一刹那正念場

1013143_606624766038173
一刹那(いちせつな)とは一瞬ということである。

正念場(しょうねんば)は歌舞伎からきた言葉。

一曲・一場の最も重要なところ、ここぞという大事な場面を指す。

一瞬一瞬を人生の最も大事なところ、人生の勝負どころ、本番と捉えて真剣に生きよ、と教えている言葉が一刹那正念場である。

人生は山登りにたとえらえる。

山登りには登る人と下りる人がいる。

それは年齢ではない。

「90パーセントの人は山を下りている。90パーセントの人は力を出し切っていないからだ。人生の山を登っている人は10パーセント」と言うのは人材教育家の井垣利英さん。

なるほど、と思う。

そういえば明治期のリーダーたちは、「自分が一日怠ければ、日本の進歩が一日遅れる」という気概を持って生きていた。

当時の日本には山を登っている人が多かった、ということである。
だから日本は世界に伍していくことができたのだといえる。

井垣さんはこうも言う。

「1時間は1分が60回。1日は1時間が24回。ひと月は1日が30回。1年はひと月が12回。10年は1年が10回」。

10年後どんな自分になっているか。

何となくいまよりもよくなっている、と思っている人が多い。

しかし、いまの生き方がそのまま10年後のその人の生き方であり、年を取った分だけ人生は下り坂になっている。

そうならないためには、いま目の前にあることに全力を尽くすこと、その姿勢を習慣にすること。

井垣さんの言葉は一刹那正念場に生きる大事さを説いてあまりある。

~省略~

中川一政さんが97歳の時に揮毫(きごう)した「正念場」の書がある。

~省略~

中川さんが残された極めつけの言葉を二つ。

「稽古をしてはならぬ。いつも真剣勝負をしなければならぬ」

「一つ山を登れば、彼方にまた大きな山が控えている。それをまた登ろうとする。力つきるまで」

すべての道に生きる者に不可欠の覚悟というべきだろう。

致知 2014年8月号 7ページより一部抜粋 致知出版社

————————————————————————————————————

一刹那正念場。

まさに世界が、日本が、人々が試されている。

山を登る途中。
豪雨もある。
となれば少しでも危険を回避できそうな場所を探して、じっと耐える。
ジタバタしない。
工夫して凌ぐしかない。

サッカーのゲームであれば耐えるときは全員で耐えてチームがひとつになって失点を最小限に抑えるのと同じ。仲間のミスをとやかく言っている暇はない。

豪雨の中を歩き回れば歩き回るほど、騒げば騒ぐほど、体力を失う。
危険にさらされる。
みんなで知恵を出し合い、お互いに寄り添い温め合って体力を残しておく。
考える。
助け合う。

雨足が弱まってきたら、
そしてまた、自分のペースで歩き出せばよいのではないか。

ポジティブに!

【お知らせ】
noteさんのブログで毎日メモ代わりに書いていますのでよかったらそちらもご覧ください。

ハングリーであり続けることが人生なのではないか。

今日もある方との会話から一日が始まった。

ハングリーであり続けることが人生なのではないか。

飢えていること。
現状に満足していない。
足りない事、足りない中での工夫。
無いものをを現実に変えていく工夫。

自分の想いと選手の想いが一致した時にそのトレーニングは最高となる。

20人いても全員が満足するトレーニングはないだろう。

自分の息子でさえ、100は想いは伝わらない。
100のうちひとつでも伝われば御の字だ。

問題はそのひとつがどのくらいその選手に影響を与えられるくらい大きなひとつを伝えられたか。

だからこそ我々が、ひとりの選手に対して100パーセントのエネルギーを持って接し続けられるかしかない。

本当のプロ選手はプロになってもハングリーが続く。
どんどんどんどんハングリーが大きくなっていく。

毎年プロ選手を輩出していることが大切ではなくて、多くのハングリーな選手を輩出しているかどうか。
その中にプロの道へ幸運にも進めた選手がいただけということ。

口からご飯を食べられる事が、実は当たり前ではないということ。
目の前にお父さんとお母さんがいることが、当たり前ではないということ。

日常がいかに凄いことか。
日常に感謝する。

常に前へ向かって。

今やれることをやる。
79

【お知らせ】
ほぼ毎日、noteさんのブログで毎日メモ代わりに書いていますのでよかったらそちらもご覧ください。

本物とは

昨晩はとても素晴らしい心地よい時間だった。
本物の方の物腰は実に奥深かった。
スキーを楽しんでいる姿と重なって本物の凄さが見えた。

小淵沢には自然豊かな財産がある。
八ヶ岳を背に、富士山、南アルプス、秩父連山の大パノラマ。
極上の美味しい空気、水、食べ物。
全てが本物だ。
八ヶ岳山麓に広がる縄文文化の歴史ある地、そこには本物の美術館もある。
本物のアーティストも沢山いる。

本物の方々がもっともっと沢山訪れて、本物が増えて、子ども達が本物に触れて育ったら北杜市は国際的にも評価される市になる。

それが子ども達のサッカーに結びついて、そして世界中から子ども達が訪れる場所を想像するとワクワクしてくる。
地元の方々の意識や価値観も変化していくだろう。

本物とは無意識に関わった方々に勇気や幸せを与えられるかだと思う。

偽物とは関わった方々を不幸にする。常に自分が利益を得られるかどうかで関わってくる。
やたらと派手で攻撃的で常に自分を正当化するから始末が悪い。

本物の絵画や陶芸も人の心を豊かに幸せにする。

サッカーも同じ。
本物のサッカーに子ども達を触れさせたい。
大人達にも触れさせたい。

私自身がどんなに無名で小さくても、言い訳をせず、本物であり続けることが日常の第一歩だと思う。

本物である方。憧れる方が3人に増えた日でした。

感謝!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

努力や可能性を大切にしてる人たちⅡ

2015051701
自信を失った人の中には、自分を守るために、自分以下を作る努力をする人がいます。

人を見下したり、評論したりします。
それは、「差別」の元になると思います。

人の努力を邪魔する人もいます。

こういう人たちは、自分を「普通」で防御し、「普通じゃない」ことを攻撃します。
人の努力や可能性を否定します。

自分のやりたいことに向かってがんばってる人が、そういう人に関わると、ものすごく凹まされてしまうことがあります。

でも、なかには負けないで、「いつか見返してやる!」とがんばる人もいます。

でも、実は、そういう人を見返すのは不可能です。
だって、そういう人は、正しい評価なんてできないし、する気もありません。
そういう人は「自分以下を作りたい」だけです。
だから、どんなにがんばっても努力しても、否定されるだけです。

だから、努力を否定する人や、可能性を否定する人の言うことで、傷ついたり、苦しんだりするのは、無駄です。
と、わかっていても、苦しいものは苦しいです。
悲しいし、悔しいです。

そういうときは、努力や可能性を大切にしてる人たちと関わることが一番です。
自分は一人ぼっちじゃないんだ。
自分はおかしくないんだ。
ということを、感じられたら、安心できます。

残念ながら、自信と可能性をうばわれた人はかなり多いです。
だから、普通にしていたら、そういう人としか出会えない可能性が高いです。

少しの勇気を出して、がんばる人たちに会いに行くといいです。
この世のどこかに、必ず、支えてくれる人がいます。

その経験を経たら、きっと、今度は、支える人になれると思います。
——————————————————————————————
植松努さんのお前なんかにできるわけがないからFBより転載させていただきました。
植松努さんとは5年前にお会いし、長い時間お話しをさせていただきました。
来年行きます。とお約束して、あの数ヶ月後から有名人となってしまって今はお会いしていませんがまた再会したいです。

真実知らないのに評論したり噂話を拡大していく方々がどこにでもいます。
努力や可能性を大切にしている方々の中にはそんな方は一人もいません。

グランデは努力や可能性を大切にしてるスタッフと保護者さんだけのクラブであり続けたいです。
そうでないと子ども達が可哀想だからです。
そして僕も悲しくなります。

僕はこれからも純粋な子ども達を愚直に支えていきたいと思っています。

【お知らせ】
noteさんのブログで毎日メモ代わりに書いていますのでよかったらそちらもご覧ください。

魂で繋がっている感覚

昨日はグランデOBのヒロとヤマトがDENに来てた。
ヒロはコロナの影響で部活休みで大阪から帰京。
ヤマトは4月から大学生。
免許取り立てで運転してきた。

ヒロは本当にデカクなったな。(ヤマトゴメン(笑))
部員300人以上いる中で良い位置につけているよ。

数々の強豪高校へOB達も挑戦して行った。
日本中から怪物が集まる高校で普通の田舎者のOB達が苦難、苦労、不条理、怪我、現実の大きな壁に苦しむ姿を見届けてきた。
もちろんみんなそこそこ活躍してたけど。
一緒に焼き肉食ったり、寿司食べたりしながら色々と話しを聞いたものだ。
ご馳走出来なかったOBには申し訳ない(笑)

不条理であっても一度も高校が悪いと思った事はなかった。
それが社会。
不条理と思っていても何も変わらない。そんなことよりも、どうするかは選手のほうだ。むしろ楽しんだ。この子がどう乗り切るのか。

それでも、毎年、夢を描いてOB達の背中を追いかけ続ける選手達が、そんなOB達と同じ苦労はさせたくない一心の毎日だった。

グランデにいる間に身につけて欲しい事。
もっとふてぶてしくなれ、ずる賢くなれ、テクニックを付けろ・・・。
色々と考え続けたが、まわり廻ってたどり着いたのは人間力。

結局は部員3人からスタートした設立から掲げた「人間性が大切」から変わらなかった。

何処へ行ってもやり通す力。
誰からも好かれる人柄。
そして不条理への免疫力&工夫。

だからこそ、ジュニアユース時代、様々な難題も出してきた。
サッカーノートや作文も工夫した。
自主練の日を作った。
他スポーツ競技大会のスタッフもやったりもした。
ジュニアにコーチする日も作った。
俺では足りない所は専門分野の友人に講師で来ていただいた。
DEN合宿もやった。
悪さしたときは徹底的に正面から向き合った。俺は愚直に逃げなかった。
ヒロにとって必要と思う事をやってきた。

ここにはお互いの信頼で成立している。

残念ながらこれは第三者にはわからないこと。

ヒロがグランデラストの教え子になるのか。
それとも教え子と呼べる選手は今後も出現するのか。

魂で繋がっている感覚もまた、第三者にはわからないことなんだろうな。

魂に響く少年と出会える日まで俺は自分を磨き続ける。
お前もグランデOB達と同様に魂を磨き続けろよ!

またな!

S__21733392
S__21733393
ヒロ、運びたい方向が何処なのか、そして左足で少し大きく踏み込んでから一発で滑らかに出来るまで、常に感覚で出来るまで、反復練習しろ!