日常

先日の日曜日のお客様で夏がようやく終わった。

本当にありがたい。
毎年数ある施設の中からDENを選んでいただいていることに感謝をしなくてはいけない。

来年もまた来ていただけるようにベストを尽くしたが、きっと行き届かなかった点だけらけだったと思う。

お客様が来ていただけているから、私は大好きなサッカーに淀みなく挑戦できる。

こんな普通のオヤジがその権利をいただけている事の根底を忘れてはならない。

そんなわけで月曜日から夏の感謝を思い出しながら、掃除モードに突入している。

それでも一日掃除しているわけではなくて来客や電話、、、時間刻みでこれでも多忙なんです。(笑)

週末までに外の掃除が終わらない気がしている。(笑)

結局は汗を流すのが好きらしいことに気づく。

そんなこんなをしているうちに週末がやってくるんだろうな。

感謝しかない。

91
今日は来客の合間をぬってのワックス掛けでした。
台風情報も気になりました。
明日は2階です。(^^)!

92
掃除してたら・本整理して・・読み出したら・・途中からの休憩時間が長くなってしまった。(笑)
もう40年か・4年に一度買い続けていました。(笑)
それでも40年間優勝国はサッカー大国独占の一握りなんだな。

93
昨日は下駄箱の掃除でした。
ここでも寄り道が長くなってしまいました.(^^)!
1983年学生時代バイト代貯めて買ったレッドウイングのアイリッシュセッターブーツ 。
35年前なのにまだ履いています。(^^)!
一年ぶりにオイル塗りました。手入れするのも楽しい時間です。

今日から9月らしい

今年の夏も全力で毎日過ごしていたらいつのまにか9月になりました。(笑)
今年は毎年ずーっと手伝ってくれていた料理のオバチャンが東京へ帰ってしまったこともあって、日中炎天下で汗流して帰ってきて、厨房でもビッショリ汗流していました。
メニューがいつもと微妙に違ったことに気づいた方は理由がわかったと思います。(笑)
それ以外にもセレクションで大阪行ったりで多忙を楽しみました。

流石にハードだつたけど、厨房でサラダ作ったり、皿洗いしたりしていると、色々見えてきて、なにもこの時期にやらなくても良いのに床タワシで掃除したり、換気扇ダクト油まみれになって掃除したり。一日に何度シャワー浴びたことか。(笑)

それでも原点に戻れるというか、とても楽しかった。
働くって本当にしあわせです。

おかけで8月のブログは1回しか書けませんでした。ブログ始めて13年間で初です。

また、今年の夏も沢山の新しい出逢いがありました。
それはそれでとても刺激的だし楽しい。
これから深いお付き合いしいく方はどのくらいいるのだろうか。
数人は相通じた人いたのでこれからのお付き合いが楽しみでいる。

でも一番は毎年の同志との再会がなによりも俺の一番のモチベーションであることは間違いない。
DENの厨房で新鮮な料理出してあげたいとか、美味しいと言ってもらえる料理作りたいとか、皿洗いやるモチベーションも彼らとの再会なくしてはあり得ないと思う。
一年に一回会うだけで、お互いの生き方が確認できる。
一緒に呑むビールは格別である。

フットボールクラブで監督を続けているのも同様。
毎日顔を合わせる子ども達の真剣な姿からやはり同志であると感じるからだ。
だからこの子達が少しでも良い方向に導けるように全力で支援したいと思う。
うちのクラブに、田畑に預けて本当に良かったと言ってもらえるように全力でこの子達と向き合つていきたい。

昨日もワイドショー少し見たけど、毎日のようにスポーツ界の指導者と選手とのパワハラだとか録音テープだとか動画だとか本当にありえない時代になったものだ。

親が子供を殴ることさえも愛ではなくて、本当に虐待している親もいる時代らしい。

何が真実なのか、わからない。
カワイイ女の子が実は男であったなんて時代だからね。

だからこそ、そんなに深い付き合いでない方々のご意見に惑わされず、SNSに踊らされず、匿名のYahoo!アドレスメールはスルーして、毎年DENで再会する同志と毎日グランドで真剣に汗を流す子ども達を信じて、自分で真実を見極めて行動していくことが、ブレなく人生を楽しんで行く道だと思っています。

どうにか、フットボールと日常を綴るブログもですが、自分の人生観をストレートに書く月1回コラムは再開したいと思います。

今日も、厨房で汗を流してからグランド行きます。(笑)

若者から同世代そして先輩の同志のみなさん!
これからもお付き合いの程よろしくお願いいたします。

感謝!
田畑雅宏

81
学生時代一緒にプレーしていた友人であり今は某クラブ代表
35年間一緒にいて初ツーショツトと知る。(笑)
38300997_2202269853140315_4053312752091922432_n
久保田さんチームとは近くの川で試合の合間にクールダウン兼ねて遊びました。
87
大阪の変な監督(笑)と思っていたら毎年付き合ううちに仲良くなりました。(笑)
お土産ありがとうございました。
88
今年も数名OB保護者様から。本当にありがたい。いつも仕事後の一杯で頂いています。
やはりそのOBを思い出すし今どうしているか気になるものです。感謝。
89
こちらも大阪から。コラボTシャツを作成してくれました。
90
毎年来て頂いています某剣道部の外部講師であり女性剣士最高位7段のOさんからのお土産、他にも毎年手縫いの小物入れとか頂きます。エネルギーも頂いております。(^^)!86
横浜、千葉、そして大阪と今年はセレクションでした。写真はJ^GREEN堺での夕焼けです。
緊張しながらも真剣にピッチでプレーしている選手全員に対して、日頃はきっと今の何倍も良いプレーしているんだろうなと思いながら、私も真剣に少しでも良い所を探し続けました。
※誰も早朝は厨房で料理作っていたなんて思っていないだろうなと思いながらピッチにおりました。(笑)

写真載せきれませんでしたが皆さんありがとうございました。

第5回U12八ヶ岳フェステイバル

85

今年も小学生高学年チームを対象とした八ヶ岳フェステイバルを無事開催することができました。
今年で5回目となりました。

と、言っても実は13年続いています。
この大会は今から13年前にヤスカップとしてスタートしました。
ヤスカップとは三浦泰年さんがトッカーノを立ち上げた年の初合宿が八ヶ岳で、なんなら数チーム声かけて沢山ゲームをやろうよということから毎年続き現在は八ヶ岳フェスティバルと名称を変えて開催をし続けています。

中日に少し天候も悪くなりましたが、昨年の豪雨を考えれば、今年の3日間はとてもゲームがやりやすい最高のフェスティバル日和となりました。

地元山梨はもちろんのこと、東京、埼玉、千葉、神奈川、長野、新潟そして京都や大阪からも毎年参加していただき、夜は懇親会で遅くまで情報交換もできてとても有意義な3日間でした。

ジュニア指導者の皆さんからも色々と質問されました。
今年はスペインの質問が多かったです。(笑)

そんな中でも一番言いたかった事は、サッカーを上手くすることよりもサッカーを大好きにさせることがジュニア世代では一番大切であると伝えました。
哲学的に突っ込めば、サッカーを上手くするとは何なのか?
誰がどう上手いと評価するのか?
トレセンに入ればサッカーが上手くなったと言えるのか?
親が見て、うちの息子は上手くなったと感じてくれればOKなのか?
親が見て、上手い選手がプロになるわけではない。
親の満足ではない.子供本人がサッカーを楽しんでいるか。

子供本人が上手くなりたい。何故ならばサッカーが好きだから。
それがサッカーの本質であると伝えました。

日頃はジュニアユースの指導者の皆様との交流が多いだけに、ジュニアの指導者の方々のサッカーに向き合う情熱や皆様の縁の下のご苦労を改めて感じた時間にもなりました。

大切なジュニアの指導者のみなさんが育ててくれた子供達を次なるステージでお預かりする立場として、私もクラブスタッフ達も、もっともっと子ども達が楽しくボールを蹴れる環境にするためにも、学んでいかなければいけないと改めて感じました。

改めて、この場を借りて、参加頂いたチームの皆様、今年は参加出来なかったチームの皆様、毎日、大会本部で世話をしてくれた我がクラブのジュニア保護者の皆様、各関係者の皆様、心から御礼申し上げます。

いつのまにか、八ヶ岳は涼しくなりましたが、心は猛暑でこれからも突き進みます。

感謝!

2018年8月17日
クラブ代表 田畑雅宏

 

エコノメゾット・トレーニング

来春からうちのクラブに導入されるエコノメゾットトレーニングをうちの選手達、そしてスタッフ達が学びました。
エコノメゾットは昨日Yahoo!ニュースでも記事になっていました

私が4年前に取得したフットサルB級コーチの前フットサル日本代表監督ミゲル・ロドリコさんやマエさんアリさんのトレーニングを思い出しました。

それは認知・決断・実行です。

トレーニングには常にボールと味方と敵があり、攻撃と守備の両方がある。
プラスフィジカルとメンタルを欲求されていた記憶がある。

それらのトレーニングをミゲルさんからインテグラルトレーニングと教わった。

今回、スペイン人のウリコーチのトレーニングは、戦術的要素も加わり、ポジショニングの判断と決断を子ども達に意識させていたのが印象的であった。
今日は1回目であったのでポゼッションだけであったが、今後これらのトレーニングにゴールを意識しさせ、いつ、どのタイミングで仕掛けるのか、ボールを失わないのは何の為なのか・・・等が選手達が理解してくることを想像するととても楽しみであったことだけは確かであった。

ウリコーチの声も大きく、高橋さんと石川さんとの両通訳とのコンビネーションもバッグンで、選手達はとても集中していて質の高い素晴らしいトレーニングでした。

夜も色々と意見交換もできてとても有意義な3日間となりました。
高橋さんや石川さんみたいにスペイン語喋れたらカッコイイなーと思いました。(笑)

また次回もよろしくお願いいたします。

Nos vemos
63
37867897_1844543772308855_8725366893801635840_n
ウリさんは俺の息子と同じ歳でした。高橋さんも石川さんも同じかな(笑)

小僧達よ大志を抱け

少年よ大志を抱けの2チームと3連休はひたすらゲームでした。
日本中が炎天下で熱中症の警報が出ている中、やつていました。

「なんだ、そんな中、ゲームしていることは自慢じゃなくてダメでしょ!」って感じた方もいるかと思います。

現場にいた私達指導者は勿論、沢山の保護者様や関係者から見ていても全く問題ない環境であったことを付け加えておきます。

やらさせれている環境ではおそらく熱中症になる子もいるかと思います。

自分で飲水して、自分でトイレに行く。
昼食も自分達で試合時間を逆算してグループで食べる。休む。
調子悪そうなら、自分で木陰でクールダウンをする。
そして日頃から体調管理をし続けている。

そうであれば、まず、熱中症にはならない。

この八ヶ岳高原であれば。(^^)!

それでも白州は暑かったけど。
指導者達の方が子ども達よりも先に熱中症になると思うよ。

いつも思うことだけど、他のチームとか自分のチームとか関係ないと思う。
上手い子、才能ある子のプレーは相手チームの子でだろうが嬉しくなってくる。
声もかけたくなる。

マナー悪い子にも、もちろん注意する。怒鳴らないけどね。
それでも寂しいのは、「なんだこのオヤジ、ウゼー」みたいな態度で響かない子には本当にがっかりしてしまう。
それでも、本当は良い子なのかもしれないから、ぐっと我慢しかない。
いつか、感じてくれる日がくることを信じて。
あっ!このセゾンとアスミの子たちはひとりもいないよ。
先日の別の試合前でのことだから。(笑)

セゾンの子達はシャイだけど、何度も話しかけたりしていくと、とても素直な子ども達だ。
プレーも素晴らしいし、彼らとは何度でも試合をしたいと思う。
アスミの子たちは前から気心知れているだけに本当にカワイイ子ばかり。(笑)

結局は、グランデの子達もセゾンもアスミも関係なくて、みんなカワイイわけだ。

どの子もサッカー大好きなんだろうな。

サッカーに国境はない。
サッカーにチーム区別はない。

小僧達よ大志を抱け!
みんなまたな!

37185156_2172608346106466_6329186991342616576_n
DSC_1985_1280DSC_1568_1280DSC_2092_128014_1914_17
14_23