三人のレンガ職人と三人のサッカー監督

世界中をまわっている旅人が、ある町外れの一本道を歩いていると、一人の男が道の脇で難しい顔をしてレンガを積んでいた。旅人はその男のそばに立ち止まって、「ここでいったい何をしているのですか?」と尋ねた。

「何って、見ればわかるだろう。レンガ積みに決まっているだろ。朝から晩まで、俺はここでレンガを積まなきゃいけないのさ。あんた達にはわからないだろうけど、暑い日も寒い日も、風の強い日も、日がな一日レンガ積みさ。腰は痛くなるし、手はこのとおり」男は自らのひび割れた汚れた両手を差し出して見せた。

「なんで、こんなことばかりしなければならないのか、まったくついてないね。もっと気楽にやっている奴らがいっぱいいるというのに・・・」「大変ですね」
旅人は、その男に慰めの言葉を残して、歩き続けた。

もう少し歩くと、一生懸命レンガを積んでいる別の男に出会った。先ほどの男のように、辛そうには見えなかった。旅人は尋ねた。「ここでいったい何をしているのですか?」
「俺はね、ここで大きな壁を作っているんだよ。これが俺の仕事でね。」「大変ですね」

「なんてことはないよ。この仕事のおかげで俺は家族を養っていけるんだ。ここでは、家族を養っていく仕事を見つけるのが大変なんだ。俺なんて、ここでこうやって仕事があるから家族全員が食べいくことに困らない。大変だなんていっていたら、バチがあたるよ」

また、もう少し歩くと、別の男が活き活きと楽しそうにレンガを積んでいるのに出くわした。
「ここでいったい何をしているのですか?」

旅人は興味深く尋ねた。

「ああ、俺達のことかい?俺たちは、歴史に残る偉大な大聖堂を造っているんだ!」
「大変ですね」
「とんでもない。ここで多くの人が祝福を受け、悲しみを払うんだぜ!素晴らしいだろう!」

~イソップ童話~三人のレンガ職人より~

目的意識なき職人、
生活費を稼ぐ目的の職人、
世に残る事業、世間に貢献することが目的の職人
毎日同じ仕事をしていてもこれだけ人によって生きる意識が違う。

サッカーの世界も、ビジネスの世界も同様てあろう。

ジュニアのサッカークラブを見て廻っている男が、ある街のクラブのグランドに立ち寄ると、監督らしき男がポケットに手を入れて怖い顔をして子供達を怒鳴り続けていた。
その男はその監督らしき男のそばに立ち止まって、「ここでいったい何をしているのですか?」と尋ねた。

「何って、見ればわかるだろう。大会で優勝するために決まっているだろ。毎日、俺はこの子達を勝たせるために教えているのに、こいつらやる気が感じられないんだよ。あんたにはわからないだろうけど、イライラの毎日なんだよ。優勝でもすればうちのクラブに上手い子も増えるんだけどな」
「なんで、こんなことばかりしなければならないのか、まったくついてないね。もっと適当に教えて簡単に優勝しているクラブがいっぱいあるというのに・・・」
男は、その男に慰めの言葉を残して、歩き続けた。

隣の町に行くと、子供達を教えている別の監督に出会った。先ほどの監督のように、偉そうにも辛そうにも見えなかった。
その男は尋ねた。「ここでいったい何をしているのですか?」
「俺はね、ここで子供達にサッカーを教えているんだ。まぁーボールの蹴り方とか戦術とかだね。これが俺の仕事でね」
「大変ですね」
「なんてことはないよ。このクラブの会費のおかげで俺は生活しているからね。俺なんて、ここでこうやって仕事があるから困らない。選手達は俺の大事なお客さんだよ(笑)。嫌われてクラブ辞められたら俺の生活費減るからね。だから親や子供達から嫌われないようにするだけさ」
旅人は、男に励ましの言葉を残して、歩き続けた。

また、隣の町に行くと、別の監督らしき男が活き活きと楽しそうにグランドにいるのに出くわした。
「ここでいったい何をしているのですか?」
男は興味深く尋ねた。
「ああ、俺のことかい?俺は、子供達がサッカーを通じて、試行錯誤しながら判断する力を養って、自分で人生を楽しめる大人になって欲しいと思っているんだ。もちろん簡単なことじゃないよ。第一今結果でないから親達は俺に託せる覚悟があるかどうかだけだからね.(笑)日々真剣勝負だよ。それでも信じている。そんな子供達が世界のビッククラブの主力になる選手になると考えている。ビジネスでも日本はもちろん世界でも活躍できる大人になれると確信しているんだ」「だから自分自身も日々研究勉強している」
「大変ですね」
「とんでもない。こんな山からでも、世界で活躍できる事が証明されたら、俺と同じように挑戦している人達やエリートでない子供達に勇気と夢を与えられると思う!素晴らしいと思わないかい!」
男は、その監督にお礼の言葉を残して、また元気いっぱいに次なるクラブを求めて歩き出した。

~アソップ童話~三人のサッカー監督より~

33
先日、また年輪を重ねました。
目的なき指導はしない、利益は子供達に還元する。
自分の信念を貫き通す決意に迷いなし。
全てに感謝しかない。
前へ進みます。
感謝。

Vacaciones en KYOTO NARA

試験休みを利用して京都・奈良へ行ってきました。

プライベート旅行は丁度一年前に今回同様、京都へ行って以来です。

その時は金閣寺や銀閣寺やら有名所を沢山廻った2日間でした。

今回は少しのんびりと、1日目は奈良をゆっくり歩き、夜は京都祇園を歩きました。

2日目は京都御所、二条城、メインは長男夫婦オススメの東福寺界隈と芬陀院です。

雪舟の寺とも言われる芬陀院は本当に心が落ち着きました。

夕方にお土産も兼ねて二寧坂と産寧坂を歩いてその足で深夜帰宅しました。

それでも、何処に行っても子ども達(選手達)の事を考えてしまいます。

あの子のこと、この子のこと。

悩みは尽きません。

いつも通りの過密スケジュールの1泊2日でしたが、明日からまた1年間休み無しで走り続けられるだけのエネルギーをパワースポットから授かることができました。

京都を歩いていると、飛鳥・奈良・平安・鎌倉・室町・安土・と1000年以上の長い歴史の中の建造物や仏像を見ながら、時代時代の繁栄を想像すればするほど、本当に自分はちっぽけな存在であることに気づかされます。

だからこそ、縁あって出逢えた子ども達や保護者様に、焦らず、自分ができる事を誠実にやっていくことの積み重ねこそが歴史の中の塵の一つ程度の存在価値になるのではないかと思っています。

感謝を感じた2日間でした。

125
126
8

120

35

54

50

56

55

72

73

71

67

66

89

99

106

110

119

109

114

112

Conferencia de fútbol en Hiroshima

第10回目となるJFAフットボールカンファレンスに出席してきました。
今回は広島でした。
今回のテーマ「育成の検証とこれから」ということで興味がありました。

八ヶ岳から東京まで160キロ、東京から広島まで800キロ。
およそ往復で2000キロ弱の長旅でした。

道中はいつも通り、5冊の良書とノート持参でしたので一回も眠らず直ぐに着いてしまいました。とても良い時間でした。(^^)!

カンファレンスの内容については書きませんが、ひとつだけあげるとしたら

デル・ボスケさんのお話しの中で、「サッカーだけしか知らなかったら人生の道に迷うだろう」
「人間としての正しい行動が一番大切で、行動は言葉よりも勝るのですよ」
という優しい口調で話されていた言葉が心に響きました。

デル・ボスケさんを知らない選手がウチのクラブにも沢山いるのには驚きました。
デル・ボスケさんはスペインを率いてワールドカップ、UEFA優勝を制した史上2人目の監督です。レアル時代のUEFAチャンピオンズリーグ優勝も加えると史上初という世界的名監督ですよ。

今回の旅で感じた事をどう子ども達に還元していけるか、
YES、NO 、上手、下手、勝った、負けた、好き、嫌い・・・・。
サッカーとはそんな単純な物ではない。
だけどサッカーはシンプルである。

そんな事を改めて感じた3日間となりました。

沢山の友人との再会が、もしかしたら一番のエネルギーになったのかもしれません。

感謝。

41
43
42
前回は仙台でしたので牛タンを食べに行きました。
今回はやはり、広島風お好み焼きです。
友人達と3件ハシゴしました。牡蠣も美味しかったです。(^^)!
29

36
35
サッカーができる幸せを感じなければいけません。
38慰霊の意を表してきました。

33
路面電車は八ヶ岳では絶対にあり得ないだけに不思議な光景でした。
32
朝の広島市内・猿猴橋からのワンショット。クロード・モネの絵画のようです。
Footballもこうありたいものです。
40
新幹線出発までの3時間。お昼も食べず、ひろしま美術館で過ごしました。
ミレー、マネ、ルノアール、ゴッホ、ピカソ、シャガール、ローランサン等、そしてレオナール・フジタも展示されていました。受胎告知と三王礼拝は大作です。

私はラッセンより普通にゴッホやピカソが好きです。(^^)!

período de prueba

子ども達の試験休みを利用して、横浜元町へ行ってきました。

一応仕事です。(^^)!

渋滞もなく2時間程度で到着しました。

こう見えても、絵画とか、映画とか好きで、元町界隈の風景は絵画や映画に映えることもあり好きでした。
港の見える丘公園、外国人墓地、近代文学館等昔はよく行きました。笑

だからなのか、サッカーにも求めてしまうのかしれません。

美しいサッカーを追求してしまいます。

美しいとは人によって違いますが、その町並みや、人柄から感じ取れる、バックボーンの存在が不可欠なのです。

だから整形した美人の女性の笑顔はもちろん嫌いではありませんが、内面から溢れ出る笑顔の女性の方が美しいと私は感じます。魅力を感じます。

ある程度勝ち進むチームであっても、ストーリーを感じないロングボールを蹴っているサッカーに魅力を感じないのは、それが美しいと感じないからなのかもしれません。

バルサのような歴史と哲学があるチームが大好きです。

元町には古くからある商店が沢山あります。

店主さんがプライドを持って長年お店を営んでいます。

お年寄りの店主さんがスーツをパリっと着こなしてカッコイイです。

ユニクロとか、大手スーパーとかはありません。(たぶん??)

スーパーはユニオンです。ここの紙袋はカッコイイと思った記憶がありました。

きっと元町に来るお客様は雰囲気も楽しんでショッピングに来ているのだと思います。

そしてお客様を受け入れる側にもこころの余裕があるのだと思います。

私のクラブチームもそうありたいと思っています。

価格競争、お客様の奪い合いの激戦区で鎬を削っていることが現代社会なのでしょう。
半年後に行ったら人気店だったお店が違うお店に変わっている。
それが当たり前なのか人々がたいして驚きもせず新装開店のお店に入っていく日常。

元町商店街のように長い歴史の中で自分達のスタイルに誇りを持って商いをし続ける。
ゆったりと流れる時間の中で最高の追求をしていきたいものです。

試験休み期間中もどれだけ自分のこころを磨けるか、自分との勝負です。笑

64
車も私同様にデカクて目立ってしまいました。笑
元町には洒落た車が沢山停まっています。

66
ダニエル家具さんとは20年以上のお付き合いです。

65
DENのステンドグラスです。

67
大きな椅子は私用ではありません。子ども達が座ってお母さんが写真を撮るシーンが幾つもありました。笑

68
お昼は港の見える丘公園でウチキパンのピロシキとカレーパンとメロンパンを食べました。

夜はこのまま目白の学習院大学近くで、スポーツビジネス交流会に出席してきました。
リオオリンピックの金メダリストのトレーナーさんや、大学駅伝のトレーナーさん、プロ野球やJリーグのメンタルトレーナーの方等沢山の素晴らしい方々と交流を深めることが出来ました。

マインドマップ

先週、マインドマップを書いた。

中身はサッカーの事。

自分のサッカー脳。

頭の中を一回整理した。

机の上が様々な書類等で乱雑になった時と同じように、

頭の中に放り込んである様々な事を一度整理して書き出す事をしている。

この作業は2011年にJFAプレジデンツ・ミッション11スポーツマネジャーカレッジ(SMC)を受講したときに学び、それから実践し続けている。

視覚がそのまま頭に仕舞えるから助かる。

メモ程度は頻繁にやつているが、5,6時間かけての思考整理は1年に一度程度やっている。

今回は頭の中のサッカー部門の大掃除といったところだ。

やること、やらなくてもよいこと、優先順位の確認。

ジュニアユース選手、ジュニア選手、女子選手、それぞれに最適な技術と心のトレーニング。

スタッフとのコミュニケーションやテクニックのベクトル。

保護者様達や地域、行政等との信頼関係。

一番は、私のサッカー観というか、理念や思考がブレていないか、

幹をしっかりと太くしていっているか、枝葉ばかりに力を注いでいないか、

そんなことを確認している。

ぶっちゃけ、毎回反省している。

どうしても、代表でありながら、ジュニアユースに居る時間も長いし、ジュニアユースの子ども達の事が夢の中でも考えてしまう。

だからこそ、マインドマップは助かる。

そんなわけで、頭の方は、マッサージできた。

身体の方は、この2ヶ月動かしていないから、解したい、そろそろ5,6キロ走り始めたいと思う。

その時間を作る事もまた、俺の永遠のテーマかもしれない。笑

さて、今日はビールではなく、OB保護者様が遠方よりご丁寧に届けていただいた20世紀をいただいている。

本当にありがたいことだ。

本当に美味しいな。

感謝しかない。

148