44thDENCUP~OPEN

2020年の今年もどうにかどうにか第44回DENCUPオープン大会が開催されました。

オープン大会は毎年強豪サッカー部の高校生達が参加してくれます。
DENCUPから大学サッカーはもちろん、Jリーグや海外で活躍している選手もいます。

そんな中、今年もヴァンフォーレ甲府ユースや韮崎高校のチームも出場してくれました。

自分の息子達よりもさらにひとまわり年下のバリバリパワフルな若者達や社会人フットサルチームの鍛えられた方々との対戦ですので57歳の私としてはとにかくとにかく怪我無く終了したい気持ちで参戦しています。
それでも・・・ゲームが始まるとやる気満々でアップしてしまいます。
5分だけと言いながら結構出てしまいました。毎年の事です。(笑)

昨年は準優勝までいけたので今回予選敗退となり悔しさもまだある自分です。(笑)
それでも得点も取る事ができたし、怪我も無く、若者達にも手加減して??お相手頂けたのでありがとうございました。(笑)

毎年思いますが、ヴァンフォーレ甲府や韮崎高校等の高校生達はこの先、大学等でサッカーを続ける人、サークルとかフットサルとかを楽しむ人、社会人となる人、きっとそれぞれかと思います。
それでも彼らのプレーを観ていると、もっともっと自分が上手くなりたい、上を目指したいという気持ちが上回ればきっとまだまだ輝けるのだろうと毎年感じます。
それくらい才能があると感じるからです。
もっともサッカーだけが人生ではないので他の分野に興味を持って大学生活を自身の糧にすることは非常に大切だと思います。

要は自分で自分の人生を決めていく歳になってきたのだと思います。
お金を出すのは親であることだけは理解して欲しいですが。

社会人として働くことは更に素晴らしい事だと思います。
何故ならば自分で稼ぐからです。

話しが脱線しましたが、どうしても高校生達の躍動している姿を見ていると清々しくて、無限の可能性も感じてしまいます。
なんだか親の気持ちになってしまうのです。
そして、この歳になると。若さゆえになんでも挑戦できるのにと思ってしまうのです。

とにかく今年もDENCUPが開催できて、こうして若者達や息子や息子の友達、OB達、そして十数年前から参加していただいている方々とボールを蹴れた事に幸せを感じます。

この場を借りて御礼申し上げます。

みなさん!ありがとうございました。

感謝
2020.02.02
主催者 田畑雅宏

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

44_980_134

44_980_127

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

25thDENCUP~Oyaji

2019年ラストのDENCUPも無事終了致しました。
今年も締めはオヤジカップでした。

今回もフル出場して楽しむ事が出来ました。
オヤシカップは大人から子供までみんなで笑顔で汗を流せるので大好きです。

世の中がオヤジカップの仕組みだったらどんなに毎日がハッピーなのだろうと思います。
オヤジカップは相手をリスペクトすることからスタートです。
リスペクトとは相手のストーリーを考える事からです。

相手が女の子なのか子供なのか、オヤジなのか。
サッカー経験者なのか日頃身体を鍛えているのかいないのか。

日頃は運動していないオヤジの方だったら足けられたけどまぁー仕方ないか悪気ないだろうし・・・一杯一杯でプレーしてるんだろうし・・・明日の仕事怪我しないで・・・色々と相手のことを敬うことからゲームに入る。

子供女性であれば正当なチャージでももちろん相手が怪我する可能性を感じたらやらない。
GKが女性子供であれば強いシュートも考える。
本当に当たり前の事なんだけど。

そしてそれに見合ったハンデを両者が気持ちよく受け入れて成立する大会だからです。

バリバリ上手い方こそ相手を敬い、女性子供等の弱者と言われている方々がハンデの権利を主張することもなくそれでもお互いが対等であるマインドがベースにある大会。
それがオヤジカップです。
だから勝っても負けてもみんな爽やかな笑顔なんだと思います。

このベースが日常の全てだと思っています。
本当に上手い方は心に余裕があります。誰が見てもわかります。
社会においても同様です。

このオヤジカップのマインドを改めて再確認して、2020年はアイ・ラブ・フットボールのスピリッツで精進していきます。

今回も皆様から沢山のエネルギーをいただけました。
この場をお借りして御礼申し上げます。

みんなで楽しもう! それがフットサル!

皆様。
良いお年をお迎えください。

敬具
主催者 田畑雅宏

OLYMPUS DIGITAL CAMERA117

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

109thDENCUP~beginner

2019年もあと少しで2020年です。
そんな中、どうにかどうにかDENCUPを開催することができました。
今年ほどボールを蹴っていない年はありませんでした。
自分の身体も心も一体誰のものなのか分からなくなるほど奔走した年でした。
それだけに、改めて汗を流せる事がこんなにも素敵な事なのだと感じることができました。
もっとも今年は体調も崩したりもあって身体も作っていないので怪我も含めて心配でしたが、終わってみれば6試合フル出場で怪我なく20数年続く第1回から109大会連続得点記録も更新して5得点もゴールを決めることが出来ました。(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

正直、この歳で一人浮いていると思います。(笑)
それでも、
円陣を組んだり、ハイタッチをしたり、真剣にプレーしている時間は何も考えずに童心に戻ってプレーしています。
だから楽しいのだと思います。
また、この歳になっても息子や教え子達と一緒にプレーできることは幸せだと思っています。
何故ならば自分が子供だったら親父と一緒にプレーしたいからです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それと、今回のゴールはどれもイメージ通りの駆け引きで決める事ができたこともよかったです。
年齢とともに瞬間的なスピードは相当劣化しています。
それを認識しているからこそ、自分にあったプレーを早く選択することと相手の行動を予測することを考えてプレーすることが楽しいです。
剣道とか柔道で師範の方が高齢なのに強いのがなんとなく分かってきました。
まぁー
ゴールを決めた時の感触は最高なのでやめられないですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

僕の歳でも楽しめる事を感じていただき皆様もずーっとサッカーやフットサルを楽しんでいただけたらと思っています。

DENCUP参加の皆様にはこの場を借りて御礼申し上げます。
これからもよろしくお願いいたします。

感謝!
DENCUP主催者 田畑雅宏

100
グランデのOB達も顔を出してくれた。
彼らとも久しぶり楽しい時間を共有できた。
お互い真剣に過ごした3年間。そして3年間の高校生活を終え大学や社会人となって立派に成長していく姿が頼もしく感じた。
それが一番嬉しい。
ここからが本当のスタートだからな。
これからの君達の未来を楽しみにしているよ!

グランデフットサル大会

9月23日に第2回グランデフットサル大会を開催しました。

過去第1回グランデフットサル大会はジュニアユースとジュニアと別々に開催しましたが、今回は合同で開催しました。
もちろん優勝はスタッフチームでした。
みんな大人げなくてゴメンね(笑)

今年は本当に色々な出来事が重なり、4月からボールを蹴る時間は全く作れずでした。

そんなわけで、
先ずは動けるかの課題。(笑)
怪我はしないように無理なプレーは諦める。
それでも得点は沢山取る。
そして子供達と一緒に楽しもう!
でした。

なによりも楽しく出来たし、
自分が2001年に設立したクラブが、
そしてクラブが管理している体育館で、
こうしてスタッフ達や子供達が笑顔で楽しくボールを蹴っている風景を見ていると感慨深いものがあります。

やはり、純粋にボールを蹴れるって素晴らしいですね。

大切な事を忘れずに前へ進みます。

ピテカントロプスは続く。

11

0902322
0902312
09023140902307
0902315
0902316
0902319
0902317
0902308
0902313
0902301

Building Bridges for Children2019

小淵沢アートヴィレッジオーナーである中村さんのご尽力のもと、スイス最大銀行であるUBSさんのBuilding Bridges for Children – 多様化する子どもたちへの架け橋プロジェクトが昨年に続き今年も小淵沢で開催されました。

このプロジェクトは、多様性のある子供達が八ヶ岳小淵沢の自然の中で、スポーツやアート、歴史、仕事、ボランティアなど様々な体験を通じて助け合うこころを持っことをテーマとしています。

そんな体験を通じて、
多様な人達と違う環境の中でも自己表現をどうしていくか、
チームで助け合うことで信頼をどう得ることが出来るか、
自己の弱みをどう強みに変えられるか、
沢山の挑戦と失敗、小さな成功体験の積み重ねによって子供達が自信を持つことができたら、
また自分がやりたい仕事であったり、
将来や進路を考えるキッカケになってくれたら、
と様々な事を学んで欲しい願いがあります。

実はこのことは私自身もここ数年のテーマになっていました。

グランデ・アメージングアカデミー山梨の設立目的もまさにこのテーマを実践したかったからでした。
それがアカデミーの子供達には全く落とし込むことが出来ませんでした。
地元の八ヶ岳の子供達には全力を注いでやっていきます。

私はこのプログラムの一環としてサッカー交流会に八ヶ岳の子供たちとスタッフと一緒に関わらさせていただきました。

デフサッカー女子日本代表の原田明奈選手、酒井藍莉選手も講師としてボランティアで埼玉、静岡からそれぞれ来ていただきました。

二人からは、音の聞こえない中でのコミュニケーションスキルのゲームやトレーニング、質疑応答、そしてラストはもちろんゲームをしながら皆さんと身体を動かして楽しく汗を流しました。

その後も、魚釣りをしたり、野外バーベキューで盛り上がり、夜の交流会では様々な経験を持った素敵なゲストスピーカー4名のお話しを聞き、ディスカッションが行われました。気がつけば23:00近くになっていました。

UBSの皆さんとも様々な事について意見交換もできて沢山の学びと気づきを得る事が出来ました。

このことをどう今後に活かしてくかが、私の使命と思っています。

改めて自分の進むべき道は間違っていないと思いました。

何故ならば身体は疲れても、心が全く疲れないからです。

気持ち良さと自分が得した感覚しかありません。

全てに感謝しかありません。

ピテカントロプスは続く。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
デフサッカー女子日本代表の酒井藍莉選手と原田明奈選手。
二人とも素敵な女性でした!これからのご活躍を応援します!
真ん中はミュージシャン、俳優でもある矢野デイビットさん。
矢野デイビットさんの社会貢献活動は本当に素晴らしいです。5
スイス銀行の皆さんとは足かけ3年の付き合いとなりましたが、本当にこの方々は銀行員、証券マンなのか疑います。(笑)
本当に考え方が柔軟でフランクで、今年初めてお話しした方・・・一緒にいて心地よい方が全員なのです。
やはりトップレベルはサッカーのトッププロ選手と同じなんですね。
人間の質の高さってものの本質です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今年は台風の心配もあり室内で開催でした。
いくつか課題も見つかりましたので修正していきたいと思います。