ATHLE de corazón

今年もFリーグ強豪クラブの府中アスレティックFCが来てくれました。

彼らから学ぶ事は本当に多い。

日本代表、U-20日本代表、元日本代表もいる。
今後代表へ呼ばれる選手もいる(たぶん)、今年に賭けている選手、他クラブから移籍してきた選手、サテライトから這い上がってきた選手。
先発のピッチに立てるのは5人だけ。

全員がこの中で生き残りを賭けて鎬を削っている。

全選手の一人一人を観察しているだけで誰からも学べる。

毎年感じる事だけど、アスレのトレーニングの雰囲気はとてもよい。

それは、全選手が「知っている」。
チームが勝つことが自分のレベルが上がることを知っている。
チームが勝つにはチームワークが絶対必要であることを知っている。
自分のレベルを上げるにはゲームに出続けることが必要であることを知っている。
だから仲間には負けたくない事を知っている。

だから、笑顔あるけど、激しい。(^^)!

あと、アスレの良い所は、谷さん(谷本監督)がいつも自然体(虚勢がない)。
そして常に勉強しているから的確なコーチングができている。
テツさんとかアキラさんとか中心選手のアドバイスや落ち着きがチームの雰囲気をよくしている。
カワイイお嬢さん誕生した宮田さんやもう若手とは呼べなくなった(笑)カミさん等も若手に声をかけ続けているシーンが沢山あった。
書き出したらきりがない、他の選手達もみんな素晴らしい。

トレーニングマッチでも感じたけど、あれだけ点差が広がってくると、普通ダレてくるけど、アスレの選手達は3本目のラストまで誰一人手を抜かず激しくプレスかけてやり通していた。

ラストまで選手同士でも連携やパターンの確認を細かく修正していたシーンがあり続けた。
間違っても遊んだシュートなんてないし、外してニヤケている選手はいない。
監督の谷本さんも、ベンチの選手達もラストまで声を出し続けていた。

常に敵は己自身であるということを知っているから、息の長い選手も多いし、Fリーグで常に上位争いができているのだと思う。

フットサルはブラインドサッカーもそうだけど、足で扱ってボールをゴールに入れるスポーツ。
サッカーと全く別スポーツと私は思わない。全てフットボール。
育成年代にはむしろフットサルはサッカーに有効であると確信している。

沢山のヒントを見つけられるかは君次第。
一昨日のU20イタリア戦2点目の堂安選手ゴールシーンと同じシーンがフットサルには沢山ある。(^^)!

先週はブラインドサッカーの日本トップレベル。
今週はフットサルの日本トップレベル。
どちらのチームも世界を経験している選手が沢山いて、日本一を現実的に狙っているチーム。

俺も子供達も八ヶ岳の田舎にいながら、2週続けて世界と繋がってるアスリートの皆さんと接している事に感謝したい。

athle2017_01

39

41thDENCUP~OPEN

2017年度最初のDENCUPが先日の日曜日に開催しました。

毎年、オープン大会からスタートしています。

今年も日頃真剣にフットサルに取り組んでいる社会人チームの方々、そして高校3年間真剣にサッカーに取り組んだ若者達が参加してくれています。

今年もハイレベルの戦いとなり、プリンスリーグで一年間戦ってきた帝京第三高校の若者達が優勝しました。

DENチームも準決勝で今年の高校選手権山梨大会の決勝まで進んだ韮崎高校の若者達を相手に勝ち上がりましたが、決勝では帝京第三高校の若者達にボコボコに心も身体も粉砕されました。
それでも後半はフル出場できて楽しかったです。

そらに今回も高校生達とのフィジカル勝負を避けつつもフィジカル系ゴールを含めて5点決める事が出来ました。(^^)!
おかげでソックスとスパッツが破けてしまい、膝も大きく擦り剥いてしまい膿が出まくっております。(^^)!

今回も感じましたが、若者達と一緒にボールを蹴っていると本当に幸せです。
そして、彼らの笑顔ほど美しいものはないと思えました。

それぞれが高校3年間、不条理を受け入れ、頑張り、やりきったからこそ、今の笑顔があるのだと思います。

私は教え子だけでなく、参加した全員の高校生達が大好きです。

日頃はなかなか他チームの高校生達とは触れあう機会がないだけで、一緒にいればみんなよい子達であることがわかるからです。

そんな彼らのこれからの人生が幸せであることを願っています。

そしてまたどこかで会えたら嬉しいです。

感謝。

84
OB+中学2年GKと出場しました。
82
昨年の帝京第三4冠主軸のナツと静岡選抜にも選出された静学のタクヤ。笑
85
GKが寄せてきたみたい?なので・・ワントラップ浮かして・・・。
83
ループシュート(^^)!
76
様々な高校で3年間真剣にサッカーに挑戦してきたOB達が逞しい顔を見せてくれた。
これが一番嬉しい。

Reunión de fútbol en Kanazawa

昨日まで、年に一度のサッカー仲間との集いで金沢・加賀に行っていました。

この仲間はスポーツマネジャーズカレッジ本講座8期生のクラスメイト達です。

長期に渡り苦学を友にした戦友です。(^^)!

みんな全国各都府県の第一線で活躍している素晴らしい連中です。

土曜日がメインでしたが、私はクラブの試合と重なったこともあり1泊2日でしたが、
北陸体育学会シンポジウムにも出席させていただき、スポーツの頻度とストレスチェック、北陸のクラブチーム等の運営発表等沢山のヒントが学べました。

先々週の広島でのカンファレンスに続き、加賀でも温泉にも入らず、観光もせず、少しモッタイナかったですが、とても楽しく学び多き二日間でした。

なによりも、リフレッシュができました。

これでまた、愛する子ども達へ情熱が注げます!

76
全席指定の北陸新幹線「かがやき」に初めて乗りました。

65
北陸体育学会シンポジウムに出席。
66

70
友人でもあるリオペードラ加賀代表八嶋さんの講演は魅力と可能性に満ちあふれていました。

74

75
夜は、今回幹事をしていただいたJリーグマッチコミッショナーであり医学博士の高畑さん他、仲間達と美味しい酒の肴で楽しく呑みました。

73
大雪警報の中、昼前まで金沢に居て、予定通り帰れるか心配でしたが、ギリギリで着替えて、夜は八ヶ岳で通常練習というハードで長い一日でした。(^^)!

子ども達の笑顔が見られて良かったです。(^^)!

Conferencia de fútbol en Hiroshima

第10回目となるJFAフットボールカンファレンスに出席してきました。
今回は広島でした。
今回のテーマ「育成の検証とこれから」ということで興味がありました。

八ヶ岳から東京まで160キロ、東京から広島まで800キロ。
およそ往復で2000キロ弱の長旅でした。

道中はいつも通り、5冊の良書とノート持参でしたので一回も眠らず直ぐに着いてしまいました。とても良い時間でした。(^^)!

カンファレンスの内容については書きませんが、ひとつだけあげるとしたら

デル・ボスケさんのお話しの中で、「サッカーだけしか知らなかったら人生の道に迷うだろう」
「人間としての正しい行動が一番大切で、行動は言葉よりも勝るのですよ」
という優しい口調で話されていた言葉が心に響きました。

デル・ボスケさんを知らない選手がウチのクラブにも沢山いるのには驚きました。
デル・ボスケさんはスペインを率いてワールドカップ、UEFA優勝を制した史上2人目の監督です。レアル時代のUEFAチャンピオンズリーグ優勝も加えると史上初という世界的名監督ですよ。

今回の旅で感じた事をどう子ども達に還元していけるか、
YES、NO 、上手、下手、勝った、負けた、好き、嫌い・・・・。
サッカーとはそんな単純な物ではない。
だけどサッカーはシンプルである。

そんな事を改めて感じた3日間となりました。

沢山の友人との再会が、もしかしたら一番のエネルギーになったのかもしれません。

感謝。

41
43
42
前回は仙台でしたので牛タンを食べに行きました。
今回はやはり、広島風お好み焼きです。
友人達と3件ハシゴしました。牡蠣も美味しかったです。(^^)!
29

36
35
サッカーができる幸せを感じなければいけません。
38慰霊の意を表してきました。

33
路面電車は八ヶ岳では絶対にあり得ないだけに不思議な光景でした。
32
朝の広島市内・猿猴橋からのワンショット。クロード・モネの絵画のようです。
Footballもこうありたいものです。
40
新幹線出発までの3時間。お昼も食べず、ひろしま美術館で過ごしました。
ミレー、マネ、ルノアール、ゴッホ、ピカソ、シャガール、ローランサン等、そしてレオナール・フジタも展示されていました。受胎告知と三王礼拝は大作です。

私はラッセンより普通にゴッホやピカソが好きです。(^^)!

95vo campeonato nacional de fútbol escolar

今年も全国高校サッカー選手権大会観戦に行きました。

ベスト8の等々力会場へ行きました。

実は組み合わせ表を見たときからこの会場に行こうと決めていました。

長崎総合科学大学付属高校と広島皆実高校に関わっている友人とのダブル再会の実現の可能性が高かったからです。

しかしながら両チームともに敗退してしまいました。

両高校ともに実力校であっただけにまさか2チームともに敗退とは考えが甘かったですね。(^^)!

今年は特に、選手権の戦い方の難しさを考えさせられたように思います。

それでも、優勝候補筆頭の青森山田と東福岡の2校、そして日頃お付き合いしているチーム出身選手がいる正智深谷や東海大仰星のゲームを観戦できました。

感想は割愛です。(^^)!

40年前に国立で開催となり、伝説の浦和南5-4静岡学園のゲームをテレビで観戦し衝撃を覚え、その後、国立競技場にはおそらく30回以上選手権を観戦に行ったと思います。

その国立が改修工事中の現在・・・.

選手達の頑張りは今も昔も同じなのでしょうが、ここ数年は、選手権観戦に行っても以前ほどのexcitement(ときめき)が減っている気もしています。

これはもしかしたら、私個人の問題なのかもしれませんが、以前は選手権に向けてどこの高校もチームを作っていましたが、今は選手権以外にレベルの高いリーグや大会があることも要因かもしれません。

それ故に、選手権以外で好カードのゲームを年間を通じて観ていることで、選手権での内容が私の期待感に達していないのかもしれません。

それでも選手権は高校生達の永遠憧れの舞台であって欲しいと願っています。

やはり、うちの選手達もこの舞台で躍動して欲しいです。

振り向くなよ君は美しい~のブラスバンドの演奏が競技場から聞こええてくると・・いつも早足になって競技場に入ります。(^^)!

15826789_1432348083465833_6122581790522011236_n