八ヶ岳はもうじき市長選挙です。

八ヶ岳の裾野にある北杜市は11月中旬に市長選挙が行われます。
初めてですが市政について感じた事を書きました。

北杜市は人口4.3万人で人口4.8万人の石垣島よりも少ない市です。
山梨県は東京世田谷区の人口よりも少ない県でもあります。

そんな小さな市の選挙でもスポーツと政治を連想すると、フォークランド紛争・マラドーナ神の手、ユーゴスラビア紛争・幻のアメリカW杯等、国レベルのサッカーに関する出来事も思い出します。

選挙のイメージはどうもネガティブです。
候補者の名前の連呼と手を振る方々、必勝の文字と同じ色のジャンパーでの一体感。みんな地域をよくすると言っていて、私に託してくださいと連呼し、政策はみんな同じみたいでよく分かりません。

ネガティブと言っておきながら、この雰囲気は、強豪チームの応援とどことなく似ている気もします。
チームカラーの必勝Tシャツとタオルマフラーでの一体感。
優勝目指せ!絶対勝つぞ!とメガホンと鉢巻きして連呼する姿が重なります。

市民の皆さんと選手達とも重なります。
応援だけ一生懸命やって大会が終わったら優勝した監督とスタッフと試合に出た選手だけがスポットライトを浴び続けることだけは勘弁です。
どちらも全市民と全選手達が幸せにならなくてはなりません。

選挙では、先ずは現政権の批判からスタートです。
相手の落ち度、弱点を探し続けます。
これもなんだかサッカーの分析に似ています。

それと、今までの実績を自慢します。
これもトレーニングマッチ含めて試合結果を自慢しているチームと被ります。本当に強いチームは試合結果を自慢しません。宣伝する必要がないからです。市民の方々も今の市政に好感を持っていれば実績自慢する必要もないはずです。

何票取れるのか票読みも日々戦略の立て直しに余念がない毎日です。
これもまたJリーグ残留勝ち点の予測と似ています。
あそこが次勝っても、ウチが勝ち点1取って勝ち点33まで持って来れれば当確ラインだ。みたいな。

自分達の考えが正しく、相手は間違っている。
そして勝利した側の政治が行われる。そんな歴史が繰り返されてきました。
サッカーはワールドカップで優勝した国がトレンドになります。

本当に地域の為なのか、市民のためなのか。次世代の為なのか。
勝利した側だけの政治ではなく、ラグビーのように敵・味方の区別がないノーサイドの政治を行って欲しいです。

円柱が真横から見れば長方形、真上から見れば円形であるように、実は両方ともに見方によって四角でもあり円形でもある。
それを上手く利用しているのが政治の恐ろしさでもあります。
サッカーも同様にドリブルサッカーもパスサッカーも実は別々ではなくて円柱と同じだと思います。

同じ政策でも言い回しや、リーダーによって全く違う政策に結果としてなってしまいます。
スポーツの世界、育成でも同じ事が起こります。

真実は日常にしかありません。

ワイドショーネタの様に野次馬を煽るようなSNSに世間がコントロールされてはいけない。情報を操作されてはいけない。
受け手側の水準を上げていくことも必要と感じています。

真実でなくても言ったもの勝ちの世間にはならないようにしていかなければなりません。

現場のリーダーと何度も触れてみないことには真実は見えてきません。
結果は出ていなくとも毎日の取り組みは現場に行けば肌感覚で感じられるものです。
育成も政策も実を結ぶには時間的なズレが生じるからです。

東京からこの北杜市(当時は北巨摩郡小淵沢町)へ移住し3人の子どもがこの地で生まれ成人となりました。
人生の大半を過ごした愛着のある大好きな場所です。
沢山の方々に親切にしていただいたおかけで楽しく生活してくることができています。
これからの若い方々が私と同じように30年も40年も幸せに暮らしていける北杜市を望んでいます。

今回出馬する4人の市長候補者の皆さんとは何度も膝を交えたことがあります。
どの方も友人としてならば素敵な方だと感じます。
しかし、今回、お友達選挙をしてはいけないと思っています。

北杜市の人口は2020年43,422人。25年後2045年31,043人。
2015年15歳〜64歳53.2%、65歳以上36.5%。
2045年15歳〜64歳38.2%、65歳以上54.5%。
総人口指数2015年100として2045年68.8。
0歳〜14歳以下の子ども2015年4,613人。2045年2,273人。
90歳以上2015年1,210人。2045年2,529人。
(国立社会保険人口問題研究所予測データ2018年より)

北杜市は25年後、子どもの数は現在の半分以下になります。
北杜市は25年後、90歳以上のお年寄りの数は現在の2倍以上になります。

新しく北杜市を舵取る方は、火事取る方です。(ダジャレですが核心です)

新しい市長は火の中に飛び込んでいける人。
火事跡を引き受けられる人物。
汗かく役に手を挙げた方こそが真の市長です。
スーツもネクタイも市長室もいりません。椅子は折りたたみで充分です。
長靴とスニーカーと手ぬぐいがあれば充分です。
あとMacBookは欲しいところです。(^^)!

そして北杜市という建物は16年間8つの町村という建物をそのままつなぎあわせてきました。
設計図のない修繕の連続はもう限界です。
柱に害虫が巣を作っているかもしれません。シロアリに食べられている柱があるかもしれません。このままでは北杜市民が住んでいる建物は柱が腐って倒れてしまうかもしれません。

北杜市という建物を設計図から作り直す時が来ています。
8つの建物を振り払い、20年後、30年後のリーダーがいくらでもレイアウトしていけるグランドデザインが必要です。
手抜きゼロの虫食いゼロの耐震偽造ゼロの大きな基礎工事をする事が今回の大義です。
それらを実行できる器のある方が市長にならなければ北杜市はデータ通りに衰退すると危惧しています。

先日、スポーツ環境についてのフォーラムに出席してきました。
沢山のご意見がでておりました。日々皆さんが真剣に意見交換をなされ本当に頭が下がる思いでした。
スポーツ少年団員人数減少。サッカー野球等部活動部員不足。故にスポーツ少年団や部活動を復活させたい。学校統合にも沢山のご意見があるようでした。

昔はこの川で魚が沢山釣れた。だからまたこの川で魚が沢山釣れるようにしよう。素晴らしい事ですが、この川に稚魚を放流しただけでは魚は増えません。
スポーツ環境も同じです。
街クラブもJリーグアカデミーも分母が減るので今と同じスタンスではいずれ目減りしていくことでしょう。
そこへの危機感を承知の上でこれからクラブを立ち上げる若者は今あるクラブをお手本にするだけでなく新しいクラブコンセプトを持って立ち上げて欲しいです。
そうしないと共倒れしていきます。

100年後日本の人口は現在の半分になると予想されています。
世界の総人口は100年後も減らずに今よりも微増していると予測されています。これからのサッカーコーチは世界を意識すれば活躍の場は減らないですみそうですね。

スポーツ環境の定義そのものを根本から変えないと難しいと思いました。

スポーツ環境は生活環境、社会環境、経済環境と密接に結びついています。

平成30年度一般会計決算によると北杜市は歳入303億円、歳出290億円です。
中身を見てみると歳入の35.5%107億もが地方交付税で補われています。
実質は赤字財政です。
歳入の市税76億円に対し歳出48億円が人件費で福祉関係の28億円を大きく上回っているのも気になります。
地方交付税額は毎年減りますので北杜市の実質財政赤字はこのままでは間違いなく増え続けます。
おそらく北杜市と似た地方の市も沢山あることでしょう。

繰り返しますが、スポーツ環境は生活環境、社会環境、経済環境が成り立って初めて成果が現れる環境です。

スポーツに携わる人たちにとっても市政は関係ないと言っていられないのです。
その事は、北杜市民全ての方々にとっても同様です。
今回の市長選びは市民全員にとって、今の子ども達の親にとっても20年後に高齢者となる方々にとっても非常に重要な選挙なのです。

夢を与えることは大切です。でもニンジンではダメなのです。
今までは日本の人口が増え続けて優れた労働力と共に経済成長ができました。
誰もが食ってくることができました。
スポ少も街クラブも立ち上げれば適当にしていてもクラブ員は増えてきました。
これからは人口が減るのです。
もうそんな時代とは決別しないとだめです。

ただ、落胆ばかりではありません。
現実的な希望があります。

高齢者が増えるといことは、元気な高齢者も増えると言うことです。
それは経験豊かなスポーツコーチが増えてくるということです。

第一次生活を終えた方々の第二次生活の生きがいの場が増えます。
そしてスポーツに携われば健康増進にも繋がります。
新しい高齢者の生きがいと雇用が生まれます。

少子化ということは、子ども達にとっては小さいときから行き届いた学びを得る事ができます。

海外人口が減っていないということは、インバウンドのチャンスは増えます。

温暖化現象の中、北杜市は高冷地にあります。ワインやお米農作物も益々北杜市で作れるようになると思います。

屋外スポーツにおいても熱中症の観点からもアドバンテージとなるでしょう。
益々スポーツイベントや合宿等が誘致していけるでしょう。

そして北杜市の持っている八ヶ岳や南アルプスや富士山の景観、自然の産物、資源、交通網は多くの方々が今以上に何度も北杜市を訪れる根拠となるでしょう。

永住人口は減っても、環流人口はいくらでも増やす事ができるのが北杜市の強みです。
他市からは羨ましい市だと思われます。

みにくいアヒルの子が白鳥になるように、
それらをしっかりと見据えられる人間力ある方に北杜市長を託さなくてはなりません。

そして北杜市の未来は住んでいる一人一人に託されていることを自覚して欲しいと思います。

そして、
子ども達が楽しくボールを蹴れる笑顔溢れる八ヶ岳北杜市が続いてくれる事を願っています。
日本中の地方でも子ども達が楽しくボールを蹴れる環境が沢山増える事を祈っています。

田畑雅宏

追伸
4人の立候補者の皆さまへ
誰が市長になられても、その後も力をあわせてください。
みなさん地域を良くしたいと訴えているのですから、市長にならなくても関わり方は沢山あります。
生涯地域貢献を続けてください。
皆さんの信念を貫いてください。
お願いします。候補者の皆さま。

【お知らせ】
noteさんのブログで毎日メモ代わりに書いていますのでよかったらそちらもご覧ください。

本当にサッカーが上手いとはどういうことか

本当にサッカーが上手いとは、風雪に耐え抜いた古木の年輪の如く、
それは、縄文杉のように深い年輪を刻む佇まいみたいな風格なんだと思う。

僕の知っている本当にサッカーが上手い人はKAZUさんだけ。

ドリブルが上手い、パスセンスがある。

タイミングが素晴らしい。

簡単にゴールを決める。

チームに貢献できるプレーをする。

才能に満ちあふれたプレーをする。

誰もが予想しないプレーをする。

試合を決定づけるプレーをする。

本当にサッカーが上手いとは、

僕はそんなことではないと思っている。

サッカーをリスペクトすればするほど、雅楽、能楽、文楽、陶芸、彫刻等の第一人者、伝道師や達人達と同様な選手しか想像できない。

だから、KAZUさんしか見当たらない。
もっとも世界にはKAZUさん同様な人はいるのだろうけど。

本当にという言葉が付くからには「上手い」という言葉にはもっと重みがあるべきだと僕は思う。

ハイテクな新建材の効率的なキレイな家と100年、200年と続く風格漂う日本伝統の木造建造物の綺麗さと比較することに意味を持たないのと同じように、本当にサッカーが上手いもまた、人間の魂の位と比例するものなんだと思う。

僕はそんな小さなプライドを持ってサッカー界の片隅で監督として子供達とボールを蹴っている。
気がつけば30年の歳月が過ぎた。

だから子ども達には、サッカーが上手くなりたいと思う純粋な気持ちを持ち続けて欲しい。
プロサッカー選手になっても永遠に持ち続けて欲しい。

「サッカーが上手くなりたい」と追求し続けられたらなんて素敵なことだろう。

そんなサッカー大好き少年との出会いが僕の人生。

34_1昨日、ヤスさんから電話があった。ヤスさんと話しているといつもエネルギーが沸いてくる。やる気になる。鹿児島と八ヶ岳で思いは同じ。その時もカズさんの話しをした。
ヤスさんは弟のカズさんをサッカー人としてリスペクトしている。なんて素敵な兄弟なんだといつも感じる。
昨年ヤスさんから送られてきた写真。
「上手くなりたい!」って小さいときから50歳超しても今も続けているヤスさんとカズさん。

日常

先日の日曜日のお客様で夏がようやく終わった。

本当にありがたい。
毎年数ある施設の中からDENを選んでいただいていることに感謝をしなくてはいけない。

来年もまた来ていただけるようにベストを尽くしたが、きっと行き届かなかった点だけらけだったと思う。

お客様が来ていただけているから、私は大好きなサッカーに淀みなく挑戦できる。

こんな普通のオヤジがその権利をいただけている事の根底を忘れてはならない。

そんなわけで月曜日から夏の感謝を思い出しながら、掃除モードに突入している。

それでも一日掃除しているわけではなくて来客や電話、、、時間刻みでこれでも多忙なんです。(笑)

週末までに外の掃除が終わらない気がしている。(笑)

結局は汗を流すのが好きらしいことに気づく。

そんなこんなをしているうちに週末がやってくるんだろうな。

感謝しかない。

91
今日は来客の合間をぬってのワックス掛けでした。
台風情報も気になりました。
明日は2階です。(^^)!

92
掃除してたら・本整理して・・読み出したら・・途中からの休憩時間が長くなってしまった。(笑)
もう40年か・4年に一度買い続けていました。(笑)
それでも40年間優勝国はサッカー大国独占の一握りなんだな。

93
昨日は下駄箱の掃除でした。
ここでも寄り道が長くなってしまいました.(^^)!
1983年学生時代バイト代貯めて買ったレッドウイングのアイリッシュセッターブーツ 。
35年前なのにまだ履いています。(^^)!
一年ぶりにオイル塗りました。手入れするのも楽しい時間です。

DEN開業30周年記念

2018年5月12日大安土曜日。
ステンドハウスDEN開業30周年記念祝賀会を友人達が中心となり八ヶ岳・北杜市小淵沢町にて盛大に開催していただけました。

1988年5月1日。
今から30年前、同年4月18日に妻綾子と結婚し、入籍と共に25歳の若造が夢と希望を抱いてこの見知らぬ八ヶ岳の地へやってきました。

あれから30年。

この30年は、本当に浦島太郎の如くあっという間でした。
気がつけば髪の毛も真っ白です。(笑)

開業翌年の平成元年。
長男が生まれた時、この子の笑顔を見ながら「大学なんて出してあげられないだろうな、せめて高校はしっかり通わせてあげられるだけ頑張らないと」。
そんな事を思いながら日々汗を流しいていた若き自分を思い出しました。

それが3人の子供達をそれぞれ東京の歴史ある大学へ一人暮らしをさせて通わすこともでき(娘は大学3年ですが・・・)、どうにか銀行から借りたお金も予定どおり数年前に完済できました。

世間様に迷惑をかけず人並みの生活を過ごさせていただけている。
それだけでも本当に幸せなのに、こんなにも素晴らしい祝賀会を開催していただけたなんて本当に自分は運が良いと感謝しかありません。

DEN開業30周年記念祝賀会ですが、結婚披露宴のように二人で式典に入場でした。
何も聞かされていなかったので戸惑いました。(^^)!
来賓の皆様の円卓を妻と挨拶してまわりながら、30年前の結婚式がフラッシュバックのように蘇りました。
あの時、夢と希望を持った若かりし自分と妻がいて、沢山の方々に祝福されていました。

その時と同じように、30年経った今。
沢山の方々に祝福されている自分と妻が来賓の皆様の円卓を挨拶してまわっている。
そして、30年前と全く変わらず、もしかしたら30年前以上に、今なお夢と希望に満ちあふれている。
これからの人生にワクワクしている自分がいる。
やりたいことだらけの自分がいる。
本当に嬉しい事です。

そして、こんなちっぽけな私が、小さなDENのオヤジが、代々続く老舗旅館ならまだしも、開業30周年というお祝いを盛大にできることは奇跡に近いし、本当に嬉しいし、この八ヶ岳界隈、もしかしたら全国を見渡してもそうそうできることではないと本当に感じています。
それだけに、感無量で、本当に、涙がでそうでした。
泣かないように頑張りました。

企業生存率なる統計データによると30年以上生存する企業はなんと0.02 %だそうです。
1.000社だと998社は生存していなく2社だけしか生き残っていない。
100社だと生存会社率は限りなく0社と言うことです。

私達より後から始めた方で閉められた方も沢山見てきました。
そう思うと、本当に私は運が良かったなと思います。
私の出会った全ての方々のおかげでここまで来られたことは間違いないです。
だからこそ、お客様、友人、地元の方々、1回でもお会いした全ての方々に感謝の気持ちで接するしかありません。

私達の大切な子供達からまさかのサプライズがありました。
長男、次男、長女、ひとりひとりのスピーチは本当に心に浸みました。
ヤバイです。涙が目に沢山溜まってしまいました。
宿泊業なので夏休みも休日もどこにも連れて行ってあげられなかった。
サッカークラブの監督なので息子達二人にはサッカーのアドバイスすら不公平になるからと距離を置いて接していました。
親として何も子供達にしてあげられませんでした。
ひとつだけあるとすれば、私も妻も子供達三人を心の中で愛し続けていた事だけは確かです。
もちろん今もです。(^^)!

DEN開業30周年は、結婚30周年でもありました。
DENの歴史と田畑家の歴史は一緒であり沢山の思い出が詰まっています。

子供達が生まれる前からサッカーの監督。
そして子供達が成人してもサッカーの監督を続けている事に感謝しかないです。

重複しますが、子供達のスピーチを聞いていて、こんなにも立派に成長したのだな。
頼もしいな。

そう感じられたことは、ステンドハウスDEN、グランデを一生懸命やってきて本当によかった。
間違っていなかった。
そう確信になりました。
自分と妻の歩んできた人生に自信を持つことができました。
ステンドハウスDENとGRANDEにプライドを持つことができました。

どんなにDENとGRANDEが繁盛したとしても、自分の子供達がDENとGRANDEを通じて育っていなければ、私はDENとGRANDEにプライドを持つことはできなかったと思います。
我が子達をDENとGRANDEの犠牲にしてしまうことは絶対にあってはならないことだからです。

これからもそのようなスタンスでお客様にも、グランデアメージングアカデミーの子供達にも接して行きます。
人生を歩んでいきます。
それが私の人生観です。

私がこれからすること。

それは、
この30年間、私達を育ててくれたYATSUGATAKEとFOOTBALL。
全精力を注ぎ込んでYATSUGATAKEとFOOTBALLに恩返しする30年にすることです。

「無私他利」の精神で人生を妻と共に歩んでいきます。

感謝!

2018年5月吉日
田畑雅宏

33
45
44

40
39
2932OLYMPUS DIGITAL CAMERA46
373893
94
95
25
週末ということもありサッカー関係者の皆さんは現場でした。(^^)!
沢山のサッカー仲間からメッセージやお花いただきました。42
43子供達からのプレゼント。そして子供達それぞれの手紙を後日ゆっくり読んで妻と泣きました。(^^)!
26
ここ毎日、玄関、リビングに花が溢れています。
とても良い香りに満ちています。24
3ヶ月かけて時間の合間に作り上げた記念誌。(^^)!

これからもよろしくお願いいたします。
田畑雅宏

DEN30th Anniversary

本日、ステンドハウスDENは30歳の誕生日を迎えました。
1988年5月1日。
資金も地縁も全くなかった25歳の世間知らずの若造が東京から夢と希望を抱いてこの八ヶ岳の地でDENを開業しました。
気がつけばDENで生まれた三人の子供達はみな成人し、孫も生まれ、白髪の54歳になっちゃいました(笑)
出会った全ての皆様のおかけでどうにかここまで歩んで来ることができました。
これも私が出会った全ての皆さんのおかけです。
まだまだ私は前へ進みます。
妻共々、
これからもお付き合いの程よろしくお願いいたします。
感謝。
田畑雅宏

24
80ページのDEN_BOOK作成しました。
22
友人の前田さんからです。ありがとうございました。
25
友人のヤスさんからもいただきました。
他にも友人の皆様沢山のメッセージありがとうございました。
23
いつもと変わらない日常ですが、ささやかながらケーキでお祝いです。(笑)