大事なものは足元にある

学祭の終了した3年生達が掃除に来てくれた。

ここ数日、貯まった掃除を空いた時間を使って日々汗を流していました。
どうにか館内のワックス掛け等は終了したけど、外の掃除がこれからだったし、一人だと数週間かかるのが1日で終わるから本当に助かった。

毎年思うことだけど、この時期になってくると3年生達も少しづつ大人になってくる。

DENに掃除に来る意味も言葉では上手く表せないだろうけど、今の自分には必要な事なんだと感覚で感じられるようになってきているんだと思う。

それが彼らの掃除をしている後ろ姿からも感じられるようになってきた。

以前、某高校のサッカー部コーチが、「靴揃えたり、挨拶しっかりしたところで、サッカー下手だったら意味ねぇーだろう」なんて言っていたと、OB保護者様からご報告を受けた事があるけど、
とても意味があることだし、そこを大切にする意味がわからないレベルをコーチとして採用するんだと呆れたことを思い出した。

なぜならばどんなに強豪高校であっても、部活動は学校教育の一環の中で成り立っている。
その部活動の指導者がそのことを理解できていない。
そしてそのレベルを教育者である学校側が採用して未成年の指導を任せている。

Aチームだろうと、試合に勝ったところで、靴揃えたり、挨拶ができなかったら、将来この子達は大丈夫だろうかと一般常識ある方はみんな理解しているのに。

11

話しは戻るけど、カレー食べてその後、一緒に子供達と見た「プロフェッショナルの流儀」の中でスミザーさんが言っていた言葉「大事なものは足元にある」ということ。

今、咲かせて、来年枯れたら、枯れた花を捨てて、また新しい花を買ってくる繰り返しの庭ではなくて、数年後に綺麗な庭になるための庭を造ることが楽しいということも語っていた。
ナチュラルガーデンの奥深さを語ってくれていた。
うちのクラブも同じ考えでいる。

だから、まずは、自分の足元を見渡してみること。
自分の足元の大事な物を踏みつけていませんか?

本当に身近に大切な価値あるモノ、そして君達を温かく見つめ続けている人がいるということに気づくことが出来ることが幸せの第一歩だと思いますよ。

それにしても・・・サッカークラブなのにサッカーじゃない録画を監督と一緒に見るチームもそんなにないだろうなー(笑)

雨が降ってきてしまったので・・・掃除の続き・・またお願いします。(笑)

27

26

渇望

今日は先方の都合で小田原遠征は中止とはなったが、この3週間の間、帝京第三高校、藤枝東高校、韮崎高校、北杜高校と毎週のようにお相手をしていただいた。

快くスケジュールを作っていただいた監督の皆さんには心から感謝している。
毎回思うが、この恩を忘れてはいけないと思っている。

その間にもクラブ選手権の公式戦もあり、八ヶ岳の田舎の小さなクラブチームでありながらも選手達は本当に恵まれている。

1年生も同様に4月から群馬、静岡、岐阜、埼玉、愛知の強豪チームと遠征・試合を重ね、経験を積めている事は本当に恵まれている。

そう感じているのは俺だけではないと信じたい。

サッカーノートの件や、沢山の試合が組まれているにも関わらず試合に出場していない2,3年生もいる。

俺はそれも含めて、選手達は本当に良い経験を積んでいるし、恵まれていると思っている。

俺と選手達との真剣勝負。

子ども達に真剣に向き合っている事を親は理解してくれている。

親が俺を信頼して黙って息子を見守ってくれている事にも感謝したい。

ただし、子ども達は真剣ではあるのだが、真剣勝負にまでは至っていない。

それは、

「渇望」の差、「情熱」の差があるからなんだと思う。

直ぐに、お腹が一杯(満足)になってしまうんだな。と思う事が多々ある。

きっとコップの大きさがヤクルトの容器程度なんだろう。

この容量を大きくする事が必要だ。それもまた俺の役目だし、まさに今、やり続けている事だ。

一人でよい。

試合に勝とうが負けようが、満足せず、俺にダメ出し出されても、妥協せず、どこまでも食らいついて、目がギラギラ輝き続けて、俺に欲求してくるクソ小僧と俺は出会いたい。

俺は15年前、クラブ設立した時から「渇望」を求め続けている。そして今がある。

求め続けているのは、強いチームを作ることでもなく、プロ選手を輩出することでもなく、

ただ、ただ、「渇望」を求め続けている選手との出会いなのかもしれない。

真剣勝負してくる小僧。出て来い。

「渇望」があるかぎり、前へ進みます。

CORAZON GRANDE!

07_30

THEZEN

122

日常は、常に動いている。

日常は、言葉で会話をする。

日常は、同じ姿勢で動かないときはない。

坐禅は、動かない。

坐禅は、自分で自分の身体をコントロールする。

坐禅は、言葉を発しない。

その中で感じ取れるものがある。感じ取らなければならない。

会話をしなくても通じる世界。

周りから見られていることを感じていた人はいましたか?

背中で私の視線を感じられた人はいましたか?

そのような視線を常に感じないといけません。

それがないと成長していけません。

眠くなった人は、それを意識できなかったのではないでしょうか。

社会にでれば尚更、言葉を発しなくても意識して行動しなくてはなりません。

誰も見ていないからという考えで悪い事をしたり、サボったりしてはダメなんです。

自分の心は自分が一番よく分かっていると思います。

良心を磨いていってください。

それが道徳です。

言葉を発しなくても、あなたは常に見られています。

眠いから寝たのでは坐禅ではありませんね。

姿勢を保ち続ける、眠くならないように頑張らなくてはいけないのです。

なんのために坐禅に来たのですか。

心を、精神を磨くために来たのではないのですか?

そこを我慢できる力を身につけられたら、あなたは変われます。

世の中には言葉で伝えない伝え方があるということを学んでください。

高福寺 住職23世水原康道老師
126

2016クラブ恒例バーベキュー

先日、恒例のジュニアユース&ジュニア合同クラブ親子サッカー&バーベキューが晴天の中、今年も開催できました。

毎年、ジュニアユースの保護者の皆さんが数日前からお米や材料を持ち寄り、当日も朝早くからみんなで協力して準備をしていただいております。

親子サッカーも沢山のお父さん・お母さんがボールを蹴っていただけました。

今年も私は食べるだけです。

机、テーブルまで用意していただき、料理まで運んでくれて、偉そうに食べるだけです。

食べ終われば、美味しいコーヒーまで保護者ママさんが気を利かせて入れてくれます。

毎年、食べながら、噛みしめながら、この瞬間を幸せに思います。

子ども達や保護者方の笑顔の光景が見られる事で、いつも心が和みます。

苦難の連続ですが?????クラブを設立して良かったと思える瞬間です。

クラブは多くの方々に支えられて成り立っています。

八ヶ岳の田舎にこんなにも素晴らしい環境と人々が存在していること。

子ども達は本当に幸せです。

私が一番幸せかもしれません。

私に出来ることはただひとつ、私を信頼して、お預けしていただいている子ども達に対して、分け隔てなく、誠意を持って育てる事だけです。

それだけしか恩返しはできません。

出会いは必然です。

お互いを尊重できる関係でありたい。

この場を借りて、全ての保護者様に御礼申し上げます。

感謝。

田畑雅宏

24_56
24_10
24_51

第5回スポーツを楽しむ子どもを育てる勉強会

昨日は第5回「スポーツを楽しむ子どもを育てる勉強会」を開催しました。
今回も100名を超す保護者の皆様がお集まりいただきました。

今回の講師はヴァンフォーレ八ヶ岳のスタッフでもあります元プロボクシング全日本フライ級4位仲田瑞男さんに「コンデイショニング作りとイメージ作り」について講演してもらいました。

彼は全日本フライ級タイトルマッチにも挑戦し、内藤大助さんと凌ぎを削っていた方です。
大学卒で教員免許を持っている異色ボクサーでした。

13_32
惜しくも判定負けでしたが解説の畑山隆則さんや竹原慎二さんも正統派ボクサーとしてテクニックやファィティングについて褒め言葉が沢山ありました。
13_31

世界を目指し、孤独との戦い、過酷なロードワークを経験した彼の言葉には重みがあります。

そんな中、イメージの大切さを語っている中で、
「思っていないことは絶対にできない」というフレーズがとても心に突き刺さりました。

18歳で運動不足解消で気軽に始めたボクシングが27歳の時には全日本フライ級チャンピオンに挑戦するリングに立っている。

彼の中でこの言葉の時が一番、魂が入っていたからなんだと思います。

当時、内藤大助さんが1位で仲田さんは4位だったそうです。
内藤大助さんは全日本フライ級タイトルマッチ初挑戦は1ラウンドKO負けだつたそうです。
そして2回目の挑戦も負けて、3回目で全日本フライ級チャンピオンになつたそうです。

仲田さんが挑戦した坂田さんも2回挑戦して全日本フライ級チャンピオンになったそうです。

仲田さんは1回挑戦して辞めてしまった事に今でも悔しい気持ちがあるそうです。

もちろんその悔しい気持ちとは、私達には到底理解できないレベルでの言葉だと思います。

ヴァンフォーレ八ヶ岳のスタッフは様々な職歴の方がコーチとして関わってもらっています。

多くのクラブチームがサッカー経験の高学歴の方を評価しているかと思います。

私のクラブは人生経験の高学歴を大切にしています。

なぜならば、サッカーの技術だけを取得に来る子ども達を対象にしているクラブではないからです。

サッカーを通じて人生を、人間性を磨き、一生涯の友人を得る、そんな子ども達を育むクラブを目指しているからです。

「スポーツを楽しむ子どもを育てる勉強会」これからも継続していきます。

13_28

13_26

13_20

13_27
13_29

13_30

13_10