うちの選手達

 

06_5_16_03 06_5_16_01_1

クラブ選手権関東大会山梨予選の決勝リーグの2試合目が終了しました。ゴールデンウィークも合宿して、満身創痍で臨んだヴァンフォーレ甲府戦0-3、そして山梨王者のフォルトゥナ戦、、、1-4で敗退。残り1試合を残して関東切符は消えました。スコアーだけ見たかたは3失点に4失点。どのように映るかわかりませんが、私にはとても感動のベストゲームでした。
今ままでの先輩達が高円宮で戦った時と同じ空気になってきたからです。韮崎高校、帝京第三高校、ヴァンフォーレ甲府ユースで活躍している先輩達がそこにいるようでした。そんな中、この写真のうちの選手はつい5ヶ月前までは先発出場はおろか、フル出場なんて縁のない控え選手でした。今ではチームのレギュラーに定着してきました。 1,2年時も練習は休まず、今でも皆勤です。一歩一歩登ってきました。そして県トレセンの大勢いるヴァンフォーレ甲府、フォルトゥナ相手に対等に渡り合いました。ハーフタイムの顔つきと1年時の写真からの成長、、、、、(ダイエットにも成功しました????半分冗談だよ)。嬉しいです。もちろんグランデ全ての3年生選手が1年時から確実に成長してきています。ヴァンフォーレ甲府、フォルトゥナの背中は見えてきました。彼らもまた成長するでしょう。うちの選手達はここから粘り強くついていき、いずれは追いつくでしょう。 なぜかって? うちの選手だからです。

2年生、1年生もまた。うちの選手です。
彼らの成長も楽しみで楽しみで、、、、、。いずれは感動とともに勝利もついてくる日が、見えてきました。


うちの選手達” への2件のコメント

  1. 良いじゃないですか、「感動のゲーム」って言葉最高です。
    もちろん、子供たちは勝敗も意識しているとは思いますが、きっと最後まで精一杯戦ったのだと、その一言から想像出来ますよ。
    本気モードでぶつかっていく子供たちの表情は年に関係なく、いつ見ても気持ちの良いもので感動(涙すら出ますよ)ですよね。
    その子供たちの気持ちを大切に維持して大きく育ってください。

  2. そう、、、涙がこの頃多くて、、、。どうも年とともに涙腺緩くなったようで、、、子供達の頑張り観ていると嬉しくて、、、困ったものです。
    毎大会泣かして欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です