今日も前へ!

今日で今年のチームの県Aリーグが全て終了しました。

昨年初戦で戦ったときには2-1、そして今日は0-2。

何かが足りていない。

その何かとは、おそらくは信頼関係なんだと思う。

信頼とは信じて頼りになること。

今年のチームは信じても頼りにならない。

決めるところで決められない。

守るところで守りきれない。

頼りにならない集まり。

信頼されるには、信用されなくてはならない。

信用されるには、日頃の行いによって決まる。

毎日、身体のケアをしっかりしているか。

毎日、朝、走っているか。

毎日、サッカーノート、勉強、しっかりと取り組んでいるか。

毎日、挑戦しているか。

毎日、感謝しているか。

信用される行いが仲間同士でどれだけあるか、監督、スタッフとの約束をしっかりと守り、信用を培ってきたであろうか。

ほんの少しの差が大きな差となっていく。

それでも、希望の一筋の光があるのも事実だ。

それは、今年のチームにも信頼されている少年がいるからだ。

彼についていけば、お前も変われる。

俺は本気でサッカーが大好きな人間と出会いたい一心で監督を白髪になってもやり続けている。

毎年、一人、二人、多い年は7人8人と信用できる少年と出会えてきた。

その意味で行けば、今年もそんな少年と出会えた事が俺の中では本当に嬉しい事だ。

昨日は朝7時過ぎから、日没まで、そして21時まで、ひたすらやり続けている。

そして、今日もやり続けている。

きっと明日も来るんだろうな。

この少年の背中を見続けている事に幸せを感じる。

意志あるヤツは誰も止められない!

20031790_1720349477999024_3647720801508081447_n

グランデ8期生

 

36

先日、グランデ8期生OB達との集いが偶然が重なって開催されました。

正直東京在住の3,4人程度と飲むのかと思っていたので、こんなにも同学年の面々が揃っているとは思ってもいませんでしたから、嬉しさも倍増でした。

8期生キャプテンのユウヤが超敏速に取りまとめてくれたようです。

ユウヤのキャプテンシーを改めて見直したよ。(笑)

この世代は思い入れも深い連中です。

保育園時代からの付き合いのある子もいるし、ジュニア時代から付き合いのある子達ばかりです。

クラブ設立から共に歩み、保護者様も含め一緒に苦楽を共にしてきた気がします。

ですから、全員のニコニコとした両親の顔が直ぐに浮かんできます。
※2名ほどは缶ビール持った顔しか浮かんできませんが・・・(笑)

言葉を変えれば、この子達と出会えたからこそ、俺も頑張れたように思います。

県トレゼロ人のこの子達がほぼ全員県トレのヴァンフォーレ甲府を攻撃的サッカーで圧倒して破ってU13大会優勝(旧ナイキプレミアカップ)した事で、もっとこれから入ってくるグランデの子供達に、俺の足りない、クラブに足りないポイントを埋める事はできないかと考えた末にヴァンフォーレ甲府との提携に結びつきました。

この子達の顔を見ると安心します。

みんな良い青年に成長しています。

ジュニアユース時代の思い出話で盛り上がりました。

ユウタロウは相変わらず青春ドラマ風の語りでした。(笑)
ジュニアユース時代は本気で泣きながら仲間を叱咤していたシーンが蘇りました。

ユウタはイガグリ頭のイメージしかないので今の風貌はやめた方がよいでしょう。(笑)まあー薬学部は6年生だしまだまだ勉強漬けだからしょうがないか。(笑)

マサキチは態度だけでなく俺より背もデカクなっていて笑うしかありません。
なんか憎めないよな。(笑)

コウスケはうちの娘と同じ大学なのに知らなかったとは・・・・(笑)コウスケらしいな。

ソウスイは相変わらずの絶妙な立ち位置をキープしているよな。
建築家になるのか環境省の役人にでもなるのだろうか(笑)

シンはデカクなってオヤジと瓜二つで地域を担っていくオヤジになりそうだよな。
御柱が似合いそうだ。

タダはみんなこの顔に騙されるんだろうな。女の子も油断しちゃうんだろうな。そして何気にゲットしていきます。まあーいいやつだ(笑)

リキヤは顔とオヤジ(笑)に似合わず、本当に良い性格しているとずーつと思っています。素敵なヤツです。

カツマも良い子です。まさかこんなにも近くでバイトしていたとは知らなかったです。(笑)

シュンヤはトモキもそうだけど、この二人の試合前のギラギラした眼差しが好きでした。内に秘めた優しさと強さを今回も感じられて安心したよ。

ユウキとは不思議な関係です。クソガキの頃はよく俺にパンチ入れてきてたよな。覚えていないらしいけど。(笑)虎のユウタと同じだけ身長があればユウキのサッカー人生も・・・とふと思う時があります。虎のユウタとも飲みたいです.(笑)

ユウヤとも腐れ縁です。ユウヤのキラキラした目が大好きでした。ジュニア時代スゲー小さくて、一生懸命サッカーやっているユウヤをいつも目を細めて眺めていました。
ジュニアユース時代は心を鬼にして嫌われる覚悟で接しました。

こうして再会してみると改めて、みんな自慢の息子達だと思います。

そんな息子達とこうして一緒に飲める事は最高の贅沢であり私は幸せ者であると感じています。

日頃の苦労??が全てチャラになりました。

1期生から14期生の全てに思い入れがあるだけに、他の連中とも飲みたくなりました。(笑)

もしかしたら、OB連中に堂々と再会できる事が俺の日頃の指導者としてのプライドになっているのかもしれません。

今いる現役の子供達とも5年後、10年後に、OB達のように立派な青年になって一緒に飲める日が来るのを楽しみにして日々取り組んでいこうと思う事ができました。

楽しかった~!
10_11_780
10_11_7897
この時のページ見るとあの時の熱さが蘇ってくる。(笑)

Día del Padre

一昨日、昨日、今日とハードな3日間でした。

遠征から帰宅して4日ぶりにゆっくり風呂入って出てきたら、今まで一緒にいた選手が玄関に立っていました。(笑)

「父の日のプレゼントを作ってきました」
「俺が父?」と言ったら
「サッカーでは父親です」とのことでした。

誕生日は祝ってくれる選手達は沢山いたけど、父の日は初でしたので、全く予期せぬサプライズで嬉しかったです。

俺の事を思ってくれていた、その気持ちが嬉しいです。(^^)!

静岡も木更津も大月も信頼するスタッフがしっかりとサポートしてくれているので俺はのんびりできるのだけど、悔いなく3日間動き回ってやっぱりよかったと確信することができました。

選手をこの目で見続ける事は、指導者の鉄則だからです。

日本サッカーの父、クラマーさんの爪の垢程度までは頑張ろうと思う事ができました。(笑)

今日は娘の誕生日でもあり(電話で御祝いメッセージだけでゴメン後日ケーキ食べましょう)、素晴らしい父の日になりました。

50

それにしても・・・相当時間かかっただろうな。
この道のプロの方が・・・(笑)

51

2017年度こころのリフレッシュ研修会

今日、2017年度こころのリフレッシュ研修会に行ってきました。

と、言ってもJFAではありません。

毎年、妻と八ヶ岳界隈のサクラを観に歩くだけのことです。

サクラの花が咲くとポジティブになれます。
(妻から・・あなた一年中ポジティブでしょ!と突っ込まれました。笑)

春の訪れであり、新学期であり、ピンク色が優しく感じるからでしょうか。

サクラを見ていると本当にこころが安らぎます。

特に今日は穏やかな一日で、風も無く、のんびりと八ヶ岳の空気を吸い込めました。

山高の神代桜は毎年行きます。初詣に行く感覚です。

今年もベストタイミングでした。

日本一古いサクラと言われており、樹齢約2000年、根本周囲約14メートルは本当に浪漫を感じますし、
未だに花を毎年咲かせる事に神秘すら感じます。
思わず手を合わせてしまいます。

今年はその足で、わに塚にも行ってきました。

ここから見る八ヶ岳は最高です。ここも観光地になってきたようです。(^^)!

こころのリフレッシュ研修会を終えて、穏やかなこころで子供達に真剣にサッカーを教えていきたいと思うことができました。

風雪に耐えながらも毎年必ず一年に一回満開の花を咲かせるサクラのように、私も、子供達にこころの花を将来咲かせてあげられる手助けができるように、不動心を持って今日も精進していきたいと思います。(^^)!

余談ですが、昨日まで長男夫婦が孫を連れて金曜日夜から遊びに来てくれていました。
が・・、
日中は公式戦やら遠征やらで、夜は会議等で孫は寝ており孫とはほとんど遊べませんでした。(^^)!
それでも少しでしたが孫も抱けたことで今年はさらに最高のリフレッシュ研修会となりました。
40
日本最古樹齢約2000年。
34

43
明日はどうも雨らしいので、おそらく今日がわに塚は一年で一番ベストの日だと勝手に思つています。(^^)!
45
八ヶ岳とサクラの風景は最高です。(^^)!

ジュニアユース送る会2017

昨日に続き、今日はジュニアユース14期生の送る会でした。

朝8:45から始まり、17:00終了を目指しましたが・・・結局19:00に終了しました。

毎年長いです。決してダラダラやっている訳ではありませんが1,2年生の保護者の方々にはご迷惑をかけてしまい申し訳ありません。

毎年ですが、今年も全力で駆け抜けました。

毎月、毎月のイベント。

正直、本心で言うと・精神的に・疲れました。(^^)!

それでも、子供達の変化を見逃さず、正面から子供達にぶつかりました。

19人の子供達一人一人をどうにか次のステップへ磨いて送り出したい一念だけです。

悩み、葛藤し続けた一年でした。

今日は、この子達の成長した姿と涙が見られた事が嬉しかったし、親御さんとも心が近づけたように感じれた事が一番嬉しかったです。

自宅に帰ると、妻から、
「一年間ご苦労様ね」とシャンペトルのケーキとケルンの桜珈琲のサプライズがありました。

今日はエビスではなく。本当に美味しいケーキと珈琲のひとときを味わえた事でまた明日からコツコツと自分色で、私に素直な心でついてきてくれる子供が一人でもいる限り前へ進もうと思う事ができました。

妻にも感謝です。
ありがとう。

6