家族って素晴らしいな

先日、長男、次男、長女の子ども達3人が、私と妻を1泊2日の温泉旅行に招待してくれた。

久しぶりに温泉にゆっくり浸かれて、久しぶりに心が穏やかになれた気がする。

なによりも、こうして子ども達が僕と妻の事を想ってくれていることが本当に嬉しかったし、みんな立派に成長してくれたことは俺と妻の自慢だし、誇りだ。

本当に嬉しかったよ。

家族って素晴らしいな。
改めてそう感じた。

そんな家族に囲まれて幸せです。

子ども達も同様に幸せな家庭をそれぞれ築いていくのだろうな。

ありがとう!
愛する子どもたち!

そしてこれからもヨロシク!

3
子ども達から、「ありがとう」のケーキまで!
食事もメチャクチャに美味しかった。
7
家族全員で旅行したのは何年ぶりだろうか?
長男が高校生の時がラストだった気がするから15年ぶりかな?
5
31年前に妻と2人でDENを立ち上げた時は想像もしていなかった。
31年後の今、子供たち3人と孫2人に囲まれている。
感謝以外の言葉は見当たらない。
50
部屋にも露天風呂。(^^)!豪華!
35
37
19
28
42
38
飛騨高山はじっくり見て回れませんでしたが、孫たちとも久しぶりに触れ合えたし、本当に素晴らしい時間を子ども達からプレゼントしてもらえました。
2
後ろの旅館の文字は、菅官房長官が掲げた「令和」を書かれた茂住修身氏だそうです。
56
DENに戻ってきてからも、孫たちが遊んでくれました。(^^)!

鋭気を養えました。
自分の生き方に自信が蘇ってきました。
シンプルに生きていきます。

グランデスタッフたちも家族です。

ピテカントロプスは続く。

時代遅れの洋食屋さん

先日、林檎収穫の帰りに「時代遅れの洋食屋おきな堂」さんで妻とランチを食べました。
この日は寒くて風もあり身体も冷え切っていたし、汗もかいてお腹もペコペコでしたから食事をするには最高のコンディションでした。

おきな堂さんは1933年創業の洋食屋さんでした。
椅子もテーブルも年季が入っていて古いです。
所々テープで補修もしてありました。
でも、不思議な魅力があります。
食べる前から、ここの食事はきっと美味しいのだろうな。
お店に入った瞬間の店員さんの挨拶でそう感じました。
そう思える空気感、雰囲気がありました。
静かな館内には歴史の気が充満していて、暖かな、人々を見守るようなオーラがゆっくりと流れているように感じました。

ファミレスや最新レストランはもちろん良いですが、100年近く同じ場所で営業を続いているお店とは比較してはいけないと思いました。

なぜならば、目的がきっと違うからです。
ファミレスや最新レストランはビジネスとして経済活動の上にお客様へサービスを提供してると思います。
だから、利益が出る場所に出店計画を立てます。利益が出なければ早々に撤退します。
何故ならばこの場所への「こだわり」がないからです。

1933年から続いている「洋食屋おきな堂」さんは歴史のプライドを背負ってお客様へサービスを提供しているのだと思います。
だから料理人の方、アルバイトさんもその自負を持って働いているのだと思います。
この場所に、この地域に「洋食屋おきな堂」があることが重要なのです。

もちろんどちらもお客さまに来ていただき満足していただくことは同じでしょう。
お客さんの求めているモノ、目的が違うのだと思います。
安易にノスタルジックで片付けてしまってはいけないです。

世の中の仕組みが変わり続けても、1933年から同じ場所でお店を続けているなんて本当に素敵です。
ちなみに1933年の出来事を調べたら、ヒトラーが首相ナチス政権確立、ルーズベルトが米大統領就任、アインシュタインが米へ亡命・・・ガリンシャが生まれた歳(笑)

室町時代から続いているとか、皇室御用達の歴史ある誰もが知っている名店はもちろん凄いけど、こうして地方で小さな洋食屋さんとして100年近く営業を続けていることは、そんな名店と同等以上に本当に凄いことだと思います。

DENもグランデも目指すのは「時代遅れの洋食屋おきな堂」さんですね。(^^)!

「時代遅れのフットボール」も悪くないと思います。

ゆっくりと流れる歴史の空間で、
期間限定の超熱熱のラザニアと自家製プリンと焙煎珈琲で完璧の至福の時間となりました。
時代遅れは最高です!
時代遅れに感謝です。

時代遅れのオヤジより。

S__20471815
939089

りんごちゃん2019

今年も妻と太田さんのリンゴ畑へ行ってきました。
なにげない日常に感謝しかないです。

リンゴ畑に着くまでは心配もありました。
今年は台風19号で関東から東北そして長野県も長野市を中心として甚大な被害を受けていたからです。
そんな中、太田さんのリンゴ畑はいつもと変わらない素敵な風景でした。
なんだかとても嬉しくなりました。

ここへ来ると本当に落ち着きます。
ゆっくりと時間が流れています。

「おれっちの畑は台風こんかったよ、風はつえーかったけんど、リンゴも我慢してくれてーまぁーどうにかどうにか助かったズラーなー」
「組み合いの会議やけど、被害あった仲間んとことか1年間しか保証してもらえんらしいぞね。今日もその話しだけーね」
「リンゴん木ー育てるにゃー5年はかかる」「1年分ゼニもろうてもどうにもならねー」
「みんな年取ってるけー廃業するぞな」「まぁーそれも仕方ねーと思うしかねぇぞー」
「オレッチだって腰はいてーし、ボチボチがゃなー(笑)」

自然体で生きている太田さんご夫妻といると心が温かくなります。
私達夫婦も太田さんご夫妻のようにいつも笑顔で歳を重ねていきたいものです。

今年もご夫妻の笑顔を見られてよかったです。

上手く表現できませんが、過ぎたことに心囚われず、今にストンと向き合う。
太田さんは自然にそんな生活をなされている。
当たり前のようでこれがなかなかできないのです。
サッカーもここまで達観できる選手が一流なのだろうと思います。

そんな一流リンゴ農家の太田さんに私も少しでも近づきたいと思いました。

ピテカントロプスは歩きだします。

リンゴちゃんに・・・感謝。

IMG_0107
このリンゴ畑も毎年通っているうちに自分の庭のように大好きになっています。
86
車の中はリンゴの香充満です。
S__204718151933年創業「時代遅れの洋食屋おきな堂」さんで妻とランチでした。
林檎収穫の帰りということもあり身体も冷え切っていたのとお腹ペコペコでしたので期間限定熱熱のラザニアと自家製プリンと焙煎珈琲で完璧の至福の時間でした。
感謝です。

白州台ヶ原宿市2019

台風19号から一週間が経ちました。
被災に遭われた方々には心から心配申し上げます。

台風19号の影響は八ヶ岳は奇跡的に本当に少なかったです。
弊社が管理させていただいている白州体育館は200名程の方々が避難なされておりましたが、北杜市役所の方々、スタッフも一緒に寝泊まりをして、無事に皆さんが翌日には帰宅することもできました。
被災地と同じ降水量であったらどうなっていたことかと思うと、
被災地域の方々は大変な日々が続いていると思えば思うほど胸が痛みます。

そんな中で迷いましたが、今年も妻と白州台ヶ原宿市へ行ってきました。

山梨は東京方面の電車も国道・高速道路も一昨日まで寸断されていました。
そんなこともあり、雨も降ったりやんだりで人出がこれだけ少なかったのは初めてでしたが、最終日は天気も回復して賑わいを取り戻していたようでよかったです。

こうして妻とのんびりと歩き、焼きそばとたタコ焼きを食べました。
日曜日にのんびりしているのは初めてかもしれません。

知人やグランデOB保護者様が4組みほど出店もなされていました。
何人かの友人知人にもバッタリとお会いしました。
グランデ選手達にも会いました。(^^)!

なにげない日常のありがたさを感じる瞬間でもあります。

感謝しかありません。

自分にできる事は何か。色々と考える毎日ですが、誠実に前へ進むしかなさそうです。
ピテカントロプスは続く

45
39373844

 

Building Bridges for Children2019

小淵沢アートヴィレッジオーナーである中村さんのご尽力のもと、スイス最大銀行であるUBSさんのBuilding Bridges for Children – 多様化する子どもたちへの架け橋プロジェクトが昨年に続き今年も小淵沢で開催されました。

このプロジェクトは、多様性のある子供達が八ヶ岳小淵沢の自然の中で、スポーツやアート、歴史、仕事、ボランティアなど様々な体験を通じて助け合うこころを持っことをテーマとしています。

そんな体験を通じて、
多様な人達と違う環境の中でも自己表現をどうしていくか、
チームで助け合うことで信頼をどう得ることが出来るか、
自己の弱みをどう強みに変えられるか、
沢山の挑戦と失敗、小さな成功体験の積み重ねによって子供達が自信を持つことができたら、
また自分がやりたい仕事であったり、
将来や進路を考えるキッカケになってくれたら、
と様々な事を学んで欲しい願いがあります。

実はこのことは私自身もここ数年のテーマになっていました。

グランデ・アメージングアカデミー山梨の設立目的もまさにこのテーマを実践したかったからでした。
それがアカデミーの子供達には全く落とし込むことが出来ませんでした。
地元の八ヶ岳の子供達には全力を注いでやっていきます。

私はこのプログラムの一環としてサッカー交流会に八ヶ岳の子供たちとスタッフと一緒に関わらさせていただきました。

デフサッカー女子日本代表の原田明奈選手、酒井藍莉選手も講師としてボランティアで埼玉、静岡からそれぞれ来ていただきました。

二人からは、音の聞こえない中でのコミュニケーションスキルのゲームやトレーニング、質疑応答、そしてラストはもちろんゲームをしながら皆さんと身体を動かして楽しく汗を流しました。

その後も、魚釣りをしたり、野外バーベキューで盛り上がり、夜の交流会では様々な経験を持った素敵なゲストスピーカー4名のお話しを聞き、ディスカッションが行われました。気がつけば23:00近くになっていました。

UBSの皆さんとも様々な事について意見交換もできて沢山の学びと気づきを得る事が出来ました。

このことをどう今後に活かしてくかが、私の使命と思っています。

改めて自分の進むべき道は間違っていないと思いました。

何故ならば身体は疲れても、心が全く疲れないからです。

気持ち良さと自分が得した感覚しかありません。

全てに感謝しかありません。

ピテカントロプスは続く。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
デフサッカー女子日本代表の酒井藍莉選手と原田明奈選手。
二人とも素敵な女性でした!これからのご活躍を応援します!
真ん中はミュージシャン、俳優でもある矢野デイビットさん。
矢野デイビットさんの社会貢献活動は本当に素晴らしいです。5
スイス銀行の皆さんとは足かけ3年の付き合いとなりましたが、本当にこの方々は銀行員、証券マンなのか疑います。(笑)
本当に考え方が柔軟でフランクで、今年初めてお話しした方・・・一緒にいて心地よい方が全員なのです。
やはりトップレベルはサッカーのトッププロ選手と同じなんですね。
人間の質の高さってものの本質です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今年は台風の心配もあり室内で開催でした。
いくつか課題も見つかりましたので修正していきたいと思います。