デフフットサル日本代表合宿

先週末、国際大会に向けた2018年度 第1回デフフットサル男子日本代表候補合宿が八ヶ岳で行われました。
その告知はこちらに掲載されています。
また、こちらにはその報告が掲載されています。
特に秋にアジア太平洋ろう者フットサル選手権大会が開催されるそうで、イラン、タイ等は強豪だそうでここに勝たないことには世界で戦えないらしいです。

デフフットサルとは聴覚障がいの方々のフットサルです。
彼らのプレーを生で見るのは実は初めてでした。

音のない世界、無音、すなわち、耳と口のない世界です。
その状況で彼らがどのようなプレーレベルなのか、とても興味がありました。
対戦相手はFリーグデビジョン2で戦うボアルース長野と山梨の強豪フュンフの2チーム。
両チームともに私の友人がGMやプレーヤーで活躍している2チームで、日本代表候補と比べても遜色ない技術、そして経験ある選手が両チームともにいる素晴らしい2チームです。

初日のトレーニングでも、アジリティそして、トランデイション等の速さに驚きましたが、
2日目のトレーニングマッチで、更に正直、驚きました。
強豪レベル選手相手にマッチアップしても体幹はしっかりしているし、技術も遜色なく高く、そこらの健常者のチームは正直勝てないです。

失礼ながら、こんなにもレベルが高いとは思いませんでした。
さすがは日本代表と感じました。
健常者も聴覚障がいも関係ありませんでした。

改めて感じたことは、ボールを蹴る事は平等なんだなと思いました。
大好きなサッカーやフットサルに一生懸命努力すればどんな環境であっても楽しめるってことを再確認させられました。
まだまだ俺は甘いなと思いました。

うちの選手達にも2日間見学やちょっとした手伝いをさせました。
何が一番人間として、選手として、チームとして、大切なのか、何が今の君達に欠けているのかを学んで欲しかったからです。

デフフットサルの方々の真剣な取り組み、ハーフタイムでの川元監督の叱咤激励、そして選手全員が手話を交えての積極的な意見交換。
そしてボアルースやフュンフの選手達が容赦なく真剣にデフフットサルの選手達と戦っている姿にアスリート同士のお互いをリスペクトしている姿が伝わってきて、本当に美しかったです。

ますます、FOOTBALLの奥深さに魅了された2日間となりました。
この経験をこの地域と子供達に還元できるように頑張ります。

デフフットサルのみなさん!
今後のご活躍、そしてボールを蹴ることを心から楽しみ続け、勇気と感動を一人でも多くの方の心に届けてください!

再会楽しみにしています。

感謝!

46
川元日本代表監督、金尾日本代表コーチ、橋本日本代表トレーナーと夜遅くまで情報交換をさせていただきました。
47
日本代表候補選手のみなさんと!
メンバーの寄せ書きと船橋選手のメッセージシャツをいただきました。
DENに大切に飾らさせていただきます!
手話も覚えたくなりました。
68
山梨日日新聞にも掲載されました。
69
がんばれ日本!
がんばれよーグランデの選手達(^^)!

2018年度こころのリフレッシュ研修会

今日は、桜を見に妻と出かけてきました。
毎年ですが、のんびりと歩きながらサクラを見て、サクラソフトを食べます。(笑)

至所にサクラ満開なので、わざわざ出向かなくてもよいのですが、実相寺の山高神代桜はどうしても拝みたいストーリーがあるから行きます。(^^)!

日本三大桜(実相寺・三春滝桜・淡墨桜)と呼ばれていて、
樹齢2000年の日本最古・最大級のサクラで、国指定天然記念物第1号で、新日本名木百選でもあります。
※一応サービス業に従事しているので昔勉強しました。(^^)!

毎年思いますが、樹齢2000年とか、その子孫のサクラと表記してあってよく見ると昭和20年植樹て記載してあります。
人間と生きて来いるスパンがまるで違うことに縄文同様に浪漫を感じます。

2000年前って縄文時代~弥生時代です。
つい先日の土偶作りの時代から毎年花を咲かせているって神秘だと感じます。
原始時代から古代中世近世現代まで聖徳太子やら豊臣秀吉やら徳川家康やら・・・人間の文明の発展進化そして醜い争いも関係なく淡々と毎年花を咲かし続けていると思うと、心が穏やかに浄化されていきます。

そんな2000年前のサクラを見ることで、様々な事を想像し、どんなに背伸びしてもサクラには敵わないから、まあー身の丈にあった中で、精一杯、生かされている事に感謝して、生きていこうと思う事ができます。

そしてこの頃は足を伸ばして、わに塚のサクラも見に行っています。
ここから見る八ヶ岳のロケーションも素敵ですので。

そんなわけで2018年度こころのリフレッシュ研修会も無事終了となりました。

今年は新たなチャレンジの年ですが、真摯に進んでいこうと思います。

感謝!

32
30
34
29
28
27
36

縄文サイエンス&アート

週末、「縄文サイエンス&アート」のイベントにうちの選手たちが参加させていただきました。

「縄文サイエンス&アート」とは、太古の日本列島において平和で創造的な生活をしていた縄文人の叡智を、考古学とは異なる切り口で縄文時代を調べ、日本人のルーツを探究して未来に残すために科学、芸術、食、医学など、各分野の学識経験者の著名な方々が関わって立上げた任意団体だそうで、今後、一般財団法人を目指すそうです。

選手達は土偶作りを体験し、縄文太鼓による音楽を楽しみました。

私は途中で他会場に移動となりラストまで楽しめなかったですが、その後、 縄文土器で調理した料理も振る舞われたようで食べたかった。とても残念でした。(^^)!
次回は食べたいです。

なんとなく知っていましたが、縄文時代って今から15000年前に13000年(130世紀)もの長きに渡り栄えたそうです。
八ヶ岳にはその縄文時代の遺跡がもっとも多い場所だそうです。

その時代では日本の首都と言ってよいくらい栄えていたらしいです。
昔は都会で、今は田舎???なのでしょうか。(^^)!
水と食料が豊富な場所であった事だけは想像できますね。

サッカーばかりしていて(笑)気がつかなかったけど、自分の住んでいる場所が改めて素晴らしい場所なんだと感じております。
浪漫を感じます。
また、ひとつ、八ヶ岳は素晴らしい地であるんだと誇りに思いました。

「八ヶ岳から世界へ」!は、なんか、アリだろう。に確信にもなりました。(^^)!

近くの遺跡を改めて歩いて廻ろうと思っています。
きっと新しい発見があると思います。

縄文遺跡の地、八ヶ岳を知り、古来を想像し未来を創造する人間力はサッカー選手に不可欠です(^^)

八ヶ岳でボールを蹴れる子供達は幸せだな!(^^)

10110099989795 96
感謝!

ジュニアユース送る会2018

週末はジュニア、そしてジュニアユースの15期生の送る会であった。

この日は東日本大震災7年目でもあり、黙祷をさせていただいた。
俺たちは幸せであることを話しました。

奇しくも7年前の震災の翌日に黙祷を捧げ、8期生の送る会を開催しました。
その4月からヴァンフォーレ甲府との提携がスタートしました。
そして今年は初めて偶然にも震災の日に15期生の送る会が開催となりました
この日をもって本当にヴァンフォーレ甲府との提携終了となりました。

そんなヴァンフォーレ八ヶ岳ラストの年でした。
それもあったけど、やはり毎年だけど、この子達に感動するサッカーを味あわさせてあげたい一心だけでした。
ダイユウとかリュウキとかは9年間もグランデで育ったんだから、その集大成を爆発させて次なるステップへ繋げて欲しいと思っていた。

中学時代に真剣に打ち込めることがどんなに素晴らしいことか、そして三年間、試行錯誤を繰り返しながら、努力して、また努力して、自分で打開していく、その先に、今まで見えなかった世界が見えてくる。
その素晴らしさを実感できたら、これから先、次から次へと新しい世界を切り開いていける魅力ある人間になると確信しているから。

毎年のことなのだけど、子供達が、「あの時、もっとやっておけばよかった」「あの時、なんで俺は素直になれなかったのだろう」
という言葉を耳にする。

指導者として焦ってはいけないけど、焦れば焦るほど、もちろん上手くいかない。

おおよそこうなるであろうことは多くの経験から予測が立つだけに毎年歯がゆいと同時に自分の指導者としての力量不足に悲しくなってしまう。
そこを埋めるためになのだろう。
陶芸家、会社経営者、教育者の方々に会い続け、様々な本を読破し続けている。
そして若いサッカー指導者と会うことは欠かさないように心がけている。

それでも足りない。
だけど自分の器を磨き続けることが子供達にとっても必要と思っている。

俺ができることは、巣立って行った子供達をこれからも見続けていく事だけだ。

今年はグランデの新たなる1期生でもある。
グランデアメージングアカデミーフットボールクラブとして、今まで以上に、感動するサッカーを目指していきたい。

みんな、グランデのプライドを持って人生を謳歌して行ってください。
CORAZON GRANDE!

3
8
6今年もここで感謝の涙を流せるところまで成長できた弟子達。5

7
2
4
今年もよい保護者様に恵まれました。
至らぬ点ばかりでしたが、最後までクラブを支援していただきありがとうございました。
感謝

Informe de España~Turismo

スペインに10日間いて、ほとんどサッカー場にいました。
実は、娘がオーストリアの大学に留学中でした。
1日だけでもウィーンに行って会おうかと話しをしていました。
そんな会話自体が、八ヶ岳の田舎オヤジがしていることなんて想像できませんでした。(笑)
結局、朝から夜遅くまでサッカー漬けで、時間は作れませんでした。
もちろん観光も諦めていました。
それでも、肌で感じた歴史の重さに触れられ、行く先々で目に入ってくる景色には、ただ、ただ、感動の連続でした。
とにかく、至所に、銅像があり、公園があり、古い町並みが調和していました。
次回はゆっくりと街中を歩きたいと思いました。
※でも、やはりFutbolを見て歩くんだろうな。

59
スペイン2日目、最初に行った世界遺産サクラダファミリア。
100年以上経っても完成していないというだから凄い。一番行きたかった所。
地下鉄でグラシア駅からサクラダファミリア駅下車、地上に上がった瞬間にこの建物が現れて!感動でした。
うちのスタッフの友人がサクラダファミリアの建築に携わっていて私は面識ないのですが訪ねていけばと言われておりましたが時間がなくてお会いできませんでしたのが少し残念でした。

バルサキャンプの子供達の観光バスに便乗して、モンジュイックの丘に連れて行ってもらいました。(^^)!
ここは歴史的に様々な紛争が繰り返されたとこらしく、なんでも、市内が一望できて、バルセロナの戦略的要塞だったらしいです。
カタルーニャ考古学博物館とかもありました。
中に入りたかったけど閉館に近い時間でした。
239
346
344
241
カタルーニャ考古学博物館の頂き。
256
フットボールマニアにも行ってきました。(^^)!
KAMO スポーツみたいな感じです。
245

最終日は、ジョアン・ガンペールで15:00頃まで過ごして、始発のSant Feliu|Consell ComarcalからMaria Cristinaまで行って、そこから地下鉄に乗り換えカタルーニャ広場に行って、半日市街を歩きました。
アメリカ人らしき家族連れに道を尋ねられました。(笑)
カバンも持たず、ジーパン、スニーカーのいつものスタイルで早足で歩いていたからだと思います。
地下鉄のドアも観光客らしき方に開けてあげられました。(笑)
318
320
321
カタルーニャ広場
317
石畳に歴史が感じられました。Baixada de Viladecols

このおじさんの音色にひとり酔いしれました。(笑)
299
308
293
何気に至所にステンドグラスあり。
291

304
公園の水道にも歴史というか・・・オシャレです。322
296

302
ピカソの壁画らしい。
326

303
Plaça del Rei 王の広場
311
312
324
市場は混雑していました。クリスマスの熱気でした。
306
288
カタルーニャ選挙を控えてか、小さなデモはありました。(^^)!
335
グラシア通りにあるガウディのカサミラとカサ・バトリョ331

328
夜のカタルーニャ広場は綺麗でした。329
327
カタルーニャ広場前は朝から晩まで POLICIA さんが待機していました。(^^)!
195
降りる駅間違えたけど一駅だけだったので ¿Perdone donde esta el Corteingles? で通じたので歩いて来れました。(笑)
ホテル近くのデパートの前ではなんだか賑やかでした。
252

249
284
バルセロナオフィシャルショップで買い物してきました。

283

391
電車の中に、普通に犬がリード無しで乗っていた。
日本ではありえないだろうな。

172
ラストに滞在したバルセロナ市内のホテル。
私には似合わないほどオシャレでした。(笑)
350

いよいよ、日本へ帰るのですが、スペイン語も英語もしゃべれないオヤジ1人で、まず、ホテルからバルセロナ空港まで行けるかから始まり、空港で手続きができるのか・・。
案の定というか、苦戦しました。
正直、日本人の一人か二人は空港にいるだろうと思いましたが誰もいませんでした。
英語もろくにしゃべれず、スペイン語の単語で・・スペイン人の同世代のご夫婦に聞いて・・・搭乗手続きができました。
その方も飛行機は慣れていなかったようで結構時間かかりました。(笑)

9
これで、もう安心と思い。
搭乗口も確認して、あと1時間あるのでカフェで一服していました。
搭乗15分前で並びだしたら、なんとその搭乗口はエジプト行きの表示(^^)!
よくよくスペイン語と英語のアナウンスを聞くと、どうもゲートが変わったみたい。
急いで100メートル近く走って搭乗口に間に合いました。
流石に焦りました。(笑)
そんな初心者海外旅行でしたが、ほんと楽しかったです。

6
※シャルル・ド・ゴール空港で成田行きに乗り換え待ち。
※娘の滞在しているオーストリアはパリからも近いのにと思いながら・・・。
12

1
※中央奥に小さく見えるのが富士山です。

そんなスペインへの旅でしたが、どうにかスペインを脱出し、パリ経由で日本へ戻ってきました。

日本の便利さも感じた半面、日本が世界の常識ではないことを身をもって学ぶ事ができました。
日本の中の蛙にならないようにしなくてはいけないと思いました。

そして、改めて、Fútbol は素晴らしいと実感しました。
何故ならば、カンテラのコーチや関係者の方々とは勿論だけど、サッカー場で、子供の試合を応援していたお父さんやお母さん達とスペイン語喋れなくても、なんだか意志が通じ合えた瞬間をハートで感じる瞬間が沢山あったからです。
一緒にゴールした瞬間喜んでしまいました。

だからこそ、自分のクラブの保護者さん達と、今以上にリスペクトの関係を作りたい。
それもグランデに戻したひとつ。
昔のグランデの保護者さんとは今でも楽しくお付き合いがある。
そんな関係だからこそ、おこさんを叱れるし、AとかBとか関係無く付き合える。

スペイン楽しかったな!
スペインはまた行きます!