雨天練習中止

今日は雨天練習中止にしました。
正直迷いました。

迷った理由はふたつありました。

ひとつは、なんとなく雨の中の練習が中止でホッとした選手もいるのかなと思ってしまった事です。

もうひとつは、大雄を少し休ませてあげたいと思ったからです。
もっとも本人は、休みだからってグタグタしているわけもなく高い意識で次なる戦いに向けて今も取り組んでいる事であろうと思います。(笑)

私も同じです。(笑)

少し、高円宮杯の事を記します。

言うまでも無く、負けた敗因の全ては私です。
こうなることがわかっていながらも、高円宮杯までに子供達をひとつの塊にまとめあげることが出来なかった私の能力不足です。

保護者の皆様が、千羽鶴や手作りの応援バナーを一生懸命心を込めて作っていただいたのに、その製作時間よりも短い、70分で終わってしまったことに心が痛みます。
ちなみに17年に及ぶクラブ歴史初の初戦負けでした。
無得点もクラブ史初となりました。

私は、
チームという塊に魂を宿らせようとしてきました。
堂々とコラソングランデを歌えるレベルまでにこころを育めませんでした。

大事なものは足元にあると伝えてきましたが、大事なものが仲間であることを気づかせる事ができませんでした。

北風と太陽のようにゆっくりコートを脱がさせられませんでした。
まだまだ私の熱が足りないようです。

そして、高円宮杯では日常の積み重ねが、案ずる通り、見事に70分に現れました。

決定的場面はお互いノーゴールでした。
前半終了間際と後半ロスタイムの二つの相手ゴールは勝利の女神様が相手チームこそが次のステージに進むに相応しいとプレゼントしたゴールに私には映りました。

その相手チームのヴォルケーノさんは素晴らしいチームでした。
なによりもフェアープレーでした。全員が攻守にハードワークで、チームがひとつにまとまっていました。
悔しいですが、ヴォルケーノさんの方が次のステージに相応しいチームであったと思っています。

それでも、うちの選手達も、毎年ですが、ひとり、ひとりはみんなよい子達ばかりです。
親も良い方ばかりです。
私の指導力不足なだけでした。

だから、負けたからといって、子供達に冷たく当たる気なんてゼロです。
でも、特別優しくしてあげる気もありません。
何故ならば、まだこの子達との関係が続いていくし、まだ何も終わっていないからです。

余談ですが、私が一番嫌いなのが、勝つとニコニコして、この子達は私の誇りだなんて自慢して、
負けた途端に、おまえ等最低だ!なんて逆ギレする大人は大嫌いです。

子供達に、やる気あるのか!とか、みっともないとか、怒鳴るほど恥ずかしいことです。試合前に言って欲しいです。練習中に言うべきです。
勝った負けたは時の運、相手が強ければ負ける、相手が弱ければ勝つ。

それよりも、内容こそが日常の証であり、仲間や指導者そしてご家庭での親と子の積み重ねでしかありません。

感動するサッカーは感謝から生まれます。

汗と涙の量は比例します。
今日の大雨よりも、達成感の伴う大粒の涙が流せるようになって欲しいです。

2332
31
こんな時こそ、みんなでキャプテンを支えて欲しかった。
副キャプテンがようやくキャプテンを支えるところまでこれたのが唯一の救い。
他の子供達も後に続いて欲しい。

日常に感じる感情の質が人間性

保護者様方から千羽鶴とお手製の応援バナーを頂きました。

本当にありがたいことです。

毎年、この日が直ぐにやってきます。

それでも毎日の積み重ねの延長上にしかない日常です。

日常に感じる感謝の積み重ねが人間性となって磨かれていきます。

70分のゲームの中で、その日常の積み重ねが表れます。

謙虚に感謝の気持ちを忘れずに、そして正々堂々と逞しく戦って欲しいです。

感動するサッカーは感謝する心からです。

21IMG_8602

その塊に魂は宿っているか!

挨拶をする。

握手をする。

靴を並べる。

バックを並べる。

試合後、相手チームの監督さんに挨拶に行く。

パフォーマンスになっていないか、
人目を引くだけの恥ずかしい行為になっていないか。

整理整頓された塊は本物か。そこに魂があるか。

そこからオーラという雰囲気が感じられるか。

ただ綺麗に並べられただけの塊に魅力はない。
靴屋さんの売り場のように陳列したところで偽物の塊でしかない。
値札貼った方がよいかもしれない。(^^)!

グチャグチャの塊でも本物は沢山ある。

毎日、子供達の並んだ靴を眺めながら、子供達のこころを感じ取る。

今日はダメだな。今日は少しはイケテルか?(笑)

チームという塊に魂を宿らせるのが俺の生きがい。

20

グランデフットサル大会

先週、台風の影響もあり、急遽、ジュニアユースの選手達とスタッフと保護者の皆さんとで身内のフットサル大会を企画しました。
今回が第1回ということで今後継続していけたらと考えています。

私自身は3月からプレーもしていなくて、夏の疲れも溜まりまくっていて、前日は2時過ぎまで書類整理に追われ、睡眠不足もあり、とにかく怪我だけしないように6,7割程度動いて軽く汗を出すことを頭に入れて、子供達や保護者の皆さんと楽しむことだけを考えて挑みました。
よってインステップのおもいっきりの振り抜き時のあたり損ねが怖いのと、ライン際と球際は軽く流しました。
※いつも選手に言っている事と真逆でゴメンな(笑)

やはり、ベンチに座っているよりも、幾つになってもプレーするのは楽しいですね。
日頃はベンチに座って黙っていますが、プレーすると円陣を組んだり声を出したりとガッツポーズやハイタッチしたりと選手達も私の別の一面も見られたのではないかと思います。(笑)

動ける3年生3人助っ人で入れはしましたが6試合フル出場は54歳にもなると午後になって冷えると筋肉も硬直してくるし流石にハードでした。

それでも今回もミスも多かったですが、GKとの駆け引きであったりほぼ思ったイメージでゴールにボールを流し込むことができてストレス発散ができました。

6試合で21得点での得点王は上出来ですね。(笑)
選手達のお気遣いということで感謝しておきます。(笑)

朝9時から午後5時までずっと笑顔でいられたことがなにより嬉しかったです。
毎日子供達ともこんな毎日で接していられるのが理想なんだろうと思います。
※まあー現実はそうはいかないだろうー(笑)

台風のおかけで、先週の三連休は新潟遠征、静岡遠征、県外強豪チームとのトレーニングマッチ、県内チームとのトレーニングマッチ等全てが中止になつてしまいました。
台風で被害に遭われた方々には不謹慎かもしれませんが、
それでも台風のおかけで、やはり素晴らしい一日を過ごすことができました。

サッカー(フットサル)を楽しむ権利は平等ですよ。(笑)
今日も、明日も、明後日も、そのずっと先も!
子供達には俺の歳になっても!
誰もが、サッカー(フットサル)を楽しんで欲しいよな!

5
9
8
10
12

大事なものは足元にある

学祭の終了した3年生達が掃除に来てくれた。

ここ数日、貯まった掃除を空いた時間を使って日々汗を流していました。
どうにか館内のワックス掛け等は終了したけど、外の掃除がこれからだったし、一人だと数週間かかるのが1日で終わるから本当に助かった。

毎年思うことだけど、この時期になってくると3年生達も少しづつ大人になってくる。

DENに掃除に来る意味も言葉では上手く表せないだろうけど、今の自分には必要な事なんだと感覚で感じられるようになってきているんだと思う。

それが彼らの掃除をしている後ろ姿からも感じられるようになってきた。

以前、某高校のサッカー部コーチが、「靴揃えたり、挨拶しっかりしたところで、サッカー下手だったら意味ねぇーだろう」なんて言っていたと、OB保護者様からご報告を受けた事があるけど、
とても意味があることだし、そこを大切にする意味がわからないレベルをコーチとして採用するんだと呆れたことを思い出した。

なぜならばどんなに強豪高校であっても、部活動は学校教育の一環の中で成り立っている。
その部活動の指導者がそのことを理解できていない。
そしてそのレベルを教育者である学校側が採用して未成年の指導を任せている。

Aチームだろうと、試合に勝ったところで、靴揃えたり、挨拶ができなかったら、将来この子達は大丈夫だろうかと一般常識ある方はみんな理解しているのに。

11

話しは戻るけど、カレー食べてその後、一緒に子供達と見た「プロフェッショナルの流儀」の中でスミザーさんが言っていた言葉「大事なものは足元にある」ということ。

今、咲かせて、来年枯れたら、枯れた花を捨てて、また新しい花を買ってくる繰り返しの庭ではなくて、数年後に綺麗な庭になるための庭を造ることが楽しいということも語っていた。
ナチュラルガーデンの奥深さを語ってくれていた。
うちのクラブも同じ考えでいる。

だから、まずは、自分の足元を見渡してみること。
自分の足元の大事な物を踏みつけていませんか?

本当に身近に大切な価値あるモノ、そして君達を温かく見つめ続けている人がいるということに気づくことが出来ることが幸せの第一歩だと思いますよ。

それにしても・・・サッカークラブなのにサッカーじゃない録画を監督と一緒に見るチームもそんなにないだろうなー(笑)

雨が降ってきてしまったので・・・掃除の続き・・またお願いします。(笑)

27

26