林檎2017

今年も契約しているリンゴ農家の太田さんご夫妻の所へ妻と行ってきました。

毎年同じ書き出しです。(笑)

最初の頃は家族5人で出かけていました。子供達が喜んでリンゴの木にハシゴをかけてもいだり、リヤカーで運んでいた姿が昨日の事のように浮かんできます。

そんな子供達もみんな大きくなりました。

思い出すだけで、顔がほころびます。(^^)!

毎年、この時期が来ると、ホッとします。
まだ今年は終わってはいませんが、夏の繁忙期を無事乗り越え、高円宮杯を終え(悔しさ一杯ですが・・・)、三年生達の進路もなんとなく見えてきて・・・。
そして、スタッドレスの履き替え、クリスマスツリーを倉庫から出して・・・今年に感謝してお世話になった方々への年賀状の準備を始める。

そしてなによりも、こうして妻と二人で、太田さんご夫妻の顔を見ることでホッとします。

太田さんご夫妻とのここ数年の話題はお互いの子供達の事や孫の事です。(笑)
おもいっきり盛り上がりました。

「田畑さん。いいてーぇこと、いったんて、そりゃーなー、ええことひとつもありゃーせんがゃなぁー」
「おれっちなんざぁー、それでどんだけしっぺーしてきたこかなー(笑)」
「むすこなんざぁーなー。嫁のこぶんだがゃー(笑)みーんなぺらぺらと言われちまうぞー(笑)」
「だまるが勝ちゃーぞな。政治家といっしょだぞしー。んだけんどなーソンタクなんぞーはしてくれねーえゾ!(笑)」

リンゴ畑の真ん中で大声で笑い声が響きました。
2時間は話していたかと思います。

一年中、サッカー関係者の仲間といて、サッカーの話題で24時間過ごしている私にとって、唯一、サッカーのさの字も出てこない。
単なる小さな宿屋のオヤジとして接してくる太田さんご夫妻との時間は本当に自分を素に戻してくれます。

年季の入った農協の帽子と長靴。
割れた爪と間接の太いシワだらけの日焼けしたゴツイ手。
笑うと見える銀歯(笑)。

何が大切か。

67

なにげない青空と冷たい空気の中で、たわいもない会話だからこそ、こころが豊かになれるのだと思う。

高いお金を出して聞く有名先生の講演会よりも・・・.

子供達と一緒にリンゴを採っていたとき・・・

そして太田さんご夫妻とのひととき・・・

約束もしない中での時間をきにしない時間。

こんな時間がもしかしたら・・・「人生で一番大切なんだろうな」と感じられました。

太田さん。また来年ですね。

感謝です。

72
69
66
今年のリンゴは当たり年です。

happy birthday

昨日で、また一つ年輪を重ねました。

この歳になると自分が何歳かあまりわからなくなってきます。(笑)

それでも、やはり昨日は本当によい一日でした。まさにhappy birthdayでした。

朝からグランドに立って、3時間子供達と真剣勝負のど真ん中で過ごせました。
グランドに立てる事への感謝です。
サッカーを教えられる現場があるということに感謝です。

その後帰宅しお客様の料理の仕込みをして、その後、高校選手権のベスト4をかけた好ゲームを観戦?応援?。
4チー中の3チームにそれぞれ主軸で頑張っているOB達がいるだけに全てのチームに勝った欲しい贅沢な心境の応援でした。
沢山の知人との会話も弾みました。
OBの親御さんからは「田畑さん誕生日おめでとうございます」の連発でした。
覚えていて頂けるていることに嬉しさを感じました。感謝しかありません。

急いで帰宅し、お客様の料理の支度、そして片付けでした。
この時期はアルバイトさんがいないので大変なんです。
それでもTシャツがビッショリ汗だらけになっている事に、働けている事に、心から感謝しかありません。

そして、お客様達からお誘いを受け、2時頃まで宴でした。(^^)!
昨日のお客様はサッカーとは無関係の某東京大手会社さんのグループさんでした。
社長さんも昨年に続き今年も来ていただけました。
そんなわけで、いつものパターン?なのか私がお客さんになっていました。
素敵な女性の皆様にハイボールを作っていただき、ギターの引き語り、そして若手の皆様から社長さんまでがその場で熱熱のタコ焼きを焼いてくれるという、全くの立場逆転のとても楽しいタコ焼きパーティーのVIPと化してしまいました。(^^)!
48
タコ焼きと言えば、数年前までは毎年現役選手達がサプライズで私の誕生日を祝ってくれていました。
DENでタコ焼きパーティーをしてくれて祝ってくれた時を思い出しました。
もちろんカラシ入りでした。(笑)
ふとその頃の選手達が思い浮かびました。思い出し笑いをしてしまいました。
そしたらそのタイミングでタコ焼きパーティー時代選手のチハルからの着信でした。マジかっ!(笑)
中座して、話しました。今度またチハルとはトンカツ行こうと思いました。

お客様達と一緒に深夜まで呑んで笑って楽しい時間を過ごせている事に感謝しかありません。

その合間に、沢山のOB達からの着信とラインやメールからの誕生日祝福の連絡がきました。

ユウキからの電話内容の一部は、「田畑さんおめでとうございます。試合後探したんですけど帰られたようで」「今日は勝って誕生日おめでとうございます言いたかったので」
ここでは書けないけど、色々と話しをしました。
2年生ながら10番背負って輝いていたな。
準決勝での中銀スタジアムでどう輝けるか楽しみだ。
44
静岡で頑張っているトモからも手紙届いた。
そろそろ顔見に行きたいな。
美咲は数日前にDENに来た。
「田畑さんの誕生日の日、遠征でご挨拶行けそうもないので」だそうだ。せっかく来てくれたのにゆっくり話せなかったけどプレゼントと手紙(笑)ありがとうな。
でもな美咲!お嬢様じゃないだろう(笑)走れ!歩け!やっぱり走れ!(笑)
キチがDENに来てくれたのも嬉しかったよ。

リョウやヒナタやソウタやら毎月イベントやらかしていた連中からも連絡来たけど、何事も無く(笑)沢山の方々と笑顔の一日で過ごせてよかったよ。リョウ!(笑)
他にも沢山のOBからの連絡本当にありがとう。

改めて、俺は恵まれていると思いました。
昨日一日だけで100人以上の方々と会話をしました。
どの方とも笑顔で接する事が出来ました。
特別な日ではなく、こうした日常を日々過ごさせていただけていることに感謝しかありません。

自分だけで精一杯な若者やこの頃は大人も多いのに、卒業して行った連中が、こうやって、どうでもよいオヤジを気にかけてくれている事が嬉しい。
なによりも、そういう人間に成長していっている事が一番嬉しい。

そんな教え子達が毎年育っていることで私は救われています。励みになっています。

だから、ブレずに、目先の損得でなく、常に、次なるステップへ決断して行けるのだと思います。

教え子達、保護者様、サッカー仲間、友人、全ての方々、そして妻と三人の子供達に、こころを込めて。

感謝。

2017年10月21日 田畑雅宏

大切なことを少年から教えてもらった日

谷本さんから
「今日からお世話になるDENの田畑さんです」
と紹介されました。

そしたら、その後、近づいてきた一人の少年が
「おれ、田畑さん知っているよ。教わったことあるよ」
と話しかけてきました。

えっ?
「あのね、僕が3年生の時、東京の○○サッカースクールで田畑さんというコーチに教わったんだよ」

えっ!
「その人、おじさんの子供だよ」

「えっーーーーーー!!!!!||||||||||ホントにーーーーーーーーーーー!!!!!」
※後ろにひっくり返って倒れる。超リアクション!!!

「君、名前なんていうの?連絡してあげるよ」

「田畑コーチ、俺のこと、覚えていないと思うよ」

「なんで?」

「だってね。僕がまだ小さかった4年前に1回だけしか教わっていないから」

「よくそれで、田畑って言うだけで覚えていたね」

「うん。とてもやさしくて、上手くて、大好きなんだ、だから今も家に田畑コーチと一緒に撮った写真飾ってあるよ」

なんとありがたい事だろう。

思わずDENTシャツあげたくなったけど、ぐっと堪えて何もあげませんでしたが、
本当に感謝のこころで一杯になりました。

4年も前に、たった2時間スクールで教わっただけなのに、その子供の心に入り込めている。

我が息子ながら、人間として指導者として一番大切な事が出来ている事が、なによりも誇りに思いました。

今一度、私自身、原点を再確認させられました。

30年指導者を私はやっている。なんて偉そうにしている余裕はないな。
もっともっと若いコーチ達から学んでいかないと、生きた化石になってしまうところでした。

ハルキ君。
ありがとう。

今度は、ダブル田畑コーチで、ハルキ君!
一緒にボールを蹴りましょう! (笑)

39

今日も前へ!

今日で今年のチームの県Aリーグが全て終了しました。

昨年初戦で戦ったときには2-1、そして今日は0-2。

何かが足りていない。

その何かとは、おそらくは信頼関係なんだと思う。

信頼とは信じて頼りになること。

今年のチームは信じても頼りにならない。

決めるところで決められない。

守るところで守りきれない。

頼りにならない集まり。

信頼されるには、信用されなくてはならない。

信用されるには、日頃の行いによって決まる。

毎日、身体のケアをしっかりしているか。

毎日、朝、走っているか。

毎日、サッカーノート、勉強、しっかりと取り組んでいるか。

毎日、挑戦しているか。

毎日、感謝しているか。

信用される行いが仲間同士でどれだけあるか、監督、スタッフとの約束をしっかりと守り、信用を培ってきたであろうか。

ほんの少しの差が大きな差となっていく。

それでも、希望の一筋の光があるのも事実だ。

それは、今年のチームにも信頼されている少年がいるからだ。

彼についていけば、お前も変われる。

俺は本気でサッカーが大好きな人間と出会いたい一心で監督を白髪になってもやり続けている。

毎年、一人、二人、多い年は7人8人と信用できる少年と出会えてきた。

その意味で行けば、今年もそんな少年と出会えた事が俺の中では本当に嬉しい事だ。

昨日は朝7時過ぎから、日没まで、そして21時まで、ひたすらやり続けている。

そして、今日もやり続けている。

きっと明日も来るんだろうな。

この少年の背中を見続けている事に幸せを感じる。

意志あるヤツは誰も止められない!

20031790_1720349477999024_3647720801508081447_n

グランデ8期生

 

36

先日、グランデ8期生OB達との集いが偶然が重なって開催されました。

正直東京在住の3,4人程度と飲むのかと思っていたので、こんなにも同学年の面々が揃っているとは思ってもいませんでしたから、嬉しさも倍増でした。

8期生キャプテンのユウヤが超敏速に取りまとめてくれたようです。

ユウヤのキャプテンシーを改めて見直したよ。(笑)

この世代は思い入れも深い連中です。

保育園時代からの付き合いのある子もいるし、ジュニア時代から付き合いのある子達ばかりです。

クラブ設立から共に歩み、保護者様も含め一緒に苦楽を共にしてきた気がします。

ですから、全員のニコニコとした両親の顔が直ぐに浮かんできます。
※2名ほどは缶ビール持った顔しか浮かんできませんが・・・(笑)

言葉を変えれば、この子達と出会えたからこそ、俺も頑張れたように思います。

県トレゼロ人のこの子達がほぼ全員県トレのヴァンフォーレ甲府を攻撃的サッカーで圧倒して破ってU13大会優勝(旧ナイキプレミアカップ)した事で、もっとこれから入ってくるグランデの子供達に、俺の足りない、クラブに足りないポイントを埋める事はできないかと考えた末にヴァンフォーレ甲府との提携に結びつきました。

この子達の顔を見ると安心します。

みんな良い青年に成長しています。

ジュニアユース時代の思い出話で盛り上がりました。

ユウタロウは相変わらず青春ドラマ風の語りでした。(笑)
ジュニアユース時代は本気で泣きながら仲間を叱咤していたシーンが蘇りました。

ユウタはイガグリ頭のイメージしかないので今の風貌はやめた方がよいでしょう。(笑)まあー薬学部は6年生だしまだまだ勉強漬けだからしょうがないか。(笑)

マサキチは態度だけでなく俺より背もデカクなっていて笑うしかありません。
なんか憎めないよな。(笑)

コウスケはうちの娘と同じ大学なのに知らなかったとは・・・・(笑)コウスケらしいな。

ソウスイは相変わらずの絶妙な立ち位置をキープしているよな。
建築家になるのか環境省の役人にでもなるのだろうか(笑)

シンはデカクなってオヤジと瓜二つで地域を担っていくオヤジになりそうだよな。
御柱が似合いそうだ。

タダはみんなこの顔に騙されるんだろうな。女の子も油断しちゃうんだろうな。そして何気にゲットしていきます。まあーいいやつだ(笑)

リキヤは顔とオヤジ(笑)に似合わず、本当に良い性格しているとずーつと思っています。素敵なヤツです。

カツマも良い子です。まさかこんなにも近くでバイトしていたとは知らなかったです。(笑)

シュンヤはトモキもそうだけど、この二人の試合前のギラギラした眼差しが好きでした。内に秘めた優しさと強さを今回も感じられて安心したよ。

ユウキとは不思議な関係です。クソガキの頃はよく俺にパンチ入れてきてたよな。覚えていないらしいけど。(笑)虎のユウタと同じだけ身長があればユウキのサッカー人生も・・・とふと思う時があります。虎のユウタとも飲みたいです.(笑)

ユウヤとも腐れ縁です。ユウヤのキラキラした目が大好きでした。ジュニア時代スゲー小さくて、一生懸命サッカーやっているユウヤをいつも目を細めて眺めていました。
ジュニアユース時代は心を鬼にして嫌われる覚悟で接しました。

こうして再会してみると改めて、みんな自慢の息子達だと思います。

そんな息子達とこうして一緒に飲める事は最高の贅沢であり私は幸せ者であると感じています。

日頃の苦労??が全てチャラになりました。

1期生から14期生の全てに思い入れがあるだけに、他の連中とも飲みたくなりました。(笑)

もしかしたら、OB連中に堂々と再会できる事が俺の日頃の指導者としてのプライドになっているのかもしれません。

今いる現役の子供達とも5年後、10年後に、OB達のように立派な青年になって一緒に飲める日が来るのを楽しみにして日々取り組んでいこうと思う事ができました。

楽しかった~!
10_11_780
10_11_7897
この時のページ見るとあの時の熱さが蘇ってくる。(笑)