八ヶ岳から世界へ

「八ヶ岳から世界へ」を合い言葉に八ヶ岳グランデフットボールは2001年に設立しました。
そして今年2021年4月。
八ヶ岳グランデ・ジュニアユースは17名の選手達と共にJFA並びに山梨県サッカー協会へ新規登録が承認され、2年の歳月を経て晴れて表舞台に戻ってくる事が出来ました。
2001年設立2021年新規登録という摩訶不思議な申請書を提出しました。

5月8日(土)県Dリーグからの公式戦がスタートし、白州グランドから第1歩が踏み出せたことになんともいえない感慨深い感動をひとり味わいながら第二試合は主審として八ヶ岳を背に笛を吹いている事がほんとうに心地よかったです。

216

2年前までは16年間一度も降格なく県Aリーグで優勝を争っていたグランデ。
沢山の選手達と共に優勝を目指して戦っていることが当たり前でした。

新型コロナウィルスも同じです。DENも33年間で一番の苦戦を強いられています。

八ヶ岳から世界へ近づく人間力への挑戦への半歩を踏み出しながらの苦渋の撤退、そして世界を人類を止めた未曾有の新型コロナウィルス発生。
まさか同時に起こるなんて夢でも映画でも想像出来なかったことが起こるのだから人生って凄いなってつくづく思います。

そしてこれだけの出来事を同時に受け止めなさいという試練は強烈でした。
それでも沢山の仲間たちのおかげでどうにか受け止めることができました。
人は改めて一人では生きていけないと実感することができました。

私より何倍も辛い出来事で悲しんでいる方が今も沢山いると想像できます。
だからよくよく考えてみるとサッカー仲間も、OB達も、グランデも何も失っていないんです。
しかもこんな経験が出来たことで改めて自分の生き方やサッカー観に確信を持つことが出来ました。
私はやっぱり幸せです。ラッキーです。
そして今は、今が、人生の一番面白い時であると思えるようになりました。

昨年、グランデジュニアユースが風前の灯火になった中、1人の選手だけが迷わず残ってくれました。
「僕がいなくなったらグランデ無くなっちゃうんでしょ。それは嫌だし、だから僕はグランデ残ります」。
昨年一年間はジュニアに混じって練習試合や練習を休むこと無くやり続けた。
そんな3年生になったジンがグランデジュニアユース17期生として未来へ繋いでくれた。
こんなにもひとりの選手が居ることの重さを経験できたチームがどれだけあるだろうか。
仁とは、「おもいやり。いつくしみ。特に、儒教の根本理念として、自他のへだてをおかず、一切のものに対して、親しみ、いつくしみ、なさけぶかくある、思いやりの心」
私は親御さんの子育て、人としての徳があってのことであり、そんな保護者さまと出会えたことに一生感謝をしていく。私も徳を磨き同じような生き方を貫き通す。
そしてグランデへ預けてくれたジュニアユース17名の保護者様にも感謝しています。
だからこそ新生グランデは1期生ではなくて17期生、18期生、19期生としてグランデを続けていける。
229

今回私自身も様々な経験を積めたことで「八ヶ岳から世界へ」の思いは益々強くなっています。
プロ選手や日本代表を出すことが「八ヶ岳から世界へ」ではないのです。
強いチームが「世界へ」ではないのです。
しっかりと選手達に熱を持って自分の人生をすり減らしてでも手塩にかけて選手達を育てる覚悟があるのか。
明日は我が身、いつ何処で何が起こるかわかりません。
人を惹きつける魅力と仲間の事を思いやれる心。
世界のどこへ行っても通用する人間力をサッカーを通じて少しでも身につける事ができたら、キッカケとなったら素敵だなと思っています。

2

「八ヶ岳から世界へ」の想いを心に。
感動するサッカーの追求は続きます。
コラソン・グランデ

全ての方に感謝しかない。
田畑雅宏

【お知らせ】
noteさんのブログで毎日メモ代わりに書いていますのでよかったらそちらもご覧ください。

自反尽己

昨日、スタッフとOB数名でボールを蹴った。
その中の1人が数年前のグランデ・キャプテン。

彼にアスレタのキャプテンマークをプレゼントしたことを懐かしく思い出した。
キャプテンマークをプレゼントしたのは初めてであり、おそらく唯一の教え子となるであろう。

何故ならば私のクラブ(グランデFC)はキャプテンマークは日頃は付けさせなかった。
選手達には3年生全員が練習時も学校でも左腕に見えないキャプテンマークを巻いているんだと伝えてきた。

彼にはキャプテンマークを巻いていなくてもキャプテンはお前だと分かるだけのキャプテンシーを努力して身につけなさいと伝えてきた。

何故それでもキャプテンマークをプレゼントしたかには大きな理由があるのだがここでは公にはしない。

そのキャプテンマークだが、内側にマジックで「自反尽己」と書いてプレゼントした。

自反尽己とは孟子に出てくる言葉。

他者から無礼な態度や騙されたとしても、相手を批判するのではなく、有徳の人は必ず自分を反省する。

失敗や不運を自分が足りないと受け止めることができる人間と他人のせいにして済ますことを繰り返してきた人間とでは、天と地の差で幸運が違ってくる。

自分が上手くいかなかったとき、試合に負けたとき、仲間のせいにしてしまう。
そうではなくて、
自分が足りないということを冷静に受け止め、自分と向き合い、ポジティブに今の置かれている立場に感謝し、日々素直なこころで努力して自分を変えていくしか方法はない。

親も然り、
試合に出られない、自分の息子が友達と比べて成長していない、それはチームや指導者が悪い。
うちの息子はこんなに頑張っているのにあの子ばかり試合に出ている。

その吐いた言葉というものは、毒をまき散らしているが如く、悪臭を放ち、周囲の人たちに伝染していく。

周りを悪くするということは自分の子供の環境を益々悪くしてしまっていることに気づけていない。

グループLINE等でネガティブな発言を繰り返している親達のチームもあると聞く。
それがどれだけ自分の子供を苦しめているか気づけていない。

ありがたい、ありがたい、感謝の気持ちを親が持てば、自ずと子供も変わっていくものだ。

他人のせい、環境のせい、と嘆いた所で何も変わることはない。

先ずは自分が良い影響を発せられる人に変わること。

うまくいかなかった時にこそ、自責で考えなさい。
そんな意味なんだろうと解釈している。

彼には今の勝ち負けはどうであれ、「自反尽己」の精神を持ってこれからの人生を謙虚に歩んで行って欲しい。

そんな思いで、キャプテンマークをプレゼントしたことを思い出した。

そんな彼も高校三年間親元を離れ強豪サッカー部でやり抜いた。
「自反尽己」の精神は彼にピッタリであったと思う。

これから関東一部の大学に行っても挑戦するようだ。

立派に成長し、こうして一緒に楽しくボールを蹴れる事が嬉しかったよ。

コラソングランデ!
努力は必ず報われる!
IMG_5287 2

笑顔と返事

惜しまれずして会社を辞めた人で、その後の人生、成功した人はまずいません。

~中略~

昔、家康が天下をとるまえは今川家の属国でした。今川家は敵に攻められても兵隊は出さず、徳川家から兵隊出させて戦争していました。徳川家は家康が人質にとられているから今川家に逆らえずいつも戦うけど戦いに勝っても恩賞がなかった。

普通の人は徳川家が損をしていると思うんですよね。

ところが秀吉が足軽のときにそれを聞いて「そんなことを続けていたら徳川家だけが強くなって、たいへんなことになるぞ」と言ったそうです。

恩賞ももらわなくて戦うクセをつけたら、エライつわもの集団になってしまうと。

~中略~

いつも笑顔で働いて、上司に呼ばれたら「はい!」って良い返事をするのです。

返事が良くて、笑顔で働いていたら、仕事頼みやすいから、倍頼まれるんですよね。

ところが人生失敗する人というのは「同じ給料なら、働かない方が徳だ」と思うのです。

だから、職場で頼まれごとされると嫌な顔するんです。イヤイヤ返事するんですよ。

そうすると、上司は仕事頼みづらくなっちゃう。

頼みやすい人と頼みづらい人。笑顔と返事。たったこれだけで雲泥の差になっちゃう。

仕事を倍頼まれると、人の倍仕事覚えるんですよ。どんどん仕事できるようになる。

だから仕事を倍たのまれるような人は、どこの会社へ行こうが独立しようが仕事が上手く行くようになっているんです。

辞めたは後に成功するかしないかは、仕事を倍頼まれる事は徳だとわかっているかどうかなんです。

こういう人は惜しまれて辞める人なのです。

斉藤一人さん著書「微差力」より抜粋

思い返すと、高校で活躍したり、大学生活や社会人となって人生を楽しんでいるOBは、いつもダメ出し食らったり色々頼まれていた選手が多かった気がする。

不思議なものでそんなOB達とは未だに縁が繋がっている。

人生なんてそんなものなのだろう。
アドバイスしやすい選手もまた楽しい人生への近道かもしれない。
それも人間力。

「笑顔と返事」。
幼稚園で最初に教わることだな。
基本が大切なことは人生もまた同じ。

人生はシンプルに。

親も選手も指導者も。

損得の人間関係から離れましょう。
尊徳の人間関係を作りましょう。
210mm_3

快楽と達成感よりも

人のやる気は快楽、達成感、意味合い、人間関係、没頭のどれかがやる気の源として強く影響する。
そしてそれは人それぞれ違う。
そして
今の若者達は、意味合い、人間関係、没頭できるかに、やる気の源として捉えている人が多い。

ある方のブログで拝見しました。

それがどのような根拠からなんてどうでもよくて、シンプルに共感した。

アメリカの心理学者マーティン・セリグマンさんの唱えるポジティブ心理学の定番になっている5つの柱という考え方だそうで、様々な方が引用していました。
TEDでもスピーチされていてました。

いままで一度も達成感なんてなくて、足りない事の連続で、立ち止まらずにここまで来た。
快楽ってものも想像できないし、もしかしたら達成感を求め続けているから、自分の信念や道徳にそぐわない道は何が何でも離れ、ここまで来れたのかもしれない。

全国制覇した監督って達成感あるのかな?ってずっと思っていたときがあった。
数年後、その監督本人に聞いたら「俺もあるかと思ったけど不思議となんにもないんだよ」っと酔っ払いながら言っていた。
昨日全国制覇した山梨学院高校総監督横森先生にも近々聞いて見たいと思っている。

サッカー(グランデ)に情熱(やる気)をかけられたのは、
「意味合い」、「人間関係」、「没頭」があったから。
僕はサッカーに限らず人生において大切な事だと思っている。
だからそれがない組織やそれを大切と思わない人とは自然と疎遠となる。

選手達・この子たちの将来の糧に少しでもなればという思いが強くて、サッカーはその為のひとつの手段でしかないと思ってやってきた。
そんな「意味合い」なんだと思う。

そして僕の志に共感してくれるスタッフや、いつも一歩下がっていてくれて困ったときはいつも無言で助けてくれた保護者との信頼できる「人間関係」が何十年もあったから。

だからこそ雨の日も雪の日も時間も忘れて僕は子ども達と共に「没頭」の日々を過ごせた。

本当にそう思う。

その仕組みが、今の若者達がそう感じている割合が多いと書いてあることは未来への救いだ。
そう考えることができる若者たちが多いのは素晴らしい事だ。

僕は、今の若者こそ、「快楽」と「達成感」という。
自己中心的な考えで、結果とご褒美の世代かと思っていた。
大きな勘違いをしていた。

きっと、若者達よりも上の40代、50代の世代が「快楽」と「達成感」に振り回された世代であり時代だったのだと思う。
新型コロナウィルスの世の中になって、決定的に「快楽」と「達成感」の時代ではなくなった。
「意味合い」、「人間関係」、「没頭」の時代になっていくのだと感じている。
「快楽」と「達成感」を優先してきたサッカービジネスは長くは続かないだろう。
それでも、それはいつの時代もごく一部なのかもしれない。
しっかりと地に足をつけ、誰かの為に自分が何ができるのか、人を思いやる心を持って人間関係を大切にしている人、何かに没頭している人はいつの時代も沢山いるのだと思っている。

だから僕も、誰かの為に少しでも役に立っているのか、仕事への意味合い、人間関係を大切にしていきながら、何かに没頭している方々と、心でつながりながら、お互いを尊重し合い、切磋琢磨していける人生であり続けたい。

快楽と達成感よりも。

ネバーギブアップ・フットボール・コラソングランデ!

468

2021謹賀信念

あっという間に2021年となり10日間が早くも過ぎました。
例年はご挨拶回り、武田神社へ初詣やら熱田神宮へ商売繁盛祈願の初えびすさま、そしてその合間に高校サッカー選手権観戦の日々ですが、今年は何処へも行きませんでした。

それでも今年も健康で楽しく家族で新年を迎えることが出来た。
逆に沢山の方々が顔を出してくれて、それはそれであっという間の10日間でした。
本当に幸せなことです。

年末には16,7年のお付き合いとなる世界を制し海外で活躍している現役トップアスリートYさんが時間を作って感染対策万全の体制でファミリーでDENに来てくれた。
貴重なユニフォームまでいただき感無量です。(^^)!
一緒に密とは無縁な広大な八ヶ岳を歩いたりと楽しい時間を過ごせました。

年始はかれこれ25年以上も毎年来ていただいてるご家族が今年も来ていただけました。こちらも勿論ですが貸し切りです。
他にも沢山の友人達が感染対策万全の体制でDENに顔を出してくれています。
全てに感謝しなければいけません。

そんな中、世間は新型コロナウィルスが再び増え政府より緊急事態宣言が1都3県に発令された。
昨年1月ダイヤモンド・プリンセス号のニュースから1年にもうじきなる。
しかもまだ続きそうだ。

思う事は、世の中の子ども達のこと。
まさかここまでこの状況が続くとは。

人と人との触れ合う機会が人為的に極端に減ってしまったこと。
マスク着用自体も可哀想で仕方ない。
授業中もずっとだ。息苦しいだろうな。
子ども達の笑顔がマスクで隠れちゃう。
早くこの環境を戻したい。

子供の1 年間は大人の1 年間とは全く違う。
大人が我慢する1 年間とは意味も辛さも時間軸が全く違う。

この1 年間で人と人との出会いであったり、仲間と寝泊まりする合宿であったり、フェスティバルであったりと違う地域の友だちと試合を通じての友情であったりと大きく成長するための「触れ合い」が制限されてしまったことは悔しい。

しかし残念がっていても子ども達は毎日成長している。
違う方法で子ども達の心の成長を育むアプローチをしていかなければと思っている。
これについては昨年から構築していることがあって進めています。

そして、ひとつ言える事は、それぞれの立場でそれぞれの大変なことや苦労があることをお互いが尊重しあえることが今まで以上に大切な社会になっていること。

その上で、私がやれることは、
友人家族や仲間のサッカーチームの子ども達を安心・安全に笑顔で受け入れること。

その為にこの半年間取り組んだことは。
山梨グリーンゾーン施設として申請し認可され、全館・全客室空気浄化設備・必要換気量が確保されている国が基準とした安全な施設にしたこと。
1組みでも貸し切りにして他の人との接触をシャットアウトしたこと。
チームにおいては全選手の1週間検温を実施していただいていること。
GoToキャンペーン(現在停止中)に参加し、毎日の事務手続き等かなり面倒だけど少しでもお客様が安く宿泊できるように取り組んだこと。

手作りの美味しい安心安全な食事を提供して、自然豊かな八ヶ岳で思う存分にボールを蹴って、このご時世において少しでも心が豊かになってくれたら。
ストレスを抜いてあげる。
それが私のやれることです。

人間にとって、そして子ども達にとって旅することや、非日常を経験することをやめてしまったら感性や創造力は絶対に育たない。

そんな同じ考えの仲間やチームを受け入れ、サッカーを通じてお互いに影響を与え合いながら成長していける関係が持てる場所が「DEN」であり続けていきたい。

そして一生の友人として喜びも悲しみも分かち合える関係でいたい。

DENも私も、新しい時代に寄り添って進化続けて行きたいと思います。

そんな新年(信念)となりました。

全てに感謝!
ネバーギブアップ・フットボール・コラソングランデ!
24
今年も息子と元旦にボールを蹴って汗を流せました。
年々息が上がります(笑)