラブを設立しました。
20年経った今もその思いは全くブレていません。
才能は元々全ての子ども達が持っているもの。
その子ども達を丁寧に小さい時から一人でも二人でもよいから育てて行くことが自然であることに気づくことが出来ました。
そしてそれは20年前に私が始めたことでした。
20年前の自分に戻れた事を本当に幸せと感じています。

2021年大きく時代が変わっても、いつの時代でも子ども達の心は純粋です。
おそらくは今まで以上に人と人との繋がり、仲間と助け合う、地域を大切にしていく事、弱者をいたわる事が大切になっていくと信じています。

私は協力し助け合えるスタッフ達と保護者様たちと、心の喜びを共感しながら、サッカーを通じて、子ども達が人間としての良心を育めるクラブとして、成長していけるように汗を流していきます。

引き続きご支援の程よろしくお願いいたします。
保護者様、そしてサッカー仲間ならびに関係者皆様のご家庭が笑顔溢れる毎日であることを祈念致します。

敬具
2021年元旦
特定非営利活動法人八ヶ岳北杜グランデフットボールクラブ
理事長 田畑雅宏

【お知らせ】
noteさんのブログで毎日メモ代わりに書いていますのでよかったらそちらもご覧ください。