Informe de España~CampNou

ついに、欧州最大のスタジアムCamp Nouへ来ました。
スタジアムで生メッシ観戦です。(^^)!

1982年スペインワールドカップ準決勝 ロッシが2得点してポーランドを撃破したゲームはテレビで観戦していました。
そのスタジアムがカンプノウでした。
決勝戦はサンティアゴ・ベルナベウで、イタリアがドイツに3-1で優勝しました。
マルコタルデリの決勝点の走りながらのガッツポーズ叫びは今でも鮮明な記憶に残っています。この頃のユーベのユニフォームが一番カッコイイと思っています。

カンプノウは当時は12万人収容でしたが、今ではFIFAの規約で9万9千人になったと思います。
同時期にマラドーナのバルサがレアルに2-1で勝利した国王杯決勝も凄かったです。
他にもバルセロナの本拠地として数々の熱狂に包まれた世界最高のスタジアムであることは確かです。

何故だが、スタジアムが見えてくると、走りたくなります。早歩きになってしまいますね。(笑)
26

345
息子達がまだ小学生で一緒に来ていたら絶対買っていますね。(笑)
ユニフォームとマフラー巻いて応援していますね。(笑)

229

スタジアムの壁には世界中のバルセロナのファンクラブ(ペーニャ)のプレートが掲げられていました。300以上はプレートがありました。
聞いたら、バルセロナ公認で3.000団体以上世界中にあるって言っていました。
何人世界中にバルセロナファンがいるんだろう。
一人年会費1.000円だとしても・・・規模が凄すぎます。

182
233

43
私の生まれた歳のファンクラブを見つけました。
234
こちらはDENを創業した1988年を見つけました。

184
ハンガリー出身の当時バルセロナの選手であったクバラ(Ladislao Kubala)選手の銅像。スタジアムの入り口にありました。
みんな記念撮影していました。アメリカ人と中国人シャツター押してあげました。

1950年代のバルセロナ黄金期スター選手で、スペイン代表監督も10年以上就任した偉大な方らしいです。
188
そんなクバラさんの銅像を観ている地元のオヤジを見ている日本から来たオヤジの風景(笑)
なんか、良い風景でした。
183

401

397
感動の瞬間!!!!
2
1
400
実はバルサエリートキャンプで同時期に来ていたキラとタケルにカンプノウで会えました。
もちろん飛行機や滞在期間も含めて、行動はずっと別々です。
バルセロナのこの地に八ヶ岳の監督と選手が一緒にいる事自体が奇跡です。
そんなカンプノウを背景にした奇跡のスリーショット(笑)
数年後、八ヶ岳の選手がピッチに立っている姿を背景にしたショツトが実現したら笑っちゃうだろうな(笑)398
399

219
213
216206
209
200
スタジアムラストまでいました。警備員さんから早く出てとおそらく言われました。
34

36

世界最高峰のクラブチームのスポンサーが20年前はまだ誕生していなかった日本企業なのだから、田舎の八ヶ岳が20年後に大きく進化していても不思議ではない。(笑)
選手の君達も同じだよ。

楽天的に行きましょう!

フットサル日本代表VSアルゼンチン戦

先日、1月25日(木)フットサル日本代表VSアルゼンチン戦を観戦してきました。

フットサルの代表観戦は本当に久しぶりです。
代表戦前に開催されていたJFAフットサル研修会に参加したのですが、偶然にもイナさんとタニさんと一緒でした。
講師はマエさんでした。

イナさんは元日本代表で名古屋オーシャンズ時代には最優秀選手と得点王も獲得した、今で言うところの森岡薫選手のような魅力ある選手でした。
※今も魅力ありますけど(笑)
イナさんとはFリーグができる前のカスカベゥ時代にDENに宿泊してくれたのでもう18年?くらい前となります。
昨年も女子チームを連れてDENに来てくれました。

タニさんは元日本代表コーチもつとめ、Fリーグ府中アスレティックの監督に就任して5年目となり今が一番成長している監督です。
タニさんとはタニさんが監督になる前からのお付き合いで、育成年代のサッカーやフットサルにもとても研究熱心で毎回話しをしていても飽きません。

JFAフットサル研修会の後、一緒にタクシーで試合会場へ行きました。

そしたら、元日本代表監督のミゲルさんと再会できました。
ミゲルさんは4年前に私がフットサルB級受講の時の講師をしていただき、2年ぶりの再会でした。
今はベトナム代表の監督をなさっています。
大袈裟かもしれませんがミゲルさんは日本フットサル界の父と呼んでよいくらい私達は沢山の学びを得る事ができました。
インテグラルトレーニングはミゲルさんの代名詞となっています。

また、元日本代表の天才レフティーのテツさんも合流して一緒に観戦しました。

他にもフットサル界の友人とも少しの時間ですが再会できました。
※この日泊まりだったら一緒に夕メシ食べられたのに!

試合の方は、アルゼンチンの選手達のボール扱いの軟らかさと状況判断の良さが目に付きました。
中でも11番アラン・ブランディのボールキープ力に伴う攻撃力と8番セバスティアン・コルソの守備の巧みさが目に付きました。
日本はアジア選手権を目前に控えたメンバー選考や調整も含めると致し方ないかと思いますが、チームとしてはこれからかと感じました。
強い日本に成長して行くことを望んでいますし、強くなると感じました。

あと、毎年DENに来てくれている皆本晃さんがキャプテンとして凛々しかったし、渡邉知晃さんもクレバーなプレーは健在で、二人の勇姿をナマで観られて最高でした。

育成年代のサッカーに活かせる事だらけでした。
やはり、フットサルって最高です。
21
私の大切な友人達です。今年もDENで待っています。(^^)!
24
23

42thDENCUP~OPEN

2018年1月28日。
第42回DENCUPオープン大会を開催しました。
2017年1月29日にDENCUPを開催して以来、本当に1年ぶりのDENCUP開催となりました。
この一年の間、沢山の方々から「DENCUPいつ開催されるのですか」?
というお問い合わせをいただきながら、「スミマセンもう少し待ってください。連絡致します」と言いながら1年もの間、開催できなかった事を本当に申し訳なく思っております。
この場を借りてお詫び申し上げます。
理由は・・・もう少ししましたら詳しく書きますが、他事業を大きく変換進化させる作業に力を注いでおりました。
また、チームも、サッカーへの取り組むこころが難産な選手が多く、2017年度はフットサル関東大会予選、フットサルリーグ戦を含めDENCUPにも参加に値しない状態でした。
そんなわけでDENCUPにも、なかなか取り組めないでおりました。

今年は、思考を変えました。
そんなこともぶっちぎって、DENCUPも含めて自分が楽しむ事にしました。(笑)
俺について来い! で行きます。(笑)

そんなわけで、DENCUPオープン大会。
グランデ時代の大好きなOB達と一緒に楽しみました。

韮崎高校や千葉の暁星国際高校の高校3年生達も楽しんでくれました。
サッカーを真剣にやり通したこの時期だからこそ、フットサルも楽しかったと思います。
高校生の保護者さんと思われる方々も沢山応援席で観戦なされていたり、ビデオを回したり、選手達に差し入れをしていたり、とても良い風景でした。
やはり、親が応援してくれるのと、送迎だけでゲームを観ないのとでは子供のモチベーションもちがってくると感じました。

話しは戻りますが、DENチームは決勝まで勝ち上がりましたが、フットサルを日頃から勉強していて個々もしっかりしていたSESAMEさんにラストに3連続失点で引き離されて完敗となりました。(笑)

それでも、毎度のセリフですが、今回もオープン大会にも関わらず8得点できてよかったです。
得点王確定かと思いましたが、下位トーナメント決勝ラストゲームで4得点取られてひっくり返されました。(笑)

今年は55歳になりますが、孫もいて、長男は30歳だというのに・・・。
妻からは・・・こころから、運営だけやっていなさいと言われて続けております。(笑)

こうやって、汗を流せて、サッカー教室の保育園周りしていた当時の園児達と肩組んで真剣勝負している自分は何事にも変えられない価値があります。

頭も真っ白ですが(笑)、これからも純粋に真っ白でサッカーやフットサルに接していきたいと思います。

いやー楽しかった。怪我なく腰も痛くなくて。

ビールが美味いです!

30

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

35
頭・真っ白!(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

21
3日前のフットサル日本代表戦後だけにDENCUPによいモチベーションで挑めました。(笑)

蹴り納め

2017年12月31日も子供達と一緒に汗を流す事ができました。
本当に嬉しい事です。
そして、こうして健康であること、OB達が顔を見せてくれること、
ありがたいことです。
感謝しかありません。

今年は、クラブが大きく成長する決断をした年でもありました。
言葉を変えると、クラブというよりも、育成に対するいままでの考えていた事、内に秘めていた事についに挑戦する決断をした年といえます。

この挑戦が多くの育成指導者になんらかのメッセージを与えられ、一石を投じられるのではないかと思っています。

それだけに、現場以外への活動が尋常ではないほど増えたこともあり、9月のクラブ内フットサル大会以来、ようやく・・・身体を動かしました。
55分ハーフ×2本フル出場は流石にオーバーワークでした。

もちろん、みんな気を使ってくれてパスをくれたんですが、1点しか取れませんでした。が、今年もゴールを奪えてなによりでした。(笑)

DENフットサル大会も結局1回しか開催できませんでした。
DENフットサルの常連さんの方々には本当にもうしわけない気持ちと私自身も一緒に汗を流せなかった事が残念ではありました。(^^)!
2018年はどうにか開催していきたいです。

また、OB保護者様、現役保護者様等、今年一年のご挨拶に来ていただいたり、おこころざしを頂いたりと、本当にありがたい事です。

その感謝に報いること。それは。
私にできることは、A,B関係なく、保護者様も関係なく、常に子供達の目線で、子供達から見て、日々努力している子を正当に評価し、フェアに接する事です。
県トレだろうが、親が騒ごうが(騒ぐ親はいません)関係ありません。(笑)

2017年も本当に、新しい出会いが沢山ありました。
サッカー関係はもちろんですが、サッカー関係ではない社会の第一線で活躍している方々から頂いた刺激は糧でありエネルギーになりました。

そして、1月の広島、富山から始まり、12月のスペインと、今年も様々な場所へ行き、身体で、こころで、育成サッカーを感じてきたこが、年輪としてまた1年分、沢山蓄積されました。

これらを子供達に、地域にと還元していくのが私の使命であると思って行動しております。

2018年も謙虚な気持ちを持ち続け、大先輩方から学ばさせていただき、年下の方々からも学び続けて行きたいと思います。

妻、そして3人の子供達にも感謝し、私の財産である沢山の友人達に感謝です。

2017年もありがとうございました。

2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

感謝!

2017年12月31日 田畑雅宏

26
16
25

DENワインで祝杯報告!

先日、ブラインドサッカー日本選手権で優勝した、
たまハッサーズの黒田さんから「お約束通り、いただいたワインで日本選手権を祝うことができました」
と連絡がきました。

67j

6月にDENで合宿してくれた時に、
「優勝した時にみんなで勝利の美酒でDENワイン飲んでくださいね」
って渡したDENワインが本当に日本一になってみんなで飲んでくれて嬉しかったです。
もちろん繁忙期で無理でしたけど、できれば私もその宴に居たかったです。(^^)!

img20151104233838380297

数回前にDENに来て頂いたときも4冠でした。
今回は3.5冠ということですが、金メダルのブラジルに惜敗しただけで、日本では負け無しなので前回同様以上の価値があると私は思っています。

1.東日本リーグ2016:優勝:6勝0敗。クラブチーム選手権出場権獲得。

2.マーブルカップ2017年2月19日:優勝

3.KPMGカップ ブラインドサッカークラブチーム選手権2017
:2017年3月25日・26日:準優勝
:決勝戦リオデジャネイロパラリンピック金メダルのブラジルに2-0で惜敗、
国内クラブチーム最高位の2位。

4.第16回アクサブレイブカップブラインドサッカー日本選手権
:優勝:5年ぶり4回目の日本一。

20229053_1488547947872616_2471896683755266961_n

これからリーグ戦も始まるし、どこかのタイミングで応援に行ければと思っています。

以下、たまハッサーズさんの情報です。
<東日本リーグ 開催>
2位までのチームにクラブチーム選手権の出場権が与えられます。
第1節 8月27日(日)  帝京科学大学(東京都足立区)
第2節 9月2日(土)    筑波大学(茨城県つくば市)
第3節 9月30日(土)    文京区小石川運動場(東京都文京区)
第4節 10月22日(日)   慶應義塾大学日吉キャンパス(神奈川県横浜市)
第5節 11月12日(日)   しながわ中央公園(東京都品川区)
第6節 12月17日(日)   新宿コズミックセンター(東京都新宿区)
第7節 12月24日(日)   福生市営福生野球場(東京都福生市)

ハッサーズの面々の素敵な笑顔に負けないように私も子供達と勝利の美ジュースが飲めるように頑張ります。(笑)