たまハッサーズ日本一だよ!

友人の黒田さん引きうる、たまハッサーズが ブラインドサッカー日本選手権で優勝して5年ぶり4度目の日本一に輝いた。

本当に嬉しい。

つい先月、今年も日本選手権に向けてDENで合宿をしていただいた。
そんな中でも、うちの選手達の為に大切な時間を作ってくれた。

21_27

昨年もそうだったけど、大切な大会前の合宿中なのに、うちの子供達に、ずーっと笑顔で優しく教えてくれているトモさんヒナさんやアキさん達の姿に自分も沢山の事を学ばされている。

21_03

そんなハッサーズの面々ともいつの間にか10年近いお付き合いになったけど、
本当にいつも笑顔を絶やさず優しいハッサーズの面々が大好きです。

21_04

ブラインドサッカー日本代表のキャプテンとして人望がある黒田さんはうちのグランデが目標とする選手でもある。

2020年東京オリンピックでの活躍が本当に見たいと思っている。

本当におめでとうございます。

21_05

以下は
フェイスブックブラインドサッカーさんのページから転載させていただきました。
20228647_782104488628943_4372346914940932218_n
20246335_782104461962279_5675637788894210771_n
20229382_1488548191205925_5332264103434867644_n
20229053_1488547947872616_2471896683755266961_n
20228681_1349491708511578_4025326269092384099_n

【アクサ ブレイブカップ、優勝はたまハッサーズ!過去最多19チームの頂点に】

本日7/23(日)に「第16回 アクサ ブレイブカップ ブラインドサッカー日本選手権 FINALラウンド」をアミノバイタルフィールドで開催し、たまハッサーズが決勝戦で埼玉T.Wingsを破り、5年ぶり4度目の優勝。過去最多出場19チームの頂点に立ちました!

決勝戦は、前半11分にたまハッサーズの黒田智成選手がフリーキックから相手を左に交わし、左足の強烈なシュートでゴールを挙げました。後半は、埼玉T.Wingsが猛攻をかけ、菊島宙選手がシュートを打ちましたが、ゴールを揺らすことはできず、1-0でたまハッサーズが勝利しました。

3位決定戦は、Avanzareつくばとbuen cambio yokohamaが対戦。終了間際の後半17分にAvanzare つくばの森田翼選手のシュートが決まり、そのままつくばが勝利しました。

今大会、メインサポーターであるアクサ生命保険株式会社、アクサ損害保険株式会社、アクサダイレクト生命保険株式会社、アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社をはじめ、協賛くださいました企業および団体の皆様、大会の周知広報にご協力いただいた報道関係の皆様、運営をサポートしてくださったボランティアの皆様、会場に足を運んでくださった観客の皆様、大会を支えてくださった皆様のおかげで無事終えることができました。

本当に、ありがとうございました!

[メディアリリース]たまハッサーズが5年ぶり4度目の優勝 過去最多出場19チームの頂点に 第16回 アクサ ブレイブカップ ブラインドサッカー日本選手権
http://www.b-soccer.jp/…/ne…/rpr170723axabravecupresult.html

ATHLE de corazón

今年もFリーグ強豪クラブの府中アスレティックFCが来てくれました。

彼らから学ぶ事は本当に多い。

日本代表、U-20日本代表、元日本代表もいる。
今後代表へ呼ばれる選手もいる(たぶん)、今年に賭けている選手、他クラブから移籍してきた選手、サテライトから這い上がってきた選手。
先発のピッチに立てるのは5人だけ。

全員がこの中で生き残りを賭けて鎬を削っている。

全選手の一人一人を観察しているだけで誰からも学べる。

毎年感じる事だけど、アスレのトレーニングの雰囲気はとてもよい。

それは、全選手が「知っている」。
チームが勝つことが自分のレベルが上がることを知っている。
チームが勝つにはチームワークが絶対必要であることを知っている。
自分のレベルを上げるにはゲームに出続けることが必要であることを知っている。
だから仲間には負けたくない事を知っている。

だから、笑顔あるけど、激しい。(^^)!

あと、アスレの良い所は、谷さん(谷本監督)がいつも自然体(虚勢がない)。
そして常に勉強しているから的確なコーチングができている。
テツさんとかアキラさんとか中心選手のアドバイスや落ち着きがチームの雰囲気をよくしている。
カワイイお嬢さん誕生した宮田さんやもう若手とは呼べなくなった(笑)カミさん等も若手に声をかけ続けているシーンが沢山あった。
書き出したらきりがない、他の選手達もみんな素晴らしい。

トレーニングマッチでも感じたけど、あれだけ点差が広がってくると、普通ダレてくるけど、アスレの選手達は3本目のラストまで誰一人手を抜かず激しくプレスかけてやり通していた。

ラストまで選手同士でも連携やパターンの確認を細かく修正していたシーンがあり続けた。
間違っても遊んだシュートなんてないし、外してニヤケている選手はいない。
監督の谷本さんも、ベンチの選手達もラストまで声を出し続けていた。

常に敵は己自身であるということを知っているから、息の長い選手も多いし、Fリーグで常に上位争いができているのだと思う。

フットサルはブラインドサッカーもそうだけど、足で扱ってボールをゴールに入れるスポーツ。
サッカーと全く別スポーツと私は思わない。全てフットボール。
育成年代にはむしろフットサルはサッカーに有効であると確信している。

沢山のヒントを見つけられるかは君次第。
一昨日のU20イタリア戦2点目の堂安選手ゴールシーンと同じシーンがフットサルには沢山ある。(^^)!

先週はブラインドサッカーの日本トップレベル。
今週はフットサルの日本トップレベル。
どちらのチームも世界を経験している選手が沢山いて、日本一を現実的に狙っているチーム。

俺も子供達も八ヶ岳の田舎にいながら、2週続けて世界と繋がってるアスリートの皆さんと接している事に感謝したい。

athle2017_01

39

41thDENCUP~OPEN

2017年度最初のDENCUPが先日の日曜日に開催しました。

毎年、オープン大会からスタートしています。

今年も日頃真剣にフットサルに取り組んでいる社会人チームの方々、そして高校3年間真剣にサッカーに取り組んだ若者達が参加してくれています。

今年もハイレベルの戦いとなり、プリンスリーグで一年間戦ってきた帝京第三高校の若者達が優勝しました。

DENチームも準決勝で今年の高校選手権山梨大会の決勝まで進んだ韮崎高校の若者達を相手に勝ち上がりましたが、決勝では帝京第三高校の若者達にボコボコに心も身体も粉砕されました。
それでも後半はフル出場できて楽しかったです。

そらに今回も高校生達とのフィジカル勝負を避けつつもフィジカル系ゴールを含めて5点決める事が出来ました。(^^)!
おかげでソックスとスパッツが破けてしまい、膝も大きく擦り剥いてしまい膿が出まくっております。(^^)!

今回も感じましたが、若者達と一緒にボールを蹴っていると本当に幸せです。
そして、彼らの笑顔ほど美しいものはないと思えました。

それぞれが高校3年間、不条理を受け入れ、頑張り、やりきったからこそ、今の笑顔があるのだと思います。

私は教え子だけでなく、参加した全員の高校生達が大好きです。

日頃はなかなか他チームの高校生達とは触れあう機会がないだけで、一緒にいればみんなよい子達であることがわかるからです。

そんな彼らのこれからの人生が幸せであることを願っています。

そしてまたどこかで会えたら嬉しいです。

感謝。

84
OB+中学2年GKと出場しました。
82
昨年の帝京第三4冠主軸のナツと静岡選抜にも選出された静学のタクヤ。笑
85
GKが寄せてきたみたい?なので・・ワントラップ浮かして・・・。
83
ループシュート(^^)!
76
様々な高校で3年間真剣にサッカーに挑戦してきたOB達が逞しい顔を見せてくれた。
これが一番嬉しい。

106thDENCUP~beginner

先週日曜日、早いもので2016年ラストのDENCUPが開催されました。

前回は次男と汗を流し、今回は教え子達と汗を流せました。

この子達は思い入れも深い子達です。

GKのタクトは幼稚園時代からの付き合いで、その頃からGKをやっていた子です。
ボールを追う目は6歳の時と一緒です。
ひとつ違うのはあの時は俺の前でも超ふてぶてしかった所でしょうか。笑
今回、改めて上手いなあ~と感じました。特にフィードの精度は凄いと思いました。

ハルキはお母さんのお腹の中に入った居た頃からの付き合いです。
アニキのツバサが練習に来ているとき乳母車に乗って来ていたことがつい先日のように感じます。相変わらずの良い子です。笑

アヤトは初めて遠方からうちのクラブに入ってきた子です。
アヤトと出会った事で遠方とか近くとか関係なくやる気があれば関係無いことを学べました。
親の強さも学びました。
よってその後は遠方からのお子さんも受け入れる事に迷いがなくなりました。

コウタからは人間性の本質を教わりました。
いつも笑顔、誰にでも優しく、そして試合では一番頑張れる。人から愛される事の本質とは何か、私が追求していくヒントを沢山得る事が出来ました。

今回、久しぶりに優勝しましたが、正直優勝するためとかとがではなく、コイツラと一緒にプレーしている時間が本当に楽しかったです。

他の0B達とも一緒にプレーしたいです。
今の現役の子ども達とも、いつかこんな関係でまた一緒にプレーする日がきたら幸せだと思います。

1ヶ月前は高熱、今回は古傷&多忙&疲労蓄積も手伝い、歩くのも苦痛で足の調子が悪くて前日に友人の外科で視てもらいました。

医者からは予想通り止めるように言われていました。(^^)!
アキレス腱切るよとも言われました。
テーピングガチガチにして接触プレーを避けつつ恐る恐るプレーしていましたが、
途中からは結構動いてしまいました。笑

20年連続106大会得点記録も7得点のオマケ付きで更新もできました。
タクヤとは大分呼吸が合ってきました。
動き出しのタイミングが合ってきたのでドンピシャのヘッドを決めれました。

そんなわけで、怪我もどうにか回避し、2016年度のDENCUPも参加していただいた素晴らしい仲間の皆さんと2017年度へ繋ぐ事ができました。

また、2016年度締めに相応しいチームが集結してくれたことも嬉しかったです。
Bom.Amigoの宮下さんやノランダの上原さん達はDENCUPの初期からのお付き合いのチームです。
みんな歳を取りましたが相変わらず上手かったです。
そして20年近く経ってもこうして笑顔で再会し続けられる事が私の宝です。

引き続きよろしくお願いいたします。

この場を借りて御礼申し上げます。

ありがとうございました。

感謝。
田畑雅宏

88
89

105thDENCUP~beginner

先日の日曜日、第105回目のDENCUPが開催されました。

今回は3,4年ぶりでしょうか?次男と久しぶりに一緒にプレーすることができました。
71

次男とは5,6歳の時からDENCUPで一緒にプレーしていたのに、未だにこうやって一緒に汗を流せる事に感謝しなくてはなりません。

82
(相当劣化したな~。今はアウトレットの駐車場となつてしまつたミズノさんのパイロットコート)

そして恒例の自己満ですが、今回も6得点取ることが出来ました。

イメージ通りのシュートもいくつかあり、50過ぎにしては速いボールにも反応できたシュートもありました。
これで20年連続105大会連続得点記録を更新することができました。

まあーそんなこよりも、息子や教え子達や、DENCUPで出会う若者達と友好を深められる事が一番の幸せと感じています。

久しぶりに決勝まで進みましたが、相手の方々は上手くて、若くて、プレッシャーも早くて、1試合目ならまだしも5試合目では身体も重くてとてもじゃないけど彼らとやり合うには無理でした。笑

それでも5試合フル出場というノルマも105大会継続することができました。

夜のビールが最高に美味かったです。

翌日は石のようにガチガチの身体になっておりました。

いつもながら、DENCUPに出場してくれる方々は僕の財産です。

本当に素晴らしい若者達です。

これからも年寄りと遊んでください。

GRACIAS DE CORAZÓN !

75

 

105_beginner_wineer2