マインドマップ

先週、マインドマップを書いた。

中身はサッカーの事。

自分のサッカー脳。

頭の中を一回整理した。

机の上が様々な書類等で乱雑になった時と同じように、

頭の中に放り込んである様々な事を一度整理して書き出す事をしている。

この作業は2011年にJFAプレジデンツ・ミッション11スポーツマネジャーカレッジ(SMC)を受講したときに学び、それから実践し続けている。

視覚がそのまま頭に仕舞えるから助かる。

メモ程度は頻繁にやつているが、5,6時間かけての思考整理は1年に一度程度やっている。

今回は頭の中のサッカー部門の大掃除といったところだ。

やること、やらなくてもよいこと、優先順位の確認。

ジュニアユース選手、ジュニア選手、女子選手、それぞれに最適な技術と心のトレーニング。

スタッフとのコミュニケーションやテクニックのベクトル。

保護者様達や地域、行政等との信頼関係。

一番は、私のサッカー観というか、理念や思考がブレていないか、

幹をしっかりと太くしていっているか、枝葉ばかりに力を注いでいないか、

そんなことを確認している。

ぶっちゃけ、毎回反省している。

どうしても、代表でありながら、ジュニアユースに居る時間も長いし、ジュニアユースの子ども達の事が夢の中でも考えてしまう。

だからこそ、マインドマップは助かる。

そんなわけで、頭の方は、マッサージできた。

身体の方は、この2ヶ月動かしていないから、解したい、そろそろ5,6キロ走り始めたいと思う。

その時間を作る事もまた、俺の永遠のテーマかもしれない。笑

さて、今日はビールではなく、OB保護者様が遠方よりご丁寧に届けていただいた20世紀をいただいている。

本当にありがたいことだ。

本当に美味しいな。

感謝しかない。

148

THEZEN

122

日常は、常に動いている。

日常は、言葉で会話をする。

日常は、同じ姿勢で動かないときはない。

坐禅は、動かない。

坐禅は、自分で自分の身体をコントロールする。

坐禅は、言葉を発しない。

その中で感じ取れるものがある。感じ取らなければならない。

会話をしなくても通じる世界。

周りから見られていることを感じていた人はいましたか?

背中で私の視線を感じられた人はいましたか?

そのような視線を常に感じないといけません。

それがないと成長していけません。

眠くなった人は、それを意識できなかったのではないでしょうか。

社会にでれば尚更、言葉を発しなくても意識して行動しなくてはなりません。

誰も見ていないからという考えで悪い事をしたり、サボったりしてはダメなんです。

自分の心は自分が一番よく分かっていると思います。

良心を磨いていってください。

それが道徳です。

言葉を発しなくても、あなたは常に見られています。

眠いから寝たのでは坐禅ではありませんね。

姿勢を保ち続ける、眠くならないように頑張らなくてはいけないのです。

なんのために坐禅に来たのですか。

心を、精神を磨くために来たのではないのですか?

そこを我慢できる力を身につけられたら、あなたは変われます。

世の中には言葉で伝えない伝え方があるということを学んでください。

高福寺 住職23世水原康道老師
126

第4回スポーツを楽しむ子どもを育てる勉強会

昨年度に続き「第4回スポーツを楽しむ子どもを育てる勉強会」を開催させていただきました。

この勉強会は名前の通り、スポーツを楽しんでいる子ども達が今以上に楽しく心も身体も育んで行ければと願い昨年度より開催しています。

31_01

私自身、子ども達の食生活や怪我の予防や強い身体を作っていくにはどうしたら良いか、勉強しても勉強しても足りないで日々です。
夜練習後の食事方法、試合前のお弁当、コンビニ弁当の場合どんな組み合わせが最適なのか、小学生時代のコーディネーショントレーニングの方法も専門的に勉強しに行きたい。
人間的なこころの成長も考えると日々勉強の連続です。

各ご家庭においても、関心の大小はあるとしても同じように考えているのではないかと思います。
それでも日々の雑忙に追われ気がつけばお子さんの大切なタイミングを逃してしまう。

そんな思いから、はじめの一歩として、小さな集まりを昨年度から初めています。

今回は私の教え子でもある新海大樹君に講演を依頼しました。
彼は中学、高校と県内でも有数の進学校において常に1,2番の成績を取り、全国模試でも常に上位成績であり合格の可能性が高いながらも東大受験失敗という若くして人生最高の経験を得た若者です。(^^)!
31_21
そして現在は25歳の若さながら会社経営をしています。
また地域貢献事業にも精力的に取り組んでいます。

そんな彼自身から提案してもらった「考える力の大切さ」をテーマに勉強会を行いました。

彼が今回の勉強会の為に事前に一生懸命資料作りから取り組んで来たことを感じました。
自身よりもご年輩の皆様を前に緊張したと思いますが、若者らしく真摯な態度で素晴らしい内容であったと思いました。
特に質疑応答では自分の欠点もさらけ出し、彼の真面目さが出ていてとても良かったと思いました。

勉強会において大切な事は、人生経験豊かな方から若者から様々な方の考えを尊重し、お互いが学び、理解しあえる事がなによりも必要です。

私も教え子が25歳の若さでこれだけ立派に話しができて、考える力を持っていることを誇りに思いました。

それにしても私の教え子はキャラの濃いヤツばかりでのようです。(^^)!

大樹。これからもよろしくお願いしますね。

※前回の内容はこちらのブログをお読みください

31_1131_0331_04

31_1531_16

 

 

 

 

ブラインドサッカー体験会

ブラインドサッカー体験会が地元の子ども達を呼んで八ヶ岳・小淵沢にて開催され、
私も携わらさせていただきました。

ブラインドサッカーは7,8年前、黒田智成さんとの出会いからです。
あれから私の中ではブラインドサッカーはフットサル、ビーチサッカーと同様に考えるようになりました。
FOOTBALLなんです。

この体験会の主旨は自然豊かな環境の中で子ども達がブラインドサッカー体験を通じて様々な「気づき」からこころと身体の成長に繋げて欲しいということです。

目が見えるということが実は当たり前の事ではないという「気づき」であったり。

サッカーを楽しむということはこんなにも簡単なことなんだという「気づき」であったり。

俺はこんなにも自然環境の素晴らしい地域に住んでいるという「気づき」と「誇り」を発見できた子供もいるかもしれなかったり。

目をOFFにサッカーをすることで子ども達が自然と身につけて行くことができることが沢山あります。

言葉で自分のやりたいことややって欲しいこと、「コミュニケーション」の大切さを自然に学びます。

友達と目的をひとつにし、認識を同じにしてやり遂げていくという組織作りを学びます。
「チームビルディング」というとカッコイイですね。

難しいかもしれませんが「ダイバーシティ」も学びます。
ダイバーシティとは人間社会における多様性を意味します。
宗教、生活スタイル、価値観、背が高い、低い、太っている、痩せている、足が速い、遅い・・・・。
人間社会は自分の価値観だけが正しいということではない(多種多様な価値観)ということを学びます。

なんだか色々なキーワードを並べてしまいましたが、
私が今回のブラインドサッカーで願ったことは、

ブラインドサッカーを通じて「サッカーって楽しいんだ」。

子ども達もコーチ達もシンプルにそう感じて欲しいという願いでした。

穏やかな秋晴れの中、私も久しぶりに一日中笑顔で心も身体も癒やされて、
最高の一日となりました。
日頃のジュニアユースの子ども達とも毎日そうありたいと願うばかりです。

関係チームコーチの皆様。
最後まで子ども達と一緒になって楽しんでいただけたことを心から感謝致します。

23_12
主催・アートヴィレッジRESORT&SPAオーナー中村和男氏よりエネルギー溢れるご挨拶をいただきました。
23_10
23_07
ハジさんのトークは最高でした。この笑顔と愛嬌に子どもから大人まで惹きつけられました。
23_06
ヴァンフォーレ甲府チームは完全に子ども達から悪役となっていました。笑
23_05
23_02
23_16
22
DENに泊まったこともあるヤンマさんと久々の再会でした。嬉しかったな。
23アートヴィレッジRESORT&SPAオーナー中村和男さん、
ブラインドサッカー日本代表指定選手ヤンマ(山口修一)さん、ハジ(寺西一)さん、
日本ブラインドサッカー協会事務局長の松崎英吾さん、
エフ・ファクトリージャパン河村陽介さん、ヴァンフォーレ甲府のみなさん、
そして中心となって進めていただいたNPO法人スターパワー理事長の伊東宣晃はじめとする関係者の皆さん、
素晴らしい一日を作っていただきありがとうございました。
感謝!

心を整えた2日間

先ほどまで岡山へ行っていました。
片道8~10時間の運転はなかなかでしたが楽しいひとときでした。
大阪からあと3時間20分と表示しているナビを見たときには思わず笑っちゃいました。
まだまだ若者達よりも気力・体力はありそうです。笑

何処へ行っても楽しいことばかりです。
なぜならば新しい発見の連続だからです。
泊まりでありながら着替えもなにも持たずです。
持っていったのは子ども達のサッカーノートと作文とAirMacだけです。
あとはプラドに載せたままの荷物でどうにかなると思って今回も出かけていきました。

改めて、環境とは与えられるものではなく、創意工夫によっていくらでもできるものだと再確認できました。

自分の心を整える2日間となりました。
友人の石井先生、野村先生。感謝です。

12
フットサル全国大会優勝の垂れ幕が真っ先に目に飛び込んできました。
作陽から3名がフットサル日本代表U18に選出されました。
山梨に掲げたかったな。14
作陽のトップチームのTRを見学させていただきました。
まず驚いたのが設備の無さです。(^^)!
ボール袋やミニ・ゴールその他がホームセンターから買ってきた手製のものばかり。

インテリジェンスのイメージが強かっただけに資金豊富に設備も整え都会のスマートなチームを想像しておりました。

そしたら・・・。
山に囲まれ、津山の駅も小さくて・・・なんかうちのチームと同じ臭いがありました。
ここですでに親近感バッチリ。

自分達もお金のないクラブですが、まだまだ知恵を絞り切れていないと気づかされました。

そして週末全国大会初戦前でありながらトップチームが土のグランドでのTR。
この頃ジュニアユースは人工芝を使用させてもらえる機会が増えているのですが、土の方がイレギュラーもするしこの中での止めて蹴るの方がごまかしがきかないという当たり前の事に改めて気がつかされました。

フットサル日本一へ導いた三好コーチともお話もできました。
作陽OBのFCヴィパルテの頼経さんや熊本から来ていたFCアルバランシア監督松井さんとも知り合うことが出来ました。
18
野村さんとは意気投合です。7時間近く呑んでいたと思います。
人生観、サッカー観共に波長があいます。よって永里さんと呑んでいる感覚でした。
また行きますね。
21
いつ寝たか記憶にないのに・・・翌朝の朝練を見学しました。
我ながらよく目が覚めたと思う。
もちろん野村さんは流石です。しっかりと指導しておりました。
2
作陽高校に刻印されておりました。共感します。
17
倉敷の街を岡山で超有名なヤンキー先生・石井先生に案内してもらいました。
カズさん。美味いメシと美味い酒。
2日間心のこもった「おもてなし」ありがとうございました。感謝。
八ヶ岳来たときに恩返しさせてください。
1

4

8有名な喫茶店「エルグレコ」 アイビー発祥の地
7

9
サッカーは芸術ということで大原美術館を見学。
ミレ、ピカソ、モレ、ゴーギャン、ロダン、エルグレコ・・・・様々な作品を観ていると、
みんな作風も手法も全く違う。
サッカーも真っ白いキャンヴァスに好き勝手に描かないとサッカーは芸術の域までは達しないと思いました。
果たしてそのレベルまで極められるでしょうか。

19
こんなお店も覗いてきました。

6
さて、
これから今日のトレーニングとシルバーウィークの連戦そして高円宮杯に向けての準備です。

このところ、なんとなくこころが乱れていた私ですが、
こころを整えられることができました。

感謝。