本当にサッカーが上手いとはどういうことか

本当にサッカーが上手いとは、風雪に耐え抜いた古木の年輪の如く、
それは、縄文杉のように深い年輪を刻む佇まいみたいな風格なんだと思う。

僕の知っている本当にサッカーが上手い人はKAZUさんだけ。

ドリブルが上手い、パスセンスがある。

タイミングが素晴らしい。

簡単にゴールを決める。

チームに貢献できるプレーをする。

才能に満ちあふれたプレーをする。

誰もが予想しないプレーをする。

試合を決定づけるプレーをする。

本当にサッカーが上手いとは、

僕はそんなことではないと思っている。

サッカーをリスペクトすればするほど、雅楽、能楽、文楽、陶芸、彫刻等の第一人者、伝道師や達人達と同様な選手しか想像できない。

だから、KAZUさんしか見当たらない。
もっとも世界にはKAZUさん同様な人はいるのだろうけど。

本当にという言葉が付くからには「上手い」という言葉にはもっと重みがあるべきだと僕は思う。

ハイテクな新建材の効率的なキレイな家と100年、200年と続く風格漂う日本伝統の木造建造物の綺麗さと比較することに意味を持たないのと同じように、本当にサッカーが上手いもまた、人間の魂の位と比例するものなんだと思う。

僕はそんな小さなプライドを持ってサッカー界の片隅で監督として子供達とボールを蹴っている。
気がつけば30年の歳月が過ぎた。

だから子ども達には、サッカーが上手くなりたいと思う純粋な気持ちを持ち続けて欲しい。
プロサッカー選手になっても永遠に持ち続けて欲しい。

「サッカーが上手くなりたい」と追求し続けられたらなんて素敵なことだろう。

そんなサッカー大好き少年との出会いが僕の人生。

34_1昨日、ヤスさんから電話があった。ヤスさんと話しているといつもエネルギーが沸いてくる。やる気になる。鹿児島と八ヶ岳で思いは同じ。その時もカズさんの話しをした。
ヤスさんは弟のカズさんをサッカー人としてリスペクトしている。なんて素敵な兄弟なんだといつも感じる。
昨年ヤスさんから送られてきた写真。
「上手くなりたい!」って小さいときから50歳超しても今も続けているヤスさんとカズさん。

楽しく汗をかいたのでビール。

今日は暑かった。

汗はかいたけど、少し違うよね。
DENCUPで毎年選手達と出場しているけど今年はまだゼロなんだよな。
早くボール蹴りたいな!
そんな汗を沢山かきたい。
汗を流せないストレスは一番よくない。(笑)

昨日、今日と何度も来て頂いてる某最高学府大学サッカー部OBのみなさんとお会いでき嬉しかったし、夕食を出した後も、サッカーのお話しを聞いてくださり、アカデミーの将来に向けての貴重な沢山のヒントになったアドバイスをいただけて本当に感謝しています。
それなのに朝は高円宮杯に出かけてしまいお見送りせず失礼してしまい申し訳ない気持ちで一杯です。
この場を借りてゴメンナサイ。(^^)!

そんな高円宮杯の初戦もあったりと相変わらずのどこでもいつでも真剣全力な一日でした。

そんな日常の中で、今日はなによりも一人の選手と一緒に日没まで一緒に汗をかけた時間が一番楽しかった。

とても気持ち良く汗がかけた。2回もシャツを取り替えた。

こうしてブログに書いちゃうと深読みする大人もいるのかもしれないけれど、そんなことはどうでもよくて、自分の気持ちを書いただけ。

なんだかんだ、必要はなくて、サッカーもそうだけど、シンプルに考えて、楽しめばよいだけ。

人生もそのほうがスッキリ。

返信溜まっているメールはこれから書きます。(^^)!

97
まだまだ終わらないけど、DENコートもどうにか綺麗になってきた。
4時間もありがとう!

53
今日の高円宮杯には甲府南に進学したOBも応援に来てくれた。
背伸びたな。