Den2021Apple

今年もDENの林檎の収穫に行ってきました。
昨年は何年かぶりに娘も一緒でしたが今回は妻と二人に戻りました。
誰に似たのか・・・娘はその後、こんなご時世にも関わらず欧州で学びたい事があるそうで😅行っております。(^^)!

毎年この季節が来ると今年も冬仕度が始まるんだと思います。
そして今年もこうして妻と一緒に林檎の収穫に来られた事に感謝しかありません。

ただDENの林檎の収穫が目的というよりも、太田さんにお会いするのが私も妻も一番の目的にいつしか変わってしまいました。
太田さんの笑顔が今年も見られて、もう何十年も通っていますが、いつも林檎畑は晴天です。
太田さんと沢山話しが出来たことがなによりの幸せです。

画像2

「田畑さん元気やけぇ」
「まぁまぁ今年も会えたねー(笑)」
「仕事の方はどうでーまだ影響あるけぇー」
「オレッチももう歳だしね。コロナもよわったもんでねェー」
「テツでぇーも季節労働だけぇーヒトを確保するのがてぇへんずらね」
「雇う方が気を使うじでぇーだからよわったもんずらねー(笑)」
「きゅうけぇー時間もゼニはらっとるからねー(笑)」
「おんだんかかなんだか分からんがあったかくて困っちもんね」
「寒くならねーと密がのらねーだがしね」
「まぁーおらっちのリンゴはまあまあでーじょぶかと思うだがね」

今年も静かな凜とした引き締まった空気の中で太田さんとの笑い声が響き渡りながらの楽しい時間でした。

この時間が本当に大好きです。
このひととき。生きているって感じです。
人生とは何か。
人と人のふれあいの本質を感じさせていただける大切な時間です。

画像9

太田さんの背中から人生の年輪を感じます。
丹精込めて毎日毎日コツコツと地道に汗を流し続ける。
派手に林檎を売るわけでもなく、宣伝をするわけでもなく、林檎に魂を込めて作り続ける。
林檎を自慢するわけでもなく、休みてーとか笑って言っていながらも、林檎を見つめる目や仕草から仕事にプライド持っているなっていつも感じます。
いつも自然体な太田さん。
ここに来ると。
心がセットバックされます。

私やスタッフたちが子ども達に純粋に向き合うサッカークラブにしていかなくてはと確信させてもらえます。
太田さんの林檎のように全ての子ども達を大切にしていきたいです。
今グランデにいる子ども達や保護者さん達と一緒に泣いたり笑ったりできたらそれで良いのかなって思います。
もちろん、22年前に僕が立ち上げたグランデはそうでしたから。
それがやっぱり一番です(笑)

画像3

リンゴ畑の直ぐ先は一本道です。
ここの景色大好きです。
人生一直線って感じです。(笑)

画像4

ここ3,4年は決まって松本へ立ち寄ります。
そして「時代遅れの洋食屋おきな堂」さんでランチを食べています。

画像8

今回は大人の洋食セットでした。
子どもの頃の大好きな3点セットにイタリアの旗が立っているなんて幸せです(^^)!

画像5

そのまま蔵通りをブラブラ妻と歩くのもいつもの事になりました。
マサムラ本店でシュークリームも買って帰ります。

画像6
画像7

車の中は林檎の香りが充満です。
今年の林檎もメチャクチャ美味しいです。

これからスタッドレス交換、クリスマスツリーの飾り付け、年賀状等の準備となります。
商売は厳しい年が2年も続き、新型コロナウィルスに今年も振り回された一年でした。
それでもこうして今年も太田さんに会えたし、グランデの子ども達にも癒やされているし、母も長い入院生活から完全完治して退院した。時間があったから病院にも通い続けられた。なんといっても次男が素敵なお嫁さんを連れて八ヶ岳へ来てくれた。感動した結婚式も無事に行えた。
振り返れば本当に感謝しかない素敵な一年であったと思います。

太田さんのように自然体で歩いて行きたいと思いました。
真っ赤な林檎に感謝です!

ネバーギブアップフットボール・コラソングランデ!

【お知らせ】
noteさんのブログで書いていますのでよかったらそちらもご覧ください。

親子サッカーの日2021

先月。今年もようやく「親子サッカーの日」を開催することができました。
春から開催を企画してようやくです。

みんなで早朝グランド掃除で汗を流して。
みんなでボールを蹴って汗を流して。
みんなで美味しいお弁当を食べて。

当たり前と思っていた日常が当たり前ではなかった。
こんなにも大切でありがたい事であることを痛感しております。

今までが当たり前の日常ではなかったのかもしれません。

気がつけば沢山の方々のご支援をいただいております。
地元スーパー「ひまわり市場」那波社長さんからは昨年に続きお弁当の差し入れをいただきました。
那波社長は倒産寸前まで追い込まれて苦労に苦労を重ねてどん底から這い上がって全国メディアにも頻繁に取り上げられる大繁盛スーパーに育て上げた叩き上げの社長さんです。
そんな那波さんからは「田畑さん、僕は辛いとき困っているときに親身になって励まして勇気を与えてくれた方々のおかげで今があります。だから僕は復活しようとしている田畑さんとグランデを応援しますよ」
間違いなく早朝から晩まで暇も余裕もないのにいつも笑顔で接してくれます。
そしていつも売り場で従業員の方々と一緒に汗を流して働いている姿しか観たことがありません。
僕も那波さんと同じように人に勇気を与えられる人間に精進して行かなければならないと那波さんと会う度に心に染みこみ続けています。

画像14

地域に愛されているスーパー「ひまわり市場」さん。
本当に美味しいお弁当です。
感謝を込めてみんなで味わいながら食べました。

画像14
画像12
画像6
画像14
画像13
画像15

お父さん、お母さん、スタッフ、ジュニア、ジュニアユースとみんなでサッカーを楽しみました。

画像19

私たちのクラブが管理しているグランドを早朝から保護者様から子ども達スタッフとみんなで掃除をしました。

画像16
画像8
画像9
画像10

この日はジュニアユース監督の誕生日でした。
ジュニアユース選手達からサプライズな手荒い祝福を受けました。(^^)!
幸せだよな〜!

画像11
画像15
画像16
画像17

食事ってみんなで食べると本当に美味しい!
まだまだ食べている以外はマスク着用の感染対策中ですが、それでも
黙食が続いていた子ども達は本当に切なかったです。

画像19
画像19
画像20

親子サッカーの結果発表等も行いました。
田畑賞はネバーギブアップTシャツでした。(^^)!

養生していた芝生グランドもどうにか根が張ってきました。
来春には緑の絨毯で子ども達の笑顔が沢山観ることができると思います。

まだまだ感染対策に気を抜けませんが、全ては子ども達の為に、そしてサッカーを通じて地域に愛され貢献していけるクラブに成長していきたいと強く思っています。

来年の親子サッカーの日にも沢山の笑顔が見られるように今日に感謝してサッカーを楽しんでいきたいと思います。

この場を借りて多くの方々に御礼申し上げます。

画像13

ネバーギブアップフットボール
コラソングランデ
努力は必ず報われる
八ヶ岳から世界へ

八ヶ岳グランデフットボールクラブ  田畑雅宏

【お知らせ】
noteさんのブログで書いていますのでよかったらそちらもご覧ください。

息子へ。心から楽しめる人生を!

先日、息子が結婚式を挙げました。
この日は心から待ち望んだ特別な日でした。

2年前。
言葉ではあらわせない出来事を一緒に経験しました。
息子でありながらも師弟のような関係で一緒に乗り越えてきただけに感無量です。

あの時、黙って自分の生き方を信じた決断をしました。
そして息子もまた自分の人生を信じた決断をしました。

画像2


私はいつの間にか眠れない日がなくなりました。

息子は私から受け継ぎジュニアユースの監督になりました。

息子は素敵なお嫁さんと一緒に八ヶ岳で人生をスタートしました。

彼女もまた変わらずに息子の心を長年支え続けてくれました。

画像2


私は息子が生まれる前からサッカーチームの監督でした。
小学校中学校の9年間、親父と息子の関係というよりも監督と選手の関係でした。

そして中学卒業と同時に県外の強豪高校へ羽ばたいて行きました。
気がつけばあっという間に親元を離れていました。

息子の高校時代も自チームの活動と重なり息子の試合もほとんど観る事が出来ませんでした。動画もひとつもありません。

そのまま東京の大学へ進学し体育会サッカー部で4年間下宿生活を送り、都会で社会人生活を7年間送っていました。

親らしい事は出来なかったのかもしれませんがいつも心で応援していました。

そんな息子が2年前に戻ってきました。

画像4


親らしい事は出来ないと言いましたが、それだけに自分の子ども達に恥じない生き方が唯一の親としてのプライドでした。

真実に正面から向き合い、クラブの子ども達に真剣に接することがプライドでした。
信に過ぎれば損をする不器用な生き方であったとしてもです。

妻と二人で息子をのんびりと応援する生活を一度でいいから味わいたかったと今でも思う時があります。
シンプルに息子を応援するってきっと楽しいのだろうなと。
保護者さんのご家庭が羨ましいなと思った時もありました。

息子とは指導者と指導者の関係として毎日一緒にグラウンドに立っています。

本当に幸せな事だと思っています。

まさか息子とこのような関係になるなんて思ってもいませんでした。

物心ついた時から息子とは監督と選手の関係であり、今は指導者と指導者の関係ですが、こんな親子の関係が私には一番しあわせな事なのだと気づきました。

画像7

幸せは日常の中に転がっている。
もしかしたらサッカーボールの中にも転がっているのかもしれません。
それに気づける人間、大切にできる人間であることが人生の楽しみ方の分かれ道に思えてなりません。
親の役目は子どもが大人になるまでにそれに気づける人間に成長させることなのではないだろうかと思います。

画像7

息子へ。
結婚おめでとう。
妻や子どもを幸せに出来なければクラブの子どもたちは幸せにできません。
妻や子どもを心から一生愛し続けなさい。
笑顔溢れる楽しい幸せな家庭を築いていってください。
君が心から楽しめる人生を送ることを願います。

父より。

画像8

ネバーギブアップフットボール!
コラソングランデ!
八ヶ岳から世界へ!

【お知らせ】
noteさんのブログで書いていますのでよかったらそちらもご覧ください。

コラソン・トラベッソ

生涯の大親友が他界して一年。
昨日は墓前へ行ってゆっくり話しをしてきました。

以下の文面は昨年にトラベッソ秋山実さんへの思いを書いていた未完の文章です。
まとめ直すか、僕の胸の中だけに書き留めておくかずっと迷いに迷い続けておりました。
秋山実さんの冥福と敬意を表して昨年のオリジナルの書きかけのまま公開することにしました。
誰にも共感も押しつけも求めておりません。
本当の秋山さんを知っている限られた方にだけ目を通していただけて、一緒に本日、秋山さんを偲べたら嬉しい思いで公開しました。
多くの方々はなにとぞスルーしてください。

—————————————————————————-
こんなに背筋を伸ばしてキーボードを打つた記憶はありません。
書きながらやはりもう泣いています。
何度も書こうと思ったけど、書こうとするとやはり書けない。
現実を受け止めたくない。
それでも書き記すことはしなくては。
尊敬の念をもって、勇気を振り絞って書いています。

大親友が先日他界しました。
朝4時過ぎでしょうか、大介から携帯への着信音。
嫌な予感が当たってしまいました。
時間が止まりました。空白の時間でした。
泣いている大介の声すらどこか遠くから聞こえていて、大介へ気の利いた言葉すら全く見つからず、かつ悲しさもなくて、なんで涙が出ないのだろうと思う自分がいました。
もう一度布団に入り、夢であってくれと祈り続けたけど、朝8時に佑太から電話が入り現実を受け止めざるえませんでした。

大親友という言葉すら軽い言葉になってしまいます。
同志というか、幕末の志士というか、志士仁人というか、共に命をかけた男同士の真剣勝負の関係であったと思います。

ヤマさんがパンチパーマで私が髪の毛真っ黒の20世紀からの付き合いです。
最初の頃は、無愛想で、怒鳴ってばかりで、うちの選手削っておきながら「そのくらいで倒れるあんたの選手が鍛えられていない」なんて言われたり、試合の途中に、「こんなゲームやっていても選手が成長しない」と言ってハーフタイムでいきなり帰ってしまったこともありました。

クラブカップでグランデがトラベにカウンター1発で0-1で負けた時は「秋山さん!そんなつまらない戦い方してウチに勝って嬉しいですかね、がっかりですよ」なんて言った事もあった。
大喧嘩も何度もした。
あの頃が懐かしい。もうできないのか。

無愛想な変なオヤジ。ヤバいなこのオヤジは。
そうではなくて、お互いがになくてはならない存在に、気づけるようになってきたのは16,7年前頃からだろうか・・・。
この人はいつも本気で子ども達に純粋に向き合っている。人生の全てを子ども達に注いでいるんだと。
表現の仕方がヘタクソで不器用な純粋な人なんだと。
それからかな、怒鳴り声と思っていた無愛想な大声が、心地よく愛情の声に聞こえるようになったのは。
子ども達に、頑張れ、踏ん張れ、負けるな、お前達が大好きだ!って言っているように聞こえるようになったのは。

俺は俺のやり方でグランデの選手を磨きぬいてやろう。
ヤマさんには負けない。グランドに立っている時間も選手を愛する気持ちも負けない。日々全精力を注いだ。
そしていつか見返してやろうと思っていたのだと思う。

私はずっと、ヤマさんの背中を追い続けていたのかもしれない。
この人には一生勝てないと、どこかで思っていたのかもしれない。

俺の張り合いがなくなってしまった。
ライバルがいなくなった俺はこれからどうしていったらよいのだろうか。
画像3
いつも朝から晩までトラベッソとゲームをやっていた。
グランデが10-0で勝とうが負けようが関係無くて、お互いの選手達に私とヤマさんの魂が乗り移っていた。
ゲームの勝ち負けで喜んでいる選手はいなかった。
22人の中で一番輝いている選手がいる方が勝ち。
そんな暗黙な感じであったのは間違いなかった。
画像2
画像1
二人の勝負はどちらが先に世界で活躍する日本代表選手を輩出することでもあった。

いつもこの先の行く高校にも悩んでいた。
本気の監督がいるチームは何処にあるのか。
本気でいればいるほど、本気で預けていない親には理解不能であったとも思います。

僕はヴァンフォーレ甲府に「本気の育成」を求めました。
そして10年の歳月を経てグランデ・アメージングアカデミー山梨を立ち上げ「本気の育成」を追求する決心をしました。
しかし立ち上げて2ヶ月で絶対に出来ない事に気づかされました。

「しがらみの育成」「ビジネスの育成」ばかりで、「本気の育成」をしているのは間違いなくトラベッソです。

「本気の育成」のパートナーがいるとしたらそれはヤマさんだけでした。

そして今さらながら「本気の育成」は他者に求めるものではないことに気づかされました。

昨年6月にグランデ・アメージングアカデミー山梨の代表を降りる事をヤマさんの自宅へ行き報告しました。
僕の報告を聞きながら、一言ゆっくりとした優しい言葉で「田畑さん辛かっただろうね」と言ってくれました。
顔を見上げると、腕を組みながら黙って両目から涙を流しているヤマさんがいました。

この言葉には、周りへの対応とかそうではなくて、「本気の育成」ができない中で子ども達と接している僕の葛藤を自分の事のように感じてくれているヤマさんがいました。
そこを理解していたのはヤマさんと僕の親友数名だけです。
画像6
画像7
画像8
画像9
画像10
画像13
画像14
画像15
画像16
画像19
画像20
画像21
画像16
画像17
7月に無理して白州グランドへ来てくれた時の一枚。大介と二人でベンチ。
その後8月に本当に無理して奥様とDENに来てくれた。
画像18
2月倒れる2週間前のトレーニングに雅哉のおかげで観に行った時の一枚。
悠も来てたな。体調悪そうだったけど、この時はまさかそうなるとは思っていなかった。

ヤマさん!
闘病中も二人で毎日話しをしたよね。
もう少し話しを続けたかったよ。
1週間電話が無くて大介に大丈夫か聞いた。それから数日後だった。
グランドにいるとヤマさんがいつもみたいに歩いてくる気がしています。
「田畑さん。グランデの選手はどうですか?うちはまだまだダメだ。思いはなかなか伝わらないけどやるしかないですね」
「高円宮杯優勝するよりもグランデだけには負けたくないよ」

ネバーギブアップフットボールTシャツをヤマさんに着てもらおうと思って作ったのに1週間仕上がりが間に合わなかったのも残念でならない。

ヤマさんから託された事も必ず

あと、

—————————————————————————-

以上、書き上げ途中のままですが誤字脱字も含めこのままにすることにしました。

偶然にも10/16に審判割り当てで河口湖へ一人で行きました。
そうしたらトラベッソの審判でした。
あの日以来、塩沢さんから大介から修さんから野田さんと揃いでお会い出来たのもヤマさんのお導きであったと思います。
トラベの選手達からはオフサイドじゃねぇだろーとか色々言われたましたが何故か嬉しくて笑みがこぼれながら走っておりました。
いつもなら蹴りです(笑)
僕はヤマさんの魂も背負って堂々とグランドに立ち続けます。
今日は静かにこれから献杯です。
ヤマさん!
グランドで待っています!

【お知らせ】
noteさんのブログで書いていますのでよかったらそちらもご覧ください。

センス・オブ・ワンダー

センス・オブ・ワンダーsense of wonder。
驚く感性、神秘さや不思議さに目を見張る感性。

この感性は、やがて大人になるとやってくる倦怠感と幻滅。
わたしたちが自然という力の源泉から遠ざかること。
つまらない人工的なものに夢中になることなどに対するかわらぬ解毒剤になる。

画像1


知ることは感じることの半分も重要ではないことに気づける大人に。

子ども達が出会う事実のひとつひとつがやがて知識や知恵を生み出す種子だとしたら、様々な情緒豊かな感受性は、この種子を育む肥沃な土壌となる。
幼い子ども時代は、この土壌を耕すとき。

感情、思いやり、哀れみ、賛嘆や愛情などのさまざまな形の感情がひとたび呼び覚まされると、次はその対象となるものについてもっとよく知りたいと思うようになる。
そのようにして見つけ出した知識は、しっかりと身につくであろう。

画像2


消化する能力が備わっていない子どもに事実をうのみにさせるよりもむしろ子どもが知りたがる道を切り開いてやることのほうがどんなに大切であろうか。

無意識のうちに喜びの声をあげる。
嵐の日も、穏やかな日も、夜も昼も探検に出かけていきます。
それはなにかを教えるためではなく、いっしょに楽しむためなのです。

画像5

寝る時間が遅くなるからとか、服が濡れて着替えをしなければならないとか、絨毯を泥んこにするからといった理由で、ふつうの親たちが子どもから取り上げてしまう楽しみを、わたしたち家族はみなゆるしていました。
ともに分かち合っていました。

画像3

幼い心に焼き付けられていく素晴らしい光景の記憶は、彼が失った睡眠時間をおぎなってあまりあるはるかに大切な影響を、彼の人間性に与えているのだと私たちは感じているからです。

子ども達の世界は、いつも生き生きとして新鮮で美しく、驚きと感激に満ちあふれているのです。

画像5

残念な事に、わたしたちの多くは大人になるまえに澄みきった洞察力や、美しいもの、畏敬すべきものへの直感力を鈍らせ、あるときは失ってしまいます。
———————————————————————-
センス・オブ・ワンダー(新潮文庫)/ レイチェル・カーソン(著)/一部抜粋引用

画像8

センス・オブ・ワンダーは八ヶ岳そのものです。
映像ではなく、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚で人間は感じるのです。
その感性を磨くには八ヶ岳は最高です。
映像に偏って判断してしまう時代なのかもしれません。
それでも映像に映らない真実を感じられる力こそ人間力だと思います。
サッカーも同様だと思っています。
子ども達には五感でサッカーを楽しんで欲しいと願っています。

センス・オブ・ワンダーを読んでいると八ヶ岳の風景が次から次へと浮かんできます。
ここに載せた写真は八ヶ岳の日常を私が撮ったものです。
土偶は子ども達と一緒に作った時の写真です。

山を歩いているとアカゲラ、ノビタキの声が響き渡ります。
エゾハルゼミの大合唱の森もまた壮観です。
そして落ち葉と土を踏みしめる音が実に心地よいものです。
沢の水の流れる音と匂いとなんとなく皮膚に感じるヒンヤリ感は心の中まで癒やしてくれます。
人間よりも雉やリス、鹿やキツネとの出会いも楽しみのひとつです。

八ヶ岳から眺める早朝の富士山はいつも心を凛とさせます。

画像6


誰もがセンス・オブ・ワンダーを持っているんだと思います。

その事を忘れずに、
素晴らしい光景の数々を心に蓄積しながら、
子ども達と一緒にサッカーを楽しみながら、
子ども達の成長に関われたら素敵だなと思います。

画像9

この本と出会わさせてくれた今井さんに感謝しかありません。​

【お知らせ】
noteさんのブログで書いていますのでよかったらそちらもご覧ください。